ホームプロ  > リフォーム成功ノウハウ > 住まいのリフォーム豆知識100選 > リフォームでカビから身を守る

住まいのリフォーム豆知識100選

キーワード:「カビ対策」

リフォームでカビから身を守る

住まいのカビ、簡単チェック!

カビは「温度・湿度・空気」の3大条件が揃うと繁殖しやすくなります。カビの発生しやすい温度は20~30度、湿度は92~95%、特に温度25~30度前後で活発になります。カビをなくすには温度を下げ、湿度を減らすことがポイントです。
目に見えている所は、カビ除去剤などでなくせますが、見えない所で育っているカビが恐ろしく、気がつかないうちにカビに囲まれ、シックハウス症候群の原因に…ということも多いものです。
まずは足元をチェックしてみましょう。畳を上げ、畳の裏や床下地がカビ臭くないか確認します。また、押し入れがカビ臭い場合も要注意です。押し入れの床板は薄いので、床下の湿気の影響を受けやすいものです。床下換気扇を設置したり乾燥剤を入れて、きちんと湿気対策をしておきましょう。

 

リフォームで、カビの原因になる結露を解消

結露はカビの発生源になります。これを防ぐには、壁面をしっかり断熱する必要があります。壁紙の内側に防湿材を入れたり、防湿性の高い内装材に替えることを検討してください。窓をペアガラスなどに替えるのも効果的です。そして住まいの風通しをよくして、室内の湿度をコントロールしましょう。
結露を防ぐには、湿気を発生させない生活を心がけることも大切です。基本は換気です。特に水まわりは湿気が多いので、換気扇をこまめに運転させましょう。リビング・寝室・子ども部屋などの壁は無垢材、ケイソウ土、エコカラットなどの調湿建材で湿度をコントロール。押し入れやクローゼットなどは物や洋服の詰め込み過ぎに注意したいものです。また、洗濯物を室内干しする場合は、換気扇を運転したりエアコンの除湿機能を使ってください。

 

「カビ対策」に関するリフォーム事例

大阪府 / 88万円
浴室・バス

タイル貼りのお風呂からシステムバスへの交換をしました。冬場は特に寒く、ひんやりしていた床も、キレイサーモフロアなので、…(続きを読む)

東京都 / 60万円
浴室・バス

1115タイプのユニットバスを入れました。追い焚き機能付き、収納棚2段付きのプランです。(続きを読む)


 

用語解説

カビ対策

日本は高温多湿という気候条件のため、換気がしやすく開放的な木造住宅が主流であったが、戦後、コンクリート構造で気密性が高く、外気を遮断しやすい「閉鎖的な住宅」が増え、室内に湿気がたまりやすく、カビが繁殖しやすい条件がそろっている。十分な換気除湿を徹底的にする事が一番の対策。特に、室内が結露しないようにする事が大切。

 

か行


ページの
先頭へ