1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 中古住宅のリノベーション
  4. 成功のポイント
  5. 間取り変更リフォームを成功させるポイント!一戸建てもマンションも

間取り変更リフォームを成功させるポイント!一戸建てもマンションも

  • 最終更新日:2016-06-21

間取り変更リフォームを成功させるポイント!一戸建てもマンションも

間取り変更リフォームとは、壁を取り払ったり移動させることで、複数の部屋を大きな1つの部屋にしたり、逆に一つの部屋を「間仕切り(まじきり)」などで分けて複数の部屋に分けるリフォームのことです。

主に家族形態やライフスタイルの変化、住宅の老朽化をきっかけに行われ、使い勝手を大きく向上させることができます。
今回は、間取り変更リフォームの種類やリフォームを成功させるポイント、費用の相場についてご紹介します。

間取り変更リフォームの目的と種類

住人が間取り変更リフォームを希望するきっかけはさまざまで、それに合わせてリフォームの種類も複数あります。代表的なものをお伝えします。

間取り変更リフォームの目的

住宅の間取りはリフォームをしない限り、建築当時のままです。しかし、住人の人数や年齢、関係性などは、年月とともに変化します。例えば、結婚や出産を機に人数が増えたり、子どもが成長・独立したときに、リフォームや増改築によって部屋数の増減を考える人は多いと思います。
ほかにも、生活をしていると「日当たりが良くないので、採光の良い部屋にしたい」「物が増えたので収納スペースを増やしたい」といったニーズが出てきます。そんな住人の思いをかなえるのが、間取り変更リフォームです。

間取り変更リフォームの種類

複数の部屋を一つにする

複数の部屋の間仕切りを取り払って、1つの大きな部屋をつくるリフォームです。例えば、リビング・ダイニングの間仕切りを撤去して、ホームパーティや趣味の集まりでお客さんを招待できるような広々とした空間をつくりたい場合などに行われます。構造的な問題がクリアされるなら、経年とともに暗くなりがちな和室も交えてリフォームすると、明るく開放的な部屋として生まれ変わります。

間仕切りをして部屋を分ける

「2人の子どもが成長してきたので子ども部屋を2つに分けたい」「夫婦どちらかが風邪を引いたので別々に寝たい」というときは、新たに間仕切りを設けて部屋を分けることができます。間仕切りをパーテーションのようにしたり引き戸タイプにすれば、部屋を分けたまま固定することなく、元の一部屋として使うことができます。

水まわりの配置を変える

老朽化した住宅を長く使うためには、水まわりのリフォームは避けられません。なかでもキッチンについては、新しいタイプの製品が次々出てくることもあり、丸ごとの取り替えや、壁付け式から対面式への変更などを希望する人が多くいます。この場合、配管の移動や新設を行う必要があると費用がかさみますので、どうすれば費用を抑えながら思い通りのリフォームを実現できるのか、リフォーム会社に相談すると良いでしょう。

一戸建てのための間取り変更リフォーム

戸建住宅の間取り変更リフォームについて説明します。建物の構造や工法によってリフォームの難易度が変わります。

戸建住宅4つの工法

戸建住宅の建て方には、主に4つの工法があります。

木造軸組工法

木の柱と梁(はり)で骨組みをつくり、「筋交い」という斜めの材料や金物で補強しながら家を建てる工法です。日本で昔から行われている伝統的な工法なので、ほとんどのリフォーム会社が対応でき、間取り変更リフォームをしやすいタイプです。

ツーバイフォー(2×4)工法

19世紀に北米で考え出された工法で、家を建てる材料のうち2インチ×4インチの部材が最も多く基本構造に使われていることから、「ツーバイフォー」と呼ばれています。
ツーバイフォーは、柱や梁ではなく、壁で家を支える工法で、耐震性の高さが特徴です。ただし、間取り変更リフォームを行う際は壁の撤去が難しいため、ツーバイフォーのことをよく理解しているリフォーム会社を選定するのがポイントです。

鉄筋コンクリート(RC)工法

現場で鉄筋を網目状に組んだ後、型枠をはめ、そこにコンクリートを流し込むことで柱・梁・壁などをつくる工法です。鉄筋とコンクリートを組み合わせることで、高い強度・防火性・耐久性を実現しています。柱と梁が家を支える「ラーメン構造」と、壁と床が支える「壁式構造」があります。このうちラーメン構造のほうが間仕切りを取り外すことができるため、間取り変更リフォームが容易です。

鉄骨工法

鉄骨の柱や梁でつくる工法です。強度・耐震性・耐久性に優れています。重量鉄骨造と軽量鉄骨造(プレハブ工法)があり、特に強度のある重量鉄骨は間取り変更リフォームの自由度が高い点がポイントです。
一方、軽量鉄骨造は、主要な部材をあらかじめ工場で生産し、現場で組み立てる住宅メーカー独自の工法です。木造と鉄筋コンクリートの中間的な位置づけで、強度が高く、品質も優れています。ただし、建物を支える耐力壁の移動がしにくく、間取り変更リフォームの難易度は高めです。

スケルトンリフォーム

いろいろな箇所にこまごまと手を入れるより、天井や壁、床、キッチン・トイレなどの水まわりを一旦すべて取り払い、骨組み(スケルトン)だけにしてから間取りや内装を全面的に改修するのが「スケルトンリフォーム」です。
ほぼすべてを一からつくり直す分、費用もかかりますが、それでも注文住宅を新築する場合に比べれば、安く済みます。また、一緒に耐震補強工事を行えば、リフォーム後の安心感も高まります。

マンションでもできる間取り変更リフォーム

マンションでも、条件さえ満たせば一定の間取り変更リフォームをすることは可能です。

マンションで間取り変更リフォームを行う際の注意点

リフォームを行う際は、マンションの管理規約に従う必要があります。どこまでの間取り変更なら可能なのか、管理組合やオーナーに事前に確認しましょう。
例えば、玄関のドアや窓、ベランダなどは、マンションでは共用部分にあたるので個人の都合でリフォームできないところが一般的です。また専有部分であっても、柱や梁、界壁(隣家との仕切り壁)、上下階を分ける床スラブ(コンクリートの床版)など構造体にあたるところは、工事をするとマンション全体に影響を与える可能性が高く、リフォームは難しいでしょう。
しかし、室内であれば、構造に影響のない範囲で間取り変更リフォームは可能です。

マンションの構造別「リフォーム自由度」

マンションの構造には主に、戸建住宅の鉄筋コンクリート工法と同じように、柱と梁で構造を支える「ラーメン構造」と、壁と床で支える「壁式構造」の2種類があります。
ラーメン構造のマンションは間仕切りを移動させることができるため、間取り変更の自由度が高く、スケルトンリフォームを行うことも可能です。一方、壁式構造の場合は、壁を取り外したり移動させると構造上の問題が発生することが多く、間取り変更の自由度には一定の制約があります。

「二重床」「二重天井」のマンション

マンションの中には、床下と天井裏に空間がある「二重床」「二重天井」仕様になっているところがあります。そういうところでは、空間に給排水管や電気配線を新たに通すことができるため、間取り変更リフォームによって水まわりや照明、各種住宅設備の場所を移動させることが可能です。

間取り変更リフォームのポイント

間取り変更リフォームを成功させるためには、いくつかポイントがあります。できるだけコストを抑えつつ、満足度の高いリフォームを実現するにはどうすれば良いのでしょうか?

リフォーム費用を抑えるためには?

費用がかさみやすいリフォームを避けることで、コストを抑えることができます。
例えば、水まわりのリフォームです。システムキッチンやユニットバスの位置を変えると、給配水管や電気配線も動かさなければならず、新たに防水工事も必要です。

また、「車いすで移動しやすいように廊下の幅を広げる」「階段の場所や窓サッシを移動する」といった改修も費用がかさみがちです。コストを抑えたいなら、こうした点を避けながら、間取り変更を実現させる方法をリフォーム会社の担当者に相談しましょう。

間取り変更リフォーム成功のコツ

動線や空気の流れを意識する

間取り変更リフォームを成功させるためには、部屋の広さだけでなく、「生活動線」や「空気の流れ」を意識するようにしましょう。無駄なくスムーズに移動できる間取りになっていれば家事もしやすくなりますし、空気が流れやすいように開口部の位置を工夫すれば、部屋の中に臭いがこもることもなくなります。
最近ではキッチンとダイニングを1つの空間にして、LDKとして利用するリフォームが増えていますが、「子どもの様子をキッチンからでもチェックしやすい」などさまざまなメリットがある半面、「キッチンの臭いが部屋中に広がりやすい」「来客時にキッチンの様子が見えてしまう」という点を懸念する人もいます。

採光や冷暖房の効率も考える

間取り変更リフォームで部屋の形を変える場合は、採光や冷暖房効率にも配慮することが大切です。採光を確保するために窓の大きさや高さを変えたり、熱の出入りを少なくするために新しい壁に断熱材を取り付けると、リフォーム後の生活がより快適なものとなるでしょう。

間取り変更リフォームの費用

間取り変更リフォームにかかる費用について、事例をもとにご紹介します。

戸建住宅の間取り変更リフォーム

戸建住宅の間取り変更リフォームの費用は200万~300万円が中心価格帯です。住宅の状態、リフォームの規模などいろいろな条件によって価格は変わりますので、詳しくは複数のリフォーム会社に見積もりを取ってから判断することをおすすめします。

浴室を2階に移動し、1階にはシャワールームを設置

費用:298万円
工期:1カ月
築年数:30年以上

木造4階建て住宅の2階にある10畳の洋室を半分にして、そこにお風呂を新設。もともと1階にあった浴室にはシャワールームとトイレを設置しました。

中古住宅の内装をリフォーム

費用:285万円
工期:1カ月
築年数:不明

中古住宅を購入後、内装リフォームを行い、1階の和室を解体して広いLDKにしました。また、2階は3部屋あった洋室を2部屋にして、奥行きのあるウォークインクローゼットを設置しました。

ダイニング・和室・縁側をつなげて広々LDKに

費用:880万円
工期:2カ月
築年数:50年以上

高齢の親のことを考え、築50年以上になる家のダイニング・和室・縁側をつなげて、21帖のLDKを実現しました。さらに、家事動線を考えたキッチンと食品庫の配置や、出入り口を引き戸にしてバリアフリー化を図りました。

マンションの間取り変更リフォーム

マンションをスケルトンリフォームする場合の費用と相場は、300万~400万円が中心価格帯です。

壁付きキッチンから対面キッチンへ

費用:345万円
工期:1カ月
築年数:11~15年

壁付きキッチンを対面キッチンに変更するとともに、吊戸棚をなくしたことでLDと一体感のあるキッチンへとリフォームしました。

家族構成に合わせて全面リフォーム

費用:350万円
工期:1カ月
築年数:30年以上

LDKと和室2部屋だった間取りをLDKと洋室1室に間取り変更しました。ほかにもトイレなどの水まわりを含め全面リフォームをしています。

4部屋を広いLDKに

費用:320万円
工期:1カ月
築年数:30年以上

中古マンション購入後の全面リフォームです。LDと、そこにつながるキッチン・洋室・和室を1つの広いLDKに間取り変更するとともに、水まわりの設備も最新タイプに交換しました。

間取り変更リフォームで住まいの快適さと機能性をアップ!

老朽化したり、家族形態の変化によって不都合が生じ始めた住宅は、間取り変更リフォームによって使い勝手がよみがえります。さらに、リフォーム時に最新の設備を取り入れると機能性や快適さが大きく向上するでしょう。
間取り変更リフォームは、間仕切りの設置や取り外しといった簡単なものだけでなく、内装を全面的に改修するスケルトンリフォームも人気です。これらは戸建住宅だけでなく、マンションでも行うことができます。ライフスタイルやライフステージの変化に合わせ、間取り変更リフォームを検討してみてはいかがでしょうか?

間取り変更リフォームをお考えの方は、ぜひホームプロをご利用ください。ホームプロなら複数のリフォーム会社の見積もりを無料・匿名で比較できるので、とても便利です。お申し込みは下記からどうぞ。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ