ホームプロ  > リフォーム成功ノウハウ > 住まいのリフォーム豆知識100選 > エコでお得な「省エネ」をリフォームで実現

住まいのリフォーム豆知識100選
気になるキーワードをクリックしてリフォーム豆知識をチェック!
住まいのリフォーム豆知識100選 TOPへ戻る

キーワード:「省エネ」

エコでお得な「省エネ」をリフォームで実現

「省エネ」を知れば、できることが見えてくる

省エネ」といっても漠然としていて、リフォームの際にすべきかが分かりにくいかもしれません。「省エネ」とは、“生活する中で消費するエネルギーを大きく減らしながら、快適性をキープする”ことです。消費するエネルギーを一時的に大幅に減らせても、不快になっては、長続きするはずがありません。ここでは、リフォームに「省エネ」を取り入れる方法を考えてみました。

 

居住地の四季に応じた一工夫で「省エネ」

省エネ」の効果が出やすい季節は、夏と冬です。夏は蒸し暑く、冬は日照があるものの寒い季節です。もし、夏の日差しが部屋に直接入るのを防ぐため屋根のひさしを延ばし、断熱材を壁に入れれば、部屋が暑くなりにくくなり、冷房を強めなくても済むかもしれません。夏のために延ばしたひさしが、冬になると日差しの邪魔をして部屋が暗くなると考えるのは誤りです。冬の太陽は昼でも30度くらいまでしか昇らないため、南側に建物がなければ十分日差しが入ります。冬注意したいのは日没後です。日中の日差しで得た熱を逃がさない工夫が必要になります。そのためには、窓に断熱性のある雨戸ロールスクリーンを設置すると効果的。暖房費を減らせるなど、「省エネ」の一翼を担ってくれるはずです。

 

本格的なリフォームで「省エネ」効果を高める

そのほかにもいろいろとあります。“エコガラス”などを使って断熱性・気密性に優れた住宅にすれば、外気温の影響を受けにくくすることで、冷暖房費用の負担を減らせます。また、空気熱を集めて給湯する“エコキュート”や、壁面などに空気の通り道を作って室温を調整する“自動換気システム”などもあります。快適な住まいづくりのために、「省エネ」リフォームを役立てたいものです。助成金を使えるものもあるので、ぜひホームプロへご相談ください。

 

「省エネ」に関するリフォーム事例

東京都 / 25万円
洗面

洗面化粧台の交換工事を行いました。新しい化粧台は、LED照明やエアインスィング水栓で省エネ設計になっています。(続きを読む)

静岡県 / 400万円
ダイニング

南側の部屋と隣の物置部屋と廊下と吹き抜けをくっつけて、変則型の大きなLDKを作成しました。床にはエコキュートのヒートポ…(続きを読む)


 

用語解説

省エネ

同じ社会的・経済的効果をより少ないエネルギーで得られる様にすること。住宅などでは、それ自体の気密性を上げたり、断熱の工法を見直したりして、熱効率を良くする事で省エネに繋がる。また、エコキュートヒートポンプといった設備を導入する事により、エネルギーを効率よく使用できる。

 

さ行


ページの
先頭へ