1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 中古住宅のリノベーション
  4. 基本を知る
  5. リノベーションデザインにこだわった実例集

リノベーションデザインにこだわった実例集

  • 最終更新日:2019-01-29

リノベーションデザインにこだわった実例集

住宅のイメージを大きく変えるリノベーションは、機能だけでなくデザインも重視したいところです。住まいとは、朝起きたとき、外出から帰ったとき、夜眠るとき、365日常に目に入るもので、毎日の「暮らしやすさ」とは、その人にとって優れたデザインであることも大切です。今回は、リフォームとリノベーションの違いや理想のリノベーションを実現するためのポイント、デザインにこだわった実例を紹介します。

リフォームとリノベーションの違いとは?

リフォームとリノベーションの違いがよくわからないという方も多いかもしれません。ここでは、2つの違いを解説します。

リフォームとは

リフォームとは、古くなった設備を取り換える、汚れの目立ってきたクロスを張り替えるなど、修繕の意味合いをもって使われることの多い言葉です。英語の「reform」は「好転する、改善する」という意味ですが、和製英語の「リフォーム」は「住宅や店舗等で起こる経年劣化や不具合を修繕し、新築の状態に近づける」という意味が一般的となっています。

また、施工の規模で分けられることもあり、浴室のバスタブ交換や廊下に手すりを付けるといった比較的小規模な修繕は、リフォームと呼ばれることが多くなっています。

リノベーションとは

リノベーションとは、住む人のライフスタイルや好み、使い方に合わせて住宅を改善すること。

既存の住宅を新築の状態に近づけるのではなく、新築よりも機能性やデザイン性に優れた住宅にするという考え方です。

たとえば、夫婦と子ども2人で暮らしていた住宅を、子どもたちの独立を機に「夫婦2人の家」として作り変えるといったアイデアも人気です。より良い生活のため、住宅を自分たちにフィットさせる工事がリノベーションなのです。ライフスタイルが多様化している現代では、「人」を基準として住宅を改善することで、住む人にとって唯一無二の価値が生まれます。

施行の規模で分けると、間取りの変更や、既存の骨組みを活かして内装を一新する(スケルトンリノベーション)といった大規模な施工をリノベーションと呼びます。

デザインにこだわったリノベーションを実現するには

デザイン性の高いリノベーションをする際には、プロの力を借りて機能性とデザイン性を併せ持ったリノベーションを行うようにしましょう。

リノベーションデザイナーやインテリアコーディネーターへの依頼を検討

デザイン性を重視したい場合には、デザイナーやインテリアコーディネーターに相談することを検討してみましょう。リフォーム・リノベーションの施工会社にはインハウスデザイナーや提携しているインテリアコーディネーターがいることもあります。また、インターネットを通じて好みのデザインやインテリアに出会うこともあるかもしれません。そういった場合には直接コンタクトを取ってみるのも良いですし、施工会社を通じて連絡をお願いしても良いでしょう。

機能面とデザインを両立させる

リノベーションで重視するポイントは、家族のライフスタイルによって異なります。

Aさんにとっては使い勝手が良く好みのデザインだとしても、Bさんにとってはまったくそうでないことも起こり得るのです。

修繕の要素が強いリフォームと異なり、一室または住居全体を大きく改修するリノベーションでは、素材やデザインはフルオーダーとなるケースが多くなっています。要望を伝え、叶えてもらうだけでなく、専門家からの意見や提案を積極的に取り入れることで理想のリノベーションを実現しやすくなるでしょう。

テイストにこだわったリノベーション事例

ここでは、素材やデザインが特徴的な事例を紹介します。好みのデザインを見つけてみてください。

ナチュラルで木のぬくもりを感じるデザイン

奥様の憧れだったおうちカフェ ライフスタイルリノベーション

自然素材をふんだんに使用して家全体をナチュラルなカフェテイストに仕上げたリノベーション例です。
おしゃれな雰囲気の中にも木のぬくもりを感じる、明るく優しい空間となっています。

モザイクタイルが楽しい北欧風デザイン

自然素材を使った北欧風マンションリノベーション

無垢材のフローリング、モザイクタイルがポイントの北欧風デザイン。
こちらも住居内に広く天然素材を使用しています。
カーブのついた壁で優しいイメージに。

伝統の美しさを残しつつモダンなデザイン

モダンで開放的な広々空間

区切りの多い和室中心の住居を、空間を広く見せる間取りで開放的に仕上げています。
和のテイストを残しながら都会的でモダンなスタイルとなりました。

森のヴィラでリゾート気分。ホテルライクなデザイン

暖炉が照らすくつろぎの家

親世代からの住居をリノベーションした例。
森の中に佇むヴィラのような、ウッディで落ち着いた雰囲気のデザインが特徴です。

ライフスタイルにこだわったリノベーション事例

住む人の状況やライフスタイルに合わせて、二世帯住宅やファミリー向けに住宅をリノベーションすれば、生活がより良いものとなります。

将来は二世帯に。自由に変更しやすい間取り

将来を考えた二世帯リフォーム!

将来的に二世帯住宅として使用することも視野に入れたデザイン例。
家族それぞれのこだわりを詰めこんだアイデア満載のリノベーションです。

古い平屋を若いファミリーが楽しめる住宅に

築56年の平屋に遊びゴコロを加えて、リノベーション

リビングにはハンモック、廊下には子どもが自由にお絵かきできる黒板クロスを設置。
ダメージ感のある床材や、お店のようなディスプレイがしやすい収納スペースを設置しています。
大人も子どもも生活が楽しくなる住居へと生まれ変わりました。

「山小屋風」デザイン

「山小屋風」デザインにこだわったマンションリノベーション

登山が趣味というご夫婦の「好き」を詰め込んだ住まいに。
山小屋をコンセプトとしたリノベーションで温かみのある空間が作られています。

思い出の詰まった家をバリアフリー住宅にリノベーション

思い出の我が家を古民家再生で趣のある空間に

築80年の古民家を現代の生活に合わせてリノベーション。
段差をなくしたバリアフリー設計に加えて、直接火を使わないIHコンロ、空気の熱でお湯を温めるエコキュートを採用した優しいデザインの住居となりました。

吹き抜けを取り入れ、光で満たされたリビング

陽だまりをもつ家

昼間でも電気を点けて暮らしていましたが、南面にアパートが立つことから更に暗くなってしまうことが予想されたため、吹き抜けデザインのリノベーションを決定。リビングは陽だまりの空間となり、家族が集まりやすい雰囲気となっています。

2世帯を繋ぐ2階リビング

築15年の一戸建てをLOHASな2世帯住宅に

2世帯がちょうど良い関係でいられるための、みんなが心地良いリビング。
大きな吹き抜けを作り、明るい団らんの場を作った事例です。

デザインにこだわることもリノベーションの重要な要素

住居全体に手を加えるリノベーションなら大きな要望を実現することも可能です。

デザインは「こうだったらいいな」という気持ちを具体的にしたもの。

今回ご紹介した様々なリノベーションデザインから、暮らしをより豊かにするためのヒントを得ていただけたのではないでしょうか。「どんなデザインが良いのかわからない」という方は、デザインの事例から好みのものを見つけてみてください。

好みの事例をいくつか集めていくうちに、叶えたいデザインが見えてくるでしょう。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ