1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 中古住宅のリノベーション
  4. 成功のポイント
  5. 間取り変更リノベーションにかかる費用やポイントを解説

間取り変更リノベーションにかかる費用やポイントを解説

  • 最終更新日:2021-06-28

間取り変更リノベーションにかかる費用やポイントを解説

ライフステージや家族構成が変化すると、「今の間取りだと暮らしにくい…」と思うことはよくあります。

「思い切って間取りを変えたい!」と思うものの、大規模なリノベーションとなると「壁を取ったり床を張り直したりしたらすごく高いかも…」と、不安な気持ちを抱えてしまいますよね。

そこで今回は、間取り変更リノベーションとはどういうものなのか、種類や工法を解説しながら、具体的な費用と実際のリノベーション事例を紹介していきます。リノベーションのプランを検討する時に、参考にしてみてくださいね。

1.間取り変更でこんなに変わる!おしゃれな間取り変更事例

部屋

間取りを変更すると、部屋の印象は大きく変わります。実際に間取りを大胆に変更したリノベーションの実例を見てみましょう。

施工前

Before:壁が多く、キッチンが隔離されて孤立した状態でした。部屋を多く確保するための間仕切りの多さが、家全体を細かく分割しています。

施工後

After:和室の壁を取り払い、広々としたリビングに。パーテーションを開け放つと奥まで大空間が広がります。

リノベーション後の部屋の様子を写真で見てみましょう。キッチンはオープンになり、調理をしていてもダイニングやリビングにいる家族とコミュニケーションがとれます。

施工後

間取り図の左下は、和室から広い開放空間に。奥の扉はウォークインクローゼットになっているので、収納スペースも十分に確保できました。

施工後

事例の詳細:オープンキッチンで開放的なLDKを実現!

このように間取り変更リノベーションは、広さは同じでも空間の使い方を思い切って変えることで、暮らしやすさもかなえるリノベーションです。

2.間取り変更リノベーションの目的と種類を知ろう

部屋

間取り変更リノベーションは、目的と種類によって、リノベーションの方向性が変わります。

家族の人数が増えることを想定した間取りにしたいのか、それとも空間を大きく使ってゆとりのある暮らしをしたいのか、目的が違えば希望の間取りも変わりますよね。 そこで、まずは目的と種類によってどんな違いが出るのか見ていきましょう。

2-1.間取り変更リノベーションの目的

子どもの出産や進学、独立、あるいは勤め先のテレワーク化など、ライフステージやライフスタイルの変化によって、既存の間取りでは生活しにくく、工夫だけでは解消できない不便を感じることがあるかと思います。

こんな時、よりよい暮らしを取り入れるために行うのが間取り変更リノベーションです。マンションの場合、水まわりの位置変更などは構造上難しいケースもありますが、一戸建てでは多くの場合、まったく別の家のような大胆な間取り変更が可能です。

2-2.間取り変更リノベーションの種類

間取り変更リノベーションには、いくつかの種類があります。

複数の部屋を1つにする

複数の部屋の間仕切りを取り払って、1つの大きな部屋をつくるリノベーションです。たとえば、リビング・ダイニングの間仕切りを撤去して、ホームパーティや趣味の集まりでお客さまを招待できるような広々とした空間をつくりたい場合などに有効です。構造的な問題をクリアできるなら、経年とともに暗くなりがちな和室も交えてリノベーションすると、明るく開放的な部屋として生まれ変わります

間仕切りをして部屋を分ける

「2人の子どもが成長してきたので子ども部屋を2つに分けたい」「夫婦どちらかが風邪を引いたときは別々に寝たい」などの希望があるときは、新たに間仕切りを設けることで部屋を分割することができます。間仕切りをパーテーションにしたり、引き戸タイプにしたりすれば、シーンにあわせて元の一部屋としても使えます

水まわりの配置を変える

老朽化した住宅を長く使うためには、水まわりのリノベーションは避けられません。なかでもキッチンについては、新しいタイプの製品が次々出てくることもあり、丸ごとの取り替えや、壁付け式から対面式への変更などを希望する方が多くいます。水まわりの配置を変えることで配管の移動や新設を行う必要があると費用がかさみますので、どうすれば費用を抑えながら思い通りのリノベーションを実現できるのか、リフォーム会社に相談すると良いでしょう。

3.間取り変更リノベーション成功のコツ

部屋

間取り変更リノベーションは、部屋の形が大きく変わります。大掛かりな工事になるため、「間取りを変えてみたいけど、失敗したらどうしよう」と不安になる方もいますよね。

そこで、リノベーションを成功させる3つのコツを紹介します。このコツをしっかりと意識してリノベーションプランを立てれば、「このリノベーション、失敗だったかも…」と後悔する心配はありません

3-1.動線や空気の流れを意識する

間取り変更リノベーションを成功させるためには、部屋の広さだけでなく、「生活動線」や「空気の流れ」を意識するようにしましょう。

無駄なくスムーズに移動できる間取りになっていれば家事もしやすくなりますし、空気が流れやすいように開口部の位置を工夫することで、換気がしやすくなり部屋ににおいがこもりません。

最近ではキッチンとダイニングを1つの空間にして、LDKとして利用するリノベーションが増えていますが、「子どもの様子をキッチンからでもチェックしやすい」などさまざまなメリットがある反面、「キッチンのにおいが部屋中に広がりやすい」「来客時にキッチンの様子が見えてしまう」といった点を懸念する方もいます。そのような懸念がある方は、排気口の配置や換気扇の位置など、空気がスムーズに流れるよう対策を講じるのがおすすめです。

また、今後子どもが増えることや成長に合わせて間取りを変えやすいように、パーテーションなどの導入を視野に入れて、オープンスペースを広く取ると、ライフステージの変化にフレキシブルに対応しやすくなりますよ。コンセントはパーテーションの配置が変わる事を前提に、使いやすい位置に配置すると便利です。

3-2.採光や冷暖房の効率も考える

間取り変更リノベーションで部屋の形を変える場合は、採光や冷暖房効率にも配慮することが大切です。

採光を確保するために窓の大きさや高さを変えたり、熱の出入りを少なくするために新しい壁に断熱材を取り付けたりすると、リノベーション後の生活がより快適なものとなるでしょう。

3-3.外構のデザインも含めてリノベーションしよう

一戸建ての場合は、庭とのつながりを意識したリノベーションをすることで、実際の床面積よりも広さを感じられる間取りを作れます。テラスとリビングのつながりや、庭への生活動線を意識して間取りに取り込んでみてくださいね。

4.リノベーション費用を抑えるためには?

部屋

費用がかさみやすい工事を避けることで、リノベーションのコストを抑えることができます。

たとえば、費用が高くなりやすい筆頭が水まわりのリノベーションです。システムキッチンやユニットバスの位置を変えると、給排水管や電気配線も動かさなければならず、新たに防水工事も必要です。元の位置で新しいキッチンやユニットバスに入れ替えるよう、プランを工夫すると費用が抑えやすくなります。

また、「車いすで移動しやすいように廊下の幅を広げる」「階段の場所や窓サッシを移動する」といった改修も費用がかさみがちです。バリアフリー化の場合は補助金が申請できるケースが多いので、利用できる補助金や助成金などの制度を事前にチェックしておきましょう。

コストを抑えながら間取り変更を実現させるには、リノベーションでコストがかかる箇所や施工内容を意識して、それらを含まないプランとするのもテクニックの1つです。

5. 一戸建住宅の間取り変更リノベーションの事例をご紹介

部屋

それでは、間取り変更によりすてきなリノベーションを実現したお部屋の事例と費用を見ていきましょう。

5-1.無駄な間仕切りを撤去して、30帖以上の広々リビングに!

8帖の和室2間と、12帖の洋間の3部屋の間仕切り壁を撤去し、30帖の広いワンルームになりました。

費用:700万円
工期:1カ月
築年数:26〜30年

施工前

Before:古い間取りの和室でした。

施工後

After:仕切りをすべて取り払い、大きなワンルームに変身です。窮屈感がなくなり、ゆったりとした時間を過ごせそうですね。

事例の詳細:無駄な間仕切りを撤去して、30帖以上の広々リビングに!

5-2.築30年の木造住宅リノベーション

築30年経った木造住宅のリノベーションを行いました。リビングに続く和室2間の間仕切りを開放して広いリビングになりました。

費用:900万円
工期:3カ月以上
築年数:30年以上

施工前

Before:狭く動線が途切れがちなキッチンでした。

施工後

After:オープンキッチンになり、リビング・ダイニングとのアクセスが良好になっています。家族との会話を楽しみながらキッチンでの作業ができそうですね。

事例の詳細:築30年の木造住宅リノベーション

5-3.無駄を省いて快適リノベーション

独立していたキッチンを一体にして広々としたLDKに。庭からキッチンまで明るい日差しが届きます。

費用:900万円
工期:2カ月
築年数:21~25年

施工前

Before:隔離されている状態のキッチンでした。

施工後

After:オープンタイプのキッチンで、広々とした明るい空間に。白いキッチンは清潔感がありますね。

事例の詳細:無駄を省いて快適リノベーション

5-4.空き家丸ごとリノベーション

茶の間と納戸の仕切りを取り払い、キッチンと一体化することで、広々としたLDKに。北側に位置していますが、格子建具や欄間からの光を取り入れることで、明るい空間になりました。

費用:1,000万円
工期:3カ月以上
築年数:30年以上

施工前

Before:仕切りが多く、暗さを感じる室内でした。

施工後

After:北側に面していますが、明かりを多く取り込み、広くなりました。部屋全体が自然な色合いになり、優しい雰囲気ですね。

事例の詳細:空き家丸ごとリノベーション

5-5.築30年超 リノベーションで生まれ変わる家

古い日本風の家屋を大きくリノベーション。廊下をLDKに取り込むことで仕切りを減らして空間を拡張し、動線の良い明るい東南側をコミュニケーションキッチンにしました。

費用:1,420万円
工期:2カ月
築年数:30年以上

施工前

Before:もともとはダイニングでした。

施工後

After:動線を大きく確保した広いキッチンになりました。小窓から入る光で開放感もありますね。

事例の詳細:築30年超 リノベーションで生まれ変わる家

6.マンションの間取り変更リノベーションをご紹介

6-1.狭さを感じる2DKの間取りを1LDKに

「人が集まり、会話やふれあいが生まれ、帰りたくなる」ことをコンセプトに、複数の間仕切りで部屋が区切られていた2DKの古いマンションを、1LDKの間取りに大きく変更しました。

費用:420万円
工期:1カ月以上
築年数:30年以上

施工前

Before:間仕切りのせいで各部屋が孤立しており、また、部屋が区切られているせいで狭さを感じます。

施工後

After: 空間を一つにつなげることで、明るく広がりを感じる空間になりましたね。実際のサイズよりも大きく感じる開放的なスペースになりました。

事例の詳細:~ヒトとヒトが魅せる部屋づくり~

6-2.和室の間仕切りを取り払い、広々と明るいLDKに

隅から隅まで見渡せ、風通しのいい家にすることをポイントに、3LDKを2LDKに間取り変更。バルコニーに面した2つの和室を取り払い、広々としたLDKに作り変えました。

費用:560万円
工期:3カ月以上
築年数:30年以上

施工前

Before:バルコニーに面しているため明るいものの、昔ながらの和室が二間続きになっていました。

施工後

After: 間仕切りがなくなった分、風がよく通る広い空間になりました。合板の天井によって高さと奥行きを感じますね。

事例の詳細:心地良い明りに照らされ 天然素材の温かみを感じる内装

6-3.和室と壁を撤去して、家族が集まる広いLDKに

家族の集まる空間を作るため、隣接していた和室の間仕切り壁を撤去。大きな一つのLDKに間取り変更しました。和室があった場所は共有の書斎になり、親子で一緒に仕事や勉強ができます。

費用:780万円
工期:1カ月以上
築年数:11年以上

施工前

Before:LDKとオープンスペースになる和室が接している構造になっていました。

施工後

After: 和室を撤去し、ひとつながりの広いリビング空間になりました。家族が集って過ごせる多目的なスペースには、大きなバルコニーから奥まで光が届きます。

事例の詳細:中古マンション全面リノベーション

6-4.部屋を1部屋にし、開放感ある広々としたリビング・ダイニングに

4DLKで各部屋が狭くなっていたので、3つに分かれていた部屋をLDKに変更し、開放感ある広々としたリビング・ダイニングになりました。

費用:800万円
工期:2カ月
築年数:26~30年

施工前

Before:間仕切りで分割され、とても狭いキッチンでした。

施工後

After:仕切りをすべて取り払い、広いLDKに様変わりしました。狭かったキッチンは、オープンキッチンに生まれ変わりました。広々としており、家族でゆっくり過ごせそうですね。

事例の詳細:住み慣れた、新しいマイホームの誕生

6-5.すべての仕切りを取り払いオープンな1LDKに

3DKの古い間取りから、和室と仕切りを取り払って17帖の大きなLDKへと大変身。広々としたくつろぎの空間が広がります。

費用:900万円
工期:3カ月以上
築年数:30年以上

施工前

Before:キッチンとダイニングがある空間でした。

施工後

After:キッチンの位置を変更し、広いリビング・ダイニングになりました。開放感があり、木が優しい雰囲気をもたらしていますね。

事例の詳細:すべての仕切りを取り払いオープンな1LDKタイプに!

7.間取り変更リノベーションで住まいの快適さと機能性をアップ!

老朽化や、家族形態の変化によって不都合が生じ始めた住宅は、間取り変更リノベーションによって使い勝手がよみがえります。また、リノベーション時に最新の設備を取り入れることで、機能性や快適さが大きく向上するでしょう。

間取り変更リノベーションは、間仕切りの設置や取り外しといった簡単なものだけでなく、骨組みだけを残して内装を全面的に改修するスケルトンリノベーションも人気です。

スケルトンリノベーションは戸建住宅だけでなく、マンションでも行うことができます。ライフスタイルやライフステージの変化に合わせ、間取り変更を検討してみてはいかがでしょうか。

間取り変更リノベーションをお考えの方は、ホームプロのご利用がおすすめです。ホームプロは、厳しい基準をクリアしたリフォーム会社のみが加盟するリフォーム会社紹介サイト。

ホームプロなら複数のリフォーム会社の見積もりを無料・匿名で比較できるので、とても便利です。ぜひお気軽にご相談ください。

▼お問い合わせ(お見積もりは)コチラ

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ