比べて、選べる。リフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」

会員ページでは、お申込みいただいた内容に対応できるリフォーム会社を紹介しています。各社の会社情報、評価・クチコミの閲覧や、メッセージのやりとり(商談)ができます。

閉じる
  1. リフォームTOP
  2. リフォームの施工費用と相場
  3. 収納リフォーム費用・相場

収納リフォームの費用と相場

※該当する工事を含むリフォーム事例より算出しています

目安価格帯
中心価格帯
※収納リフォーム事例中

収納リフォーム事例の価格分布

グラフをクリックすると、各価格帯の事例が表示されます。※ホームプロの収納リフォーム事例データ2,061件を元に集計

費用相場の目安

一戸建ての場合

20~30万円

マンションの場合

30~40万円

収納リフォームの種類と参考価格

自慢のロフト収納!
工事の種類 参考価格
①床の間をクローゼットにリフォーム 18万円~28万円
②システム収納を取り入れる 20万円~100万円
③リビングに壁面収納を造り付けで設置 26万円~28万円

①床の間をクローゼットにリフォーム

床の間をクローゼットへ!収納力ある和室に
時代の流れによりライフスタイルが変わり、以前は必要だった場所がほとんど使われなくなることもありますよね。築年数を経た戸建住宅の場合、床の間がそのケースにあてはまることが多いのでは?和室の畳を取り払ってフローリングにするとなると大掛かりな工事になりますが、床の間部分だけをクローゼットにリフォームすることも可能です。床の間部分だけなら一般的に3日から5日の工期で済むので比較的気軽に行えるリフォームの一つと言えるでしょう。一見狭く思える床の間も、棚枕やパイプハンガーを設置すればかなりの収納力を持つスペースへと変化します。床の間部分の段差をそのままにするのか、段差をなくしバリアフリーにするかでも予算が変わってきますので、プロによく相談するようにしましょう。
メリット
  • 使っていないスペースを有効活用できる
  • 室内がモダンでシンプルなイメージに変化する
  • 比較的手軽に行うことができる
デメリット
  • 床の間の形状によっては取り外せない柱があることも

②システム収納を取り入れる

収納にこだわった全面リフォーム
さまざまなパーツを組み合わせてつくるシステム収納。取り扱っているメーカーも豊富で、その多くはユーザーの趣向などを分析し新商品を次々と生み出しているため、常に今の時代のニーズに対応しているものが見つけられるのではないでしょうか。家族構成の変化などにもパーツを組み替えたり、ユニットを増減させることで対応しやすいのも大きな利点といえるでしょう。ショールームがあるメーカーも多いので、実際に見て触れてイメージを掴むこともオススメ。いろいろな大きさのボックスを組み合わせて大きな一つの収納をつくるボックスタイプや、パネルを組み立て仕切りや棚をつくるパネルタイプをはじめ方法も多様です。予算と目的に合ったものを選ぶために、ということはもちろんですが、日々新しいものが開発されているのもシステム収納の特徴のひとつ。部屋の印象を左右する大きな収納がきちんと室内に違和感なくなじむようにという点からも、インテリアに詳しいリフォームのプロとよく相談して取り入れましょう。
メリット
  • 価格帯もデザインも豊富なため、自分に合ったものが選べる
  • ライフスタイルの変化に対応しやすい
  • 実物を見て確認できることが多い
  • 壁面や天井に固定するものの場合、耐震性が高くなる
デメリット
  • 造付家具やオーダー家具に比べると自由度は低い
  • 特注サイズになると別途で費用がかかることもある

③リビングに壁面収納を造り付けで設置

収納たっぷりのグリッド棚
家具職人が専用の施設で作った家具を搬入・設置するオーダー家具に対し、大工職人が現場で製作・設置するのが造付家具です。工房など設備が整った場所で製作されるオーダー家具と違い、現場の限られたスペースで製作するので複雑な細工や高い精度を求める場合には最適とはいえません。しかし、デッドスペースを有効活用したり、全体的なイメージに合う家具をつくる目的には十分対応できます。
また、壁や天井に固定するので地震対策としても有効といえるでしょう。しかし、それゆえ一度設置すると動かしたり増設したりしにくいので、あらかじめ棚板の幅や高さを変更できるようにしておくことがオススメです。マンションはコンクリートの壁面には穴があけられないなど規制が生じる場合もあるので、規約をよく読み、まずはプロに相談しましょう。
メリット
  • オーダー家具より安価
  • 室内など他の場所と一緒にリフォームする場合、他の作業と合わせて進められるため工期や人件費が抑えられる
  • デッドスペースを活用できる
  • 地震対策としても有効
デメリット
  • システム収納よりは価格が高い
  • 細かな細工や、高い精度を求めるには向かない
  • 設置後は動かしにくい
  • マンションの場合は規約により設置できない箇所もある

収納 リフォームのポイント

  1. 収納は、「システム収納の設置」か「造り付け家具」にするかで、費用も変わります。
  2. 「システム収納」は、規格が決まった、さまざまなパーツを組み合わせてつくる収納のことです。設置面積が大きく空間のイメージを左右するため、インテリアの知識豊富なリフォーム会社を選びましょう。
  3. 希望に合わせて、大きさや機能、デザインをオーダーメイドで作ることができる「造り付け家具」を選ぶ場合は、特別注文になるので、既製品よりは割高になることも。
  4. 造り付け家具は建物と一体化した家具なので、後で場所や大きさを変更するのは難しいです。既製品とは異なり、できあがりのイメージを実物で確認することもできません。そのため、事前に綿密な打ち合わせを。色や素材は必ずサンプルなどで確認をしましょう。

ご要望に対応できるリフォーム会社をご紹介。
複数社のプランを、比べて選べる!

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社をご紹介します。

リフォーム費用相場シミュレーター

リフォーム箇所やテーマを選ぶだけで、費用相場がその場でわかる!事例も合わせてチェックできるのでイメージを膨らませましょう。

続きを読む

まとめ

収納の費用相場はどのくらい?
収納リフォームの費用相場は20~30万円が中心価格帯になります。
(詳しくはこちら
収納でホームプロ経由でリフォームした最新の事例と金額を知りたい。
収納の最新のリフォーム事例と費用は収納の費用ページ上で確認できます。詳細な金額は各事例をクリックしてください。
(詳しくはこちら

申込み依頼をすると、ご紹介した会社について、
実際にリフォームした施主の評価を見ることができます。

リフォーム会社紹介を申込む

リフォームの依頼先選びにホームプロが4つの安心を提供

ホームプロは、お客様が安心してリフォーム会社を選ぶことができるよう、さまざまな取組を行っています。

ご要望に対応できるリフォーム会社をご紹介。
複数社のプランを、比べて選べる!

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社をご紹介します。

「比べて選べる!」ホームプロ

2001年よりサービスを開始した日本初の「リフォーム会社紹介サイト」です。
中立の立場で、地元の優良リフォーム会社を紹介しています。

利用会員数100万人。 利用満足度90%以上

※ ホームプロ調べ(2023年4月~2024年3月)

『デザインセンス』が良かった

今回のリフォームは娘の意向もありリビングと寝室の間の建具を付けるか付けないかでかなり悩みました(値段が上がるので) しかし金額もかなり抑えてくれて 付けることにしました。終わってからあの時にたくさんの選択肢を出してくれてほんとに良かったと大変感謝しています。 クロスを決めるときも私の好きな色を察知してくれてアクセントをどこにするかベースは何にするのか詳しく教えてくれて大人のカフェスタイルを実現することができました。 収納も押し入れからウォークインクローゼットに変更したので収納力もアップし片付けが楽になりました。途中洗面所のクロスの無理な追加にも対応してくれました。ありがとうございます。 3週間という長いリフォームでしたが前日の電話での対応や掃除も丁寧で生活にもかなり配慮してくれました。 とても満足すぎて7月に廊下、洋室を追加でリフォームします。 またよろしくお願いします。(千葉県/40代/女性)

『丁寧な対応』が良かった

既存の玄関収納の使い勝手が悪かったので、工事を依頼しました。思い描いていた通りに工事していただいて、非常に使いやすくなり満足しております。 担当者の方が気さくで相談しやすく、見積書の内容も細かいところまで分かりやすかったのが非常にありがたかったです。(東京都/40代/女性)

収納リフォーム 関連情報

マンションリフォームの費用と相場を見る

水まわり
居室
外まわり
目的で調べる

戸建住宅のリフォーム費用と相場を見る

水まわり
居室
外まわり
目的で調べる
ページの
先頭へ