1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 中古住宅のリノベーション
  4. 詳しく知る
  5. リノベーションで抜けない柱を活かす方法とは?おしゃれな事例も紹介!

リノベーションで抜けない柱を活かす方法とは?おしゃれな事例も紹介!

  • 最終更新日:2021-06-28

リノベーションで抜けない柱を活かす方法とは?おしゃれな事例も紹介!

間仕切り壁を撤去して、大きな空間を作れるのがリノベーションの魅力。開放的なリビングに憧れて、リノベーションを決意した方も多いことでしょう。家の中に広い空間があれば、好みの家具を自由に配置したり、家族みんなでゆったりと過ごすことができます。

しかし、マンションや一軒家の構造によっては、柱を抜けないケースがあります。では、撤去出来ない柱はどうすれば良いのでしょうか。

今回は、リノベーションで抜けない柱を活かす方法を紹介します。柱のほか、撤去出来ない壁や梁を利用する方法も解説しますので、柱・壁・梁を活かすリノベーションプランを立てる際の参考になりますよ。後半では、おしゃれな施工事例も紹介しますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

1.柱には抜けるものと抜けないものがある?抜けない筋交いや壁などについても解説!

部屋

ここでは、抜ける柱と抜けない柱について解説します。また、撤去できない筋交いや壁についても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1-1.抜ける柱

間柱(まばしら)と呼ばれる柱は、抜くことができる柱です。壁を支える役割を果たしており、建物の構造に影響を与えないため、壁を撤去する際に抜くことができます。

1-2.抜けない柱

土台から軒までつながっている通し柱(とおしばしら)は、絶対に抜くことができません。通し柱を抜いてしまうと建物が屋根を支えることが難しくなったり、家全体の構造に影響します。

上の階と下の階で分けられている管柱(くだばしら)も、床や天井、屋根を支えているため基本的には抜くことができません。

1-3.筋交い(すじかい)も抜くことができない

柱ではありませんが、構造を支えている筋交いも抜くことができません。筋交いは柱と柱の間に斜めに入っている部材のことで、住まいの耐震性を上げる役割があります。

1-4.壁や梁にも抜けないものがある

リノベーションで部屋を融合させて広々とした空間を作ったり、開放的なLDKに仕上げたりする場合、壁を抜く必要があります。しかし、柱と同様に壁にも抜けないものがあるのです。たとえば、壁式構造のマンションの壁や、ツーバイフォーの戸建て住宅の壁などがそれに当たります。壁のほか、ラーメン構造のマンションに取り付けられている梁も撤去できません。

1-5.抜けない柱かどうかはリフォーム会社に見分けてもらえる

抜ける柱と抜けない柱を紹介しましたが、見た目だけでは判断できないため、図面を確認する必要があります。しかし、図面によっては記載されていなかったり、築年数が古い家では図面がなかったりするケースもあるので、柱を見分ける際はリフォーム会社に頼むのがおすすめです。

壁や梁を撤去できるかどうかについても、リフォーム会社に判断してもらうのが良いでしょう。

2.リノベーションで抜けない柱・壁・梁を活かす4つのアイデア

部屋

抜けない柱や壁があることから、理想のリノベーションプランを実現できず、がっかりしている方もいるかもしれません。しかし、抜けない柱を利用して、素敵な空間に仕上げることはできます。ここでは、抜けない柱や壁、梁を活かすアイデアを紹介します。

2-1.見せる柱で空間のアクセントにする

抜けない柱を見せる柱にして、部屋のアクセントにしてみてはいかがでしょうか。たとえば、ナチュラルテイストな部屋には白く塗装した柱が調和します。柱を黒く塗装して白のインテリアと組み合わせれば、スタイリッシュな空間を目指すことが可能です。

また、数本の柱を追加し並べてスリット状にしたり、柱におしゃれなタイルを貼り付けたりすれば、部屋の素敵なアクセントになります。

2-2.柱を家具にしたりハンモックを掛けたりする

抜けない柱を使って家具を作るのもおすすめ。たとえば、柱に棚板を取り付けて棚やディスプレイ空間を作れます。また、空間に調和する色や柄のハンモックを柱に掛ければ、おしゃれなインテリアに。ハンモックはお子さんの遊び場にもなりますよ。

2-3.抜けない壁は筋交いと柱を残せば開放的な空間に

冒頭でもお伝えしたとおり、壁を撤去した開放的な空間はリノベーションの魅力のひとつです。ですので、抜けない壁がある場合、諦めるしかないと思っている方もいるかもしれません。しかし、撤去できない壁があっても、開放的な空間にリノベーションできる可能性があるのです。

抜けない壁のなかには、筋交いと柱を残して壁の部分だけを取り除くことができる場合もあります。壁がなくなり見通しが良くなることで、開放的な空間に仕上がりますよ。格子と組み合わせて間仕切りにしたり、ワイヤーの筋交いにして部屋のアクセントにしたりすることも可能です。

2-4.見せる梁でおしゃれな部屋に

柱と同様に、抜けない梁も見せることでおしゃれな雰囲気を演出してくれます。築年数が古い家の場合、梁を残すことで素敵な和モダンテイストの住居を目指せるでしょう。重厚感を出してくれる梁ならアジアンモダンな空間に、間接照明を組み合わせれば部屋のインテリアにもなりますよ。

3.柱を活かしたおしゃれなリノベーション事例8選

部屋

ここからは、柱を活かしたリノベーション事例を紹介します。筋交いや梁を残した施工事例も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

3-1.柱を残しながらも開放的なリビングに

事例

大きな空間を作りたいとの施主からの要望で、2つの部屋を仕切る壁を撤去し、広々としたリビングにリノベーションしました。構造上の理由で抜けない柱には化粧を施し、耐震用ブレスも取り付けています。柱があるにも関わらず、開放的な空間となっていますね。

事例の詳細:明るく楽しいパーティールーム

3-2.抜けない柱を飾り棚に

事例

築35年の中古住宅を購入し、全面的にリノベーションした事例です。壁を撤去して古い和室2間とリビングを融合。ヴィンテージ感のあるおしゃれなLDKに仕上がっていますね。構造上抜けない柱を使って飾り棚を作り、とても素敵なインテリアとなりました。

事例の詳細:リノベーションで古家に命を宿す

3-3.柱で作ったカウンターがおしゃれな対面キッチン

事例

対面キッチンにリノベーションした事例です。抜けない柱には化粧を施し、カウンターを造作しました。まるでカフェのような素敵なスペースで、食事の時間が毎回楽しみになりそうですね。

事例の詳細:寒さを解消、夢の対面キッチンに、バリアフリーも実現

3-4.柱と筋交いがアクセントの素敵なダイニングに

事例

動線の改善や広い空間を作るためにリノベーションをすることに。リビングとダイニングの間にあった壁を抜いて、開放的な空間に生まれ変わりました。建物の耐震性を支える柱を残し、筋交いを設置しています。柱と筋交いが空間と調和し、インテリアのポイントになっていますね。

事例の詳細:既存の柱を活かした上質なモダン空間

3-5.塗装した柱を活かしておしゃれな空間にリノベーション

事例

ご両親との同居を見据えてリノベーションした事例です。古い家が夜カフェのようなモダンな空間となっていますね。無垢のフローリングはおしゃれなだけでなく、冬でも暖かく快適に過ごすことができます。

事例

既存の柱は無垢のフローリングに合う色に塗装し、洗面所のゲートとなっています。

事例の詳細:大人が寛ぐ和モダンな空間

3-6.柱で造作棚を作りカフェ風キッチンに

事例

対面キッチンにリノベーションし、かわいらしいキッチンに仕上がりました。抜けない柱を活用し、飾り棚とニッチを造作しています。素敵なキッチンツールや食器、雑貨などを飾れば、おしゃれなカフェ風キッチンとなりますね。

事例の詳細:カフェ風の対面キッチン

3-7.白い柱と梁が素敵なリビングにリノベーション

事例

ライフスタイルに合った間取りにするべく、リノベーションを行いました。抜けない柱は白く塗装し、空間とうまく調和させています。室内に光を取り込むために天井を上げ、既存の梁を利用したおしゃれな「梁見せ天井」に。圧迫感が気になっている方は、天井を高くすることも検討してみてくださいね。

事例の詳細:完全分離の二世帯住宅へ

3-8.抜けない柱を残し開放的なリビングに

事例

お父さまから受け継いだ家が、若いご夫婦とお子さんにとって暮らしにくい間取りだったため、リノベーションすることに。構造上抜けなかった柱や梁を活かしつつ、吹き抜けを作り、開放的なリビング空間になりました。まるでモデルルームのような仕上がりですね。

事例の詳細:過去と現在の調和〜昔の趣を残した吹き抜けのある家〜

4.柱を活かしたリノベーションで素敵な住まいに

この記事では、柱の種類や抜けない柱を活かす方法などについて詳しく解説しました。紹介したおしゃれなリノベーション事例のように、柱を利用して素敵な部屋に仕上げてくださいね。

なお、前述のとおり、柱が抜けるか抜けないかはリフォーム会社に判断してもらうのがおすすめです。柱を活かしたリノベーションプランが思い浮かばない方も、リフォーム会社に相談すれば、ご自宅にぴったりのプランを提案してもらえるでしょう。

リノベーションを依頼するリフォーム会社がまだ見つかっていない方は、ホームプロを利用することで信頼できるリフォーム会社に出会えますよ。ホームプロは、利用者数80万人以上を誇るリフォーム会社紹介サイト。厳しい審査をクリアした優良会社のみが加盟しており、複数の会社を紹介してもらえます。

無料で利用できますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

▼お問い合わせ(お見積もりは)コチラ

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ