ホームプロ  > リフォーム成功ノウハウ > 住まいのリフォーム豆知識100選 > 人気急上昇の内装材、珪藻土

住まいのリフォーム豆知識100選

キーワード:「珪藻土」

人気急上昇の内装材、珪藻土

お部屋の湿度を調整。他にも脱臭や保温・断熱効果も

シックハウス症候群という言葉が認知されるようになり、「住まいと健康」に対する関心がますます高くなっています。リフォーム時の建材に自然素材を選ぶ方が増えているのも、健康やエコロジー意識の高まりからといえるでしょう。自然素材内装材として人気を集めているのが珪藻土です。珪藻土とは、植物性プランクトン(珪藻)が海底や湖底に堆積して化石化した天然の鉱物で、古くから七輪やコンロの原料に、現在では浄水場やビール工場のろ過材として使用されてきました。珪藻土は微小の孔を無数に持っていて、壁や天井内装材として用いると自然に吸湿・放湿を繰り返して室内の湿度をコントロールします。結露を防ぐのでカビやダニ対策に有効といわれています。他にも、タバコやペットの臭い、シックハウスの原因のひとつといわれるホルムアルデヒドを吸着する「脱臭性」や「保温・断熱」効果も期待できる素材です。

 

DIYでのリフォームは、ご注意を。

最近は、多くのメーカーから珪藻土建材が発売されています。カラーやテクスチャーのバリエーションも豊富で、手軽に塗れるタイプもあることから、自分で壁塗りにチャレンジという方も多いでしょう。そこでご注意ください。珪藻土建材といっても、珪藻土100%ではありません。珪藻土の配合量はどれくらいか、その他の調湿材は入っているかなど、成分表を見て確認しましょう。固化材に合成樹脂が使用されている場合、珪藻土の孔を塞いで吸湿・放湿性能が落ちる可能性もあります。そう考えると、珪藻土を使った壁リフォームも、やはり信頼できるプロに相談するのがいちばん確実な方法です。建材選びも含めてよく話し合ったうえ、リフォームを進めてください。

 

「珪藻土」に関するリフォーム事例

福島県 / 170万円
キッチン

キッチンは使い易いI型でIHヒーターと食洗器を備えました。 また、キッチンの背面に家電カウンターを備えていますので、…(続きを読む)

福島県 / 50万円
トイレ

二つに分かれていたトイレを一つにし、広々とした快適な空間になりました。(続きを読む)


 

用語解説

珪藻土

藻類の一種である珪藻の殻の化石よりなる堆積物(堆積岩)で、ダイアトマイトともいう。珪藻の殻は二酸化ケイ素で出来ており、珪藻土もこれを主成分とする。壁材料に使うことにより、素材の特長である多孔性から、有害物質を吸着したり、湿度調整機能を持ち、部屋の空気を快適に保つ人に優しい素材として使用されている。

 

か行


ページの
先頭へ