1. 間取り変更リフォーム(フルリフォーム)の費用・注意点・事例を解説|壁撤去など

間取り変更リフォーム(フルリフォーム)の費用・注意点・事例を解説|壁撤去など

間取り変更リフォーム(フルリフォーム)の費用・注意点・事例を解説|壁撤去など

間取りを変更したいときは、子供の成長など多くの機会があるはずです。壁を撤去したり、逆に間仕切り壁を設置したり、間取りを変更する方法はたくさんあります。今回は、フルリフォームする場合の平均的な工期や費用をご紹介します。マンションと戸建て別に紹介しますので、ぜひご覧ください。

家の間取り変更のリフォームは主に、家のメンテナンスやライフスタイルの変化、理想とする快適な環境作り、を目的として行われます。

何年経ったら行うという明確な基準はありませんが、リフォームの目的によって目安の時期やタイミングがあります。

それらを知っておけば効率的にリフォームができますし、金銭的な面から見ても無駄が省けます。

家の間取りを変更したい代表的な理由

家のメンテナンス

長期間、住宅をメンテナンスなしで放置してしまうと、経年的に様々な問題が発生し、最終的に工事費用が高額になってしまいます。

耐震性能を考えたバランスのとれた間取り変更や、劣化に気づいた時にはすぐに対処することで、最適な住環境を保つことが可能です。

また、高額で無駄な出費も省けます。

ライフスタイルの変化や子供の成長など

子供の成長や家族の生活の変化が目的のリフォームも多く行われます。

子供が増えたことで子供部屋を作る、子供がひとり立ちした後の部屋の撤去、さらに、両親と同居するための二世帯住宅化、バリアフリー化など、様々なリフォーム方法があります。

理想とする快適な環境作り

現状のままでも問題はないけれど、快適な家作りが目的のリフォームもあります。

システムキッチンの導入、床暖房など、間取りの変更と併せて様々なリフォームを組み合わせることで、理想とする快適な住環境が実現します。

より快適な環境で暮らすためには、今後起こりうる変化も頭に入れて、計画的にリフォームを行うことをおすすめします。

関連記事:二世帯住宅リフォームの間取りや費用を実例から紹介

【はじめに】そもそもの家の間取りを考える

リフォームを考えた時には、はじめに現在の家の間取りがどのようになっているかをしっかりと確認した上で、変更目的を整理することが大切です。

間取り図を見てみよう

間取り図を見れば家の基本情報がわかります。

ただ、間取り図を見ただけではわからないこともあるので、なにが間取り図からわかるのか、わからないのかを整理しておきましょう。

間取り図からわかること

部屋の位置や広さ、部屋数、収納の位置、窓やドアの位置や数、方角がわかり、家事のしやすさや家族の生活動線も見えてきます。

さらに、間取り図をよく確認することで、風の通り方や日光が当たる時間帯などをイメージすることができます。

間取り図からわからないこと

間取り図というのは平面なので、空間の開放感を感じることができません。

例えば、窓の高さやタイプ、それに、階段や収納などが部屋に与える圧迫感などは、間取り図だけではイメージができません。

あくまで平面的な方法しか確認できず、高さや空間は間取り図からはわかりません。

何を目的にどう変更したいのか整理して考えよう

理想とする住環境を伝えるためには、どのような間取りの家にしたいのか、目的や要望を書き出してみることをおすすめします。

陽当たりがいい家といった漠然とした要望でも、料理をしながらテレビを観られるといった具体的で明確な要望でも、整理して細かく伝えることで設計のプロが夢を形にしてくれます。

予算によってもリフォーム可能な内容が変わってくるため、目的や要望の優先順位をつけておくことも大切です。

また、家の間取り図だけを見て、理想のリフォームを自分だけでイメージしてしまうのもよくありません。

例えば、間取り図だけを見ると、壁の設置は簡単にできるように見えますが、実際に設置するとなると、圧迫感や移動の危険も伴います。

どういったイメージになるのか、自己判断するのではなく、リフォーム会社に相談する形で、間取り変更リフォームを行いましょう。

関連記事:リフォームの相談はどこにする?無料サポート機関を紹介します

[事例]間取り変更リフォーム(フルリフォーム)にはどんなものがある?

間取り変更リフォームには、壁を撤去するリフォーム、間仕切り壁を作るリフォーム、ゆったりとした空間を作るリフォームなど、様々な方法があります。

さらに、新築マンションを自分好みの間取りにリフォームすることも可能です。

壁を撤去してキッチンを広々とさせる例

昔の住宅では一般的な作りの、他の部屋とは分けられている独立型のキッチンの場合は、間仕切りとなっている壁を撤去すると広々させることができます。

壁の一部を撤去してリビングが見えるようにしたり、壁全体を撤去してオープンキッチンにしたりするといった方法があります。

壁を撤去してオープンな空間を作るのと同時に、大容量収納タイプのシステムキッチンに交換すれば、スッキリできるだけでなく、家事がしやすい機能的なキッチンが実現できます。

事例:壁撤去ですっきりキッチン

新築マンションを自分好みの理想に仕上げる例

マンションの所有者がリフォームできるのは、区分所有権の対象となる専有部分のみです。

よくある間取り変更のリフォームは、リビングと隣接する和室や洋室を一体化する方法や、2部屋を1部屋に繋げる方法など、室内を広々と見せることを目的としたものです。

その他、リビングが広くて窓が2つ以上ある間取りの場合は、子供部屋を作るといった目的で間仕切り壁を設置するケースもあります。

間取りが希望と合わない場合には、ゆくゆくは間取り変更リフォームすることを踏まえて購入するのも選択肢の一つです。

関連事例①:新築マンションオプションリフォーム

関連事例②:新築マンションの2部屋を広い1部屋に!

リビングを大きくしてゆったりとした空間に

リビングは、ダイニングやキッチンと一緒にひとつに収めることで、開放感がある広々した空間が実現できます。

壁を撤去したり、床の張替えをしたりして、大きな空間を作り出すことができます。

壁や床を白っぽくするか、光が反射しやすいフローリングなどにすると、リビング全体が明るくなります。

ゆったりと寛げる空間を作るためには、収納を充実させることも重要です。

壁面収納を取り入れることで、多くの荷物や小物がキレイに片付きますし、掃除の手間も省ける機能的な空間になります。

関連事例:間取り変更のリフォーム

間仕切り壁を設置し子供部屋を作る例

子供の成長に合わせて子供部屋を作りたい時には、間仕切り壁を設置するリフォームがあります。

間仕切り壁にはいろいろな種類がありますが、生活音が聞こえないようにしたい場合や、楽器の音がもれないようにしたい場合などは、防音効果に優れた素材の使用がおすすめです。

子供部屋も、子供が成長して家を出ると、間仕切り壁は不要になることもあります。

将来的には1部屋に戻したいという希望があれば、簡単に戻せるように釘を使用せずにビスで固定するという工事もできます。

関連事例①:子供の様子が見渡せる子育て応援キッチン と外壁塗装

関連事例②:子供の成長にあわせる家

間取り変更リフォーム(フルリフォーム)の費用相場

間取り変更リフォームにかかる費用は、家の状態やリフォーム内容によって大きく異なります。

間取り変更リフォームの内容として最も多いのが、間仕切り壁の撤去や追加をする工事です。

壁を撤去する工事は、天井や壁のクロス、フローリングの張替えなどの補修工事も必要となり、補修内容によっても費用が大きく変わります。

主なフルリフォームのリフォーム費用

リフォーム内容 費用
間仕切り壁の撤去と簡単な補修 7〜23万円/箇所
間仕切り壁の追加 8〜25万円/箇所
フローリング張替え 3〜6万円/畳
クロス張替え 1,000〜1,500円/平米

簡単な補修とは、壁や天井の溝は板などを埋めてクロス仕上げをする方法と、床は見切り材で補修する方法が一般的です。

ただ、既存のクロスが劣化していると、つぎはぎのような統一感がない仕上がりになる可能性があります。

統一感を出したい場合には床全体の張替えが必要となるため、費用はさらに高くなります。

間仕切りをするにはいくつかの方法があり、それぞれ費用が異なります。

間仕切りを設置する場合のリフォーム費用

間仕切りの方法 費用
壁とドアの取り付け 12〜24万円
引き戸の取り付け 10〜16万円
アコーディオンドアの取り付け 5〜8万円
ロールスクリーンの取り付け 4〜6万円

最も防音性やプライバシーを重視した間仕切りができるのは壁を設置する方法ですが、値段も高額です。

引き戸やアコーディオンドア、ロールスクリーンは、簡単に解放できますし、値段も安いというメリットがあります。

目的やシチュエーションに合わせて選ぶことをおすすめします。

関連事例①:最小限の費用ですっきりとしたリフォーム

関連事例②:畳からフローリングに変更&費用を抑えた段差解消法!

関連事例③:気になっていた場所を費用を掛けずにリフォーム

間取り変更リフォーム(フルリフォーム)の注意点

間取り変更リフォームは、要望通りに自由にできるというわけではありません。

注意点もあるため、事前にしっかりと理解しておく必要があります。

いつまでに可能なのか考える

リフォームは、内容によっては仮住まいをする必要も出てくるため、いつまでに完成するのか工期も考えなくてはいけません。

平均的な工期

リフォーム内容 工期
間仕切り壁の撤去(簡単な補修を含む) 4〜6日
間仕切り壁の撤去(床全張替えする場合) 5〜6日
間仕切り壁の設置 2〜3日
引き戸の取り付け 1〜2日
アコーディオンドアの取り付け 1〜2日
ロールスクリーンの取り付け 1〜2日

リフォームの費用を抑えたい場合は、工期が短くなるような間取りを考えるようにしましょう。

DIYでやろうとしない

間取り変更リフォームをDIYでやると、思ったように仕上がらないだけでなく、取り返しがつかない結果になる場合があります。

例えば、フローリングを張り替えるために剥がしてみたら、床が傾いていたという場合は、傾きを直すための大規模なリフォームが必要です。

家でもマンションでも、構造上で撤去できない壁もあります。

リフォームをする場合は、必ず専門業者に依頼しましょう。

マンションと戸建てで全く異なる

戸建て住宅の構造は、柱と柱が組み合わさり線で支えているタイプと、壁が組み合わさって面で支えているタイプの2つがあります。

線で支えているタイプは、壁の撤去を比較的自由に行えます。

しかし、面で支えているタイプは壁自体で家を支えているため、耐力壁となる箇所は撤去することができません。

マンションの場合は、面で支えている壁の撤去はほぼ不可能です。

さらに、マンションは管理規約があり、リフォームの禁止事項や制限が設けられています。

ガスや電気の容量制限もあるので、注意が必要です。

関連記事:意外とわかっていない!?マンションのリノベーション、メリットとデメリット総まとめ

まとめ

間取り変更リフォームは、ケースによって金額も工期も違ってきます。

それに、注意しなければならないことも多いので、必ずしも要望通りにリフォームができるとは限りません。

特に、マンションの場合は管理規約があるため、事前にしっかりと確認して万全の体制を整えた上でリフォームを考えることが大切です。

自分がやりたいと思っているリフォーム、満足できるリフォームを実現するためには、経験豊富なリフォーム会社を選ぶ必要があります。

戸建てのリフォームでもマンションのリフォームでも、構造に詳しくて複数の提案をしてくれるような会社がおすすめです。

優良なリフォーム会社を見つけるために

優良な会社を見つけるためには、複数のリフォーム会社に見積もりを依頼して、比較検討することが大事です。

ライフスタイルの変化や老朽化などで不都合になり始めた住環境は、間取り変更リフォームをすることで、住まいの快適さや使い勝手の良さが蘇ります。

さらに、リフォームと同時に最新の設備を取り入れれば、機能性もアップします。

信頼できるリフォーム会社を選んで、良かったと思えるリフォームを実現しましょう。

ホームプロでは、リフォーム会社を無料で比較することができます。

リフォーム会社のクチコミを見て比較検討し、見積もりを依頼して、自分の理想を実現してくれるリフォーム会社を選ぶことができます。

ホームプロに登録されているリフォーム会社は、1,200社あります。

自分の理想にあったリフォーム会社を比較して見つけるためにも、どうぞご登録下さい。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ