ホームプロ  > リフォーム成功ノウハウ > 住まいのリフォーム豆知識100選 > 機能性素材としても注目されるセラミック材

住まいのリフォーム豆知識100選
気になるキーワードをクリックしてリフォーム豆知識をチェック!
住まいのリフォーム豆知識100選 TOPへ戻る

キーワード:「セラミック」

機能性素材としても注目されるセラミック材

使用場所に応じてコーディネイトしたい

セラミックを用いた設備や建材は住まいの中で様々な場所に使用されています。外壁や屋根、ドア、洗面化粧台内装、玄関フロアなど、その施工しやすさだけでなくナチュラルな質感で好まれたり、あるいは耐火性や断熱性、調湿機能など多機能素材としてセラミックが選ばれたりします。広義の意味では昔から使われている屋根瓦セラミックと言えます。
最近では、内装のリフォームにセラミックタイルが用いられることがあります。セラミックタイルには様々な色柄があり、部屋をコーディネイトするのにも便利です。また、健康素材として注目を集めているタイプもあります。

 

多機能素材としても注目されている

内装材として使用される機能性のセラミックタイルには、湿度が高い時に湿気を吸収し、逆に湿度が低いと湿気を放出する調湿作用や人体に悪影響を及ぼす揮発性有機化合物を吸着する機能、ダニやカビの繁殖を抑制する機能、ペット臭やタバコ臭のニオイを吸着する脱臭性能などを持つ素材があります。ただ、すべてのセラミック素材に同様の効果があるとは限らないので、実際に効果を期待してリフォームする場合は資料をもらうなどして、該当するセラミック材の機能が正しいか確認しましょう。また、見積なども数社に依頼して適正な価格をある程度把握することが肝心です。あまりにも金額が高い、低い場合は、その理由をしっかり聞き信頼性を確かめて下さい。

 

普段のお手入れはきれいな布での拭きとり

セラミックタイルを内装に用いる場合は、部屋全体はもちろん、部分的にアクセントとして使用しても変化が楽しめます。また、内装用のセラミックタイルは汚れが付きにくい特徴がありますが、お手入れは必要に応じて行います。通常は乾いた布や固く絞ったきれいな布での拭き取りです。注意したいのは、水洗いを避けること。シミのもとになりかねません。

 

「セラミック」に関するリフォーム事例

埼玉県 / 48万円
トイレ

機能的で落ち着いた空間をご提案しました。トイレはコンパクトな節水タイプです。新素材の”アクアセラミック”などのキレイが…(続きを読む)

福島県 / 40万円
トイレ

トイレはLIXILさんのプレアスLSタイプ。タンク式ではありますがスッキリコンパクトにまとめられております。アクアセラ…(続きを読む)


 

用語解説

セラミック

もとは陶磁器を、最近は耐火物・ガラス・セメント・を含む非金属や無機材料で製造過程において高温処理を受けたものの総称。近年では、シリコンのような半導体や、炭化物、窒化物、ホウ化物などの無機化合物の成形体、粉末、膜など無機固体材料の総称として用いられている。

 

さ行


ページの
先頭へ