ホームプロ  > リフォーム成功ノウハウ > 住まいのリフォーム豆知識100選 > リフォーム時にはアスベストの飛散に注意

住まいのリフォーム豆知識100選

キーワード:「アスベスト」

リフォーム時にはアスベストの飛散に注意

アスベストはリフォーム時に飛散する可能性あり

アスベストによる健康被害が大きな社会問題となっています。現在、アスベストを含む建材や保湿材は製造・使用が原則的に禁止されていますが、2004年の法律改正以前に建てられた住まいには、屋根、天井、床、外壁、ユニットバス、内壁など、さまざまな場所で使われている可能性があります。
戸建て住宅の場合は、「アスベスト含有成形板」という建材が使われている可能性がありますが、アスベストは建材の中で、しっかり固定されているので、そのままの状態で飛散することはないと言われています。
飛散するとすれば、リフォームや家屋の解体時です。建材が壊されたり乱雑な扱いをすると、アスベストが飛散し、近隣の方々がアスベストを吸いかねません。

 

石綿作業主任者の有無を確認

リフォーム時にアスベストの飛散が心配な時は、事前にアスベストの有無を確認してもらいましょう。もし、あった場合は、「石綿作業主任者」がいなければ作業できないので、有資格者がいるか確認しましょう。工事当日は、しっかり養生しているかを確認し、近づかないようにしてください。

 

住まいの劣化で飛散することは?

屋根や壁の劣化でアスベストが飛散することはないといわれていますが、それが心配になるほど、住まいが傷んでいれば、そろそろリフォーム時期だと考えてもよいかもしれません。外まわりは新築10年を過ぎたら、リフォームを検討してみましょう。
最後になりましたが、最近、アスベストの健康被害を理由に不安をあおり、早急な契約を迫る悪徳業者がいるようです。リフォームの際は、信頼できるホームプロの業者へご相談ください。

 

「アスベスト」に関するリフォーム事例

神奈川県 / 105万円
屋根

アスベスト含有のひび割れた瓦を撤去し、元々あったトタン屋根を塗装。 瓦を重ね葺きした際に空けてしまったビス穴は防水コ…(続きを読む)

静岡県 / 420万円
屋根

永年劣化による傷んだアスベストの屋根を金属製の屋根に葺き替えました。 軒天や破風の補修なども同時に行い、玄関正面の壁…(続きを読む)


 

用語解説

アスベスト

繊維状鉱石で耐火性・断熱性に優れ、断熱材や保温材などに用いられてきたが、現在は発ガン性や大気汚染などの問題で使用が規制され、ノンアスベスト製品が主流となっている。吹付石綿を使用した既存建物の解体に伴う石綿の飛散防止対策などが問題になっている。

 

あ行


ページの
先頭へ