ホームプロ  > リフォーム成功ノウハウ > 住まいのリフォーム豆知識100選 > 軽く、耐久性に優れた屋根材「カラーベスト」

住まいのリフォーム豆知識100選

キーワード:「カラーベスト」

軽く、耐久性に優れた屋根材「カラーベスト」

カラーベストは、建材メーカーのブランド名だった?!

カラーベストとは「平型化粧スレート」のことで屋根材の一種です。セメント、けい砂を原料として、繊維で補強して出来ています。もともとは、ある建材メーカーのブランド名だったのですが、いつしか化粧スレートの代名詞として使われるようになりました。昭和36年に発売されてから40年以上経ちますが、いまでも屋根材として広く使われています。

カラーベストの特長>
●耐久性がある…一般の屋根材よりも硬く、強いので、耐久性に優れています。
●軽い…重量は、一般的な粘土瓦の1/2以下。建物全体への負担が軽減し、重心が低く抑えられ、住まい全体に安定感を生みだします。
●優れたデザイン性…金属屋根に比べて落ち着いたデザインです。
●その他…耐候性(直射日光や風雨に耐える力)が強く、施工後は重なり部分が多いため、耐衝撃性能が高くなります。

 

リフォームの際はアスベスト対策が必要なことも

現在発売されているカラーベストは大丈夫ですが、2000年以前に製造されたものにはアスベストが混入されている可能性があり、リフォームの際にはアスベスト対策が必要な場合があります。
アスベスト対策には、カバー工法(重ね貼り)がおすすめです。
アスベストは、通常では飛散しませんが、解体工事などの際は飛散する可能性があります。カバー工法とは、既存の屋根の上から新しい屋根材で覆ってしまう施工法です。住みながらのリフォームでも安心して施工でき、屋根が二重になるので雨音や夏の暑さも防ぎます。

 

「カラーベスト」に関するリフォーム事例

静岡県 / 120万円
屋根

屋根上で見ると屋根材の濃淡が分かりますが、下から見上げると、色の違いはハッキリとは判らず、グリーンからの中に独特な趣を…(続きを読む)

愛知県 / 68万円
屋根

屋根材のカラーベストは塗膜が防水の役割を果たし、その塗膜が劣化するとカラーベスト本体の基材が「吸水と乾燥」を繰り返し、…(続きを読む)


 

用語解説

カラーベスト

アスベストの心配がない屋根材。特徴として、完全無石綿・商品機能の高さ・豊富なカラーバリエーション・超高耐候性商品がある事。リフォームにも対応している。メリットは、施工性がよく工期が短い事や費用面での負担が軽い等があげられる。また、軽量で断熱にも優れている。

 

か行


ページの
先頭へ