1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 中古住宅のリノベーション
  4. コラム
  5. 全面リフォームと建て替えはどちらがいい?メリット&デメリット、費用の違いを解説!

全面リフォームと建て替えはどちらがいい?メリット&デメリット、費用の違いを解説!

  • 最終更新日:2021-06-28

全面リフォームと建て替えはどちらがいい?メリット&デメリット、費用の違いを解説!

ライフスタイルに合わせて、家を作り変えることができるのが全面リフォームの魅力です。全面リフォームなら、自分好みのデザインを取り入れたり、お気に入りの家具に調和する素敵な住まいに仕上げたりすることができます。

しかし、なかには全面リフォームにするか建て替えるか、迷っている方もいるのではないでしょうか。

今回は、全面リフォームと建て替えの定義と、メリット・デメリットを解説します。この記事を読むことで、全面リフォームと建て替えの違いを理解し、メリットとデメリットを踏まえてどちらにすべきか検討できるでしょう。費用相場と施工事例も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.全面リフォームと建て替えの違いとは?それぞれの定義を解説!

部屋

ここでは、全面リフォームと建て替えの定義を解説します。

1-1.全面リフォーム

全面リフォームとは、より快適に過ごせる住まいへと今ある家を全体的に作り変える工事のことを指し、外壁塗装やキッチンの交換、一部屋のみの改装といった部分的なリフォームとは異なります。

最近よく耳にするスケルトンリフォームは、建物の床や柱といった骨組み以外をすべて解体して行う全面リフォームのことです。

全面リフォームを実施すれば、間取りを変更して生活動線を改善することが可能です。古い住居をモダンでおしゃれなデザインの家に変えることもできますよ。

1-2.建て替え

建て替えとは、既存の建物をすべて取り壊し、ゼロから新たに建物を作ること。基本的には土台から建築し直すケースが多いです。建て替えは全面リフォームとは違って、骨組みさえもすべて解体して新しい建物を建築します。

2.全面リフォームのメリット&デメリットを詳しく解説!

部屋

ここでは、全面リフォームのメリットとデメリットを解説します。

2-1.建て替えより費用を抑えられる

建て替えよりも費用を抑えながら家を全体的に改装できるのが、全面リフォームのメリット。先ほどお伝えしたとおり、骨組みを残したままの工事なので、解体工事費用が発生しません。

また、建て替えのように登録免許税や不動産取得税を支払わずに済みます。リフォームプランによっては家に住みながら施工してもらえるため、仮住まいにかかる費用も節約できます。

2-2.今ある家の一部を活かしたり残したりできる

全面リフォームの場合は、今住んでいる家の良い部分を活かしながら家を作り変えることができます。たとえば、和の雰囲気を出せる柱や梁などを活かしつつ、モダンスタイルを取り入れることで、和と洋が融合したおしゃれな和モダンの家に仕上がりますよ。また、思い入れのある部分を残してリフォームすることも可能です。

2-3.大規模な変更ができない可能性がある

一方で、場合によっては大規模な変更ができないことが、全面リフォームのデメリットです。家の構造によっては壁を撤去できず、開放的なリビングを作れなかったり、取り除きたい柱を抜けなかったりして、思い描いていたプランを実行できない可能性があります。

そのため、事前にリフォーム会社に相談し、希望の工事ができるか確認しておくことがポイント。中古物件を購入して全面リフォームをしたいと思っている方は、物件探しの段階からリフォーム会社に相談し、希望どおりのリフォームができる物件を購入しましょう。

3.建て替えのメリット&デメリットとは?

家

続いて、建て替えのメリット・デメリットを解説します。

3-1.住んでいる家の不満の解決を目指せる

既存の家をすべて取り壊して新しい家を建てるため、比較的自由にプランニングできます。古い設備や使いづらい間取りなど、今住んでいる家の不満に対して解決を目指せますよ。全面リフォームで希望の工事ができない場合は、建て替えを検討すると良いでしょう。

3-2.地盤を補強し地震対策ができる

建て替えの場合は、地盤を改良することが可能です。もし、既存の家が建っている土地の地盤が弱ければ、建物自体に耐震性の問題がない場合でも家が傾いてしまうリスクがあります。そのため、根本的な部分から家の性能を高めたい方は、建て替えがおすすめです。

3-3.費用が割高になりやすい

建て替えは新築にかかる費用のほか、既存の家に対する解体費用がかかるため、総体的な費用が高額になる傾向にあります。また、既存の家が軽量鉄骨造や鉄筋コンクリート造の場合、木造よりも解体費用が高くなるケースが多いです。

なるべくコストを抑えて家を作り変えたい方は、リフォーム会社に相談してみてください。既存の建物の構造、状態を確認してもらい、全面リフォーム・建て替えのどちらが向いているのかリフォーム会社にアドバイスをもらうのがおすすめです。

3-4.建て替えができないケースもある

現行の建築基準法では、家の敷地が幅4m以上の道路に2m以上接していなければならず、この条件に合わない敷地にある家の建て替えを行うと接道義務違反となります。たとえば既存の家が建っている敷地が幅3mの道路に隣接している場合や、道路に1mしか接してない場合は建て替えることができません。建て替えを検討する際は、関連する法令等についてもあらかじめ自治体に確認しておきましょう。

4.全面リフォームと建て替えの費用相場を紹介

リフォームイメージ

全面リフォームや建て替えにはいくらかかるのか、気になっている方も多いことでしょう。ここでは、全面リフォームと建て替えの費用相場を紹介します。

4-1.全面リフォームの費用相場

マンションと戸建ての全面リフォームの費用相場を紹介します。それぞれの目安価格帯と中心価格帯は以下のとおりです。

マンションの全面リフォームにかかる費用相場

  • ・目安価格帯:300~700万円
  • ・中心価格帯:500~600万円

戸建ての全面リフォームにかかる費用相場

  • ・目安価格帯:250~1,500万円
  • ・中心価格帯:1,000~1,250万円

4-2.建て替えの費用相場

建て替えに必要な費用は1,500~2,000万円が相場ですが、プランによっては3,000~4,000万円になることもあります。

全面リフォーム、建て替えのどちらの場合も、坪数や施工内容、選択する設備のグレードなどによって費用は大きく変わります。予算内におさめるためには、言うまでもなくプランニングが肝となります。施工会社と相談しながら検討を進めましょう。

5.全面リフォームの事例3選を紹介

部屋

ここでは、全面リフォームの事例を紹介します。

5-1.【550万円/築30年以上】中古物件を全面リフォーム

事例

中古の木造戸建住宅を購入し、全面リフォームした事例です。リビング、ダイニング、外壁、水まわりなど9箇所を改装し、まるで新築のようにキレイな家に生まれ変わりました。リビングはキッチンとダイニングの間仕切り壁を撤去し、広々としたLDK仕様に。家族みんなのだんらんにぴったりな空間になりましたね。

事例の詳細:中古戸建住宅を購入してリフォーム

5-2.【700万円/築26年以上】中古マンションが素敵な住まいに

事例

マンションを全面リフォームした事例です。リビング、和室、玄関、水まわりなど8箇所に手を加えました。リビングは床や壁紙を張り替えて建具を新調し、おしゃれな和モダン空間となっていますね。

事例の詳細:中古マンションをスタイリッシュにリフォーム

5-3.【1,810万円/築30年以上】サロンのようなおしゃれな家に

事例

3階建ての戸建住宅を全面リフォームしました。施主が選んだインテリアに合わせて、まるでサロンのようなラグジュアリーなダイニングに。ダイニングのほか、水まわり、リビング、玄関を改装しています。高級感のあるデザインを目指したい方はぜひ参考にしてくださいね。

事例の詳細:サロンのようなエレガントスペース

6.建て替えの事例3選を紹介

家

続いて、建て替えの事例を紹介します。

6-1.【1,700万円】自然素材を使用し、人にやさしい家に

事例

自然素材を用いた体にやさしい家へと建て直すことに。天然木をふんだんに使っているため、木のぬくもりを感じられるあたたかな住居に仕上がりました。アレルギーの出にくい自然素材の空間は、お子さんがまだ小さいご家庭でも安心ですね。ダイニングには吹き抜けを作り、壁には珪藻土クロスを採用しています。

事例の詳細:【建替】建て替え工事

6-2.【2,100万円】吹き抜けのある開放的なリビング

事例

建て替えを実施し、スタイリッシュな家が出来上がりました。開放的なリビングは吹き抜けになっていて、鉄筋のストリップ階段がおしゃれですね。ウッドデッキのインナーバルコニーも新設されています。おしゃれだけど不便なく生活したいと考えている方には参考となるデザインではないでしょうか。

事例の詳細:【建替】吹き抜けのある広々としたリビングの家

6-3.【2,580万円】注文住宅で素敵な家に

事例

平屋の注文住宅に建て替えた事例です。内装材には漆喰や珪藻土、パイン(松)によるフローリングなど自然素材・無垢素材がふんだんに使われています。キッチンはダイニングを見渡せる、おしゃれなアイランドタイプを設置。開放感溢れる空間で、家族団らんを楽しめますよ。

事例の詳細:【建替】憧れの平屋を自然素材の注文住宅で!

7.全面リフォームや建て替えでおしゃれでキレイな家に住もう!

この記事では、全面リフォームと建て替えのメリットとデメリット、費用相場、施工事例などを紹介しました。前述したとおり、全面リフォームは建て替えより費用を抑えられる傾向にあります。そのため、なるべく安く仕上げたい方は全面リフォームにすると良いでしょう。既存の家に思い入れがある方も、全面リフォームがおすすめです。

一方で、建て替えは全面リフォームよりもコストがかかる可能性が高いのですが、理想の家を目指しやすい点が魅力です。全面リフォームでは希望のプランを実現できない場合は、建て替えを検討してみてはいかがでしょうか。

しかし、法令や費用など考慮すべきことが多く、全面リフォームと建て替えのどちらが良いのか、自分たちだけでは判断が難しい面もありますよね。最終的にはリフォーム会社にどちらが良いのか、判断してもらうのが良いでしょう。

なお、まだリフォーム会社を探せていない方は、ホームプロを利用するのがおすすめです。ホームプロは、80万人以上が利用するリフォーム会社紹介サイト。厳しい審査をクリアした約1,200社のリフォーム会社が加盟しており、その中から地元の優良リフォーム会社を紹介してもらえますよ。無料で利用できますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

▼お問い合わせ(お見積もりは)コチラ

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ