ホームプロ  > リフォーム成功ノウハウ > 住まいのリフォーム豆知識100選 > 構造だけを残し、まるごとリフォームするスケルトンリフォーム

住まいのリフォーム豆知識100選
気になるキーワードをクリックしてリフォーム豆知識をチェック!
住まいのリフォーム豆知識100選 TOPへ戻る

キーワード:「スケルトンリフォーム」

構造だけを残し、まるごとリフォームするスケルトンリフォーム

スケルトンリフォームとは?

スケルトン」は構造体のこと。住まいをスケルトン(構造体)のみにして、内装や設備を全面リフォームする方法をいいます。マンションの場合、通常のリフォームでは水回りは配管の位置が変えられず大きく変更できませんが、スケルトンリフォームなら既存の間取りにとらわれず、生活スタイルに合わせてリフォームできます。中古マンションを購入し、スケルトンリフォームすれば、新築同様のキレイな空間を手に入れることができます。

<マンションのスケルトンリフォームのメリット>
・大幅な間取り変更ができます。デザインも自分の好みに合わせて一新できます。
・設備の配置場所から検討できるので、ご希望のプランニングが可能になります。
・配管も一新できます。
・通常のリフォームでは難しい、防音工事や断熱工事、バリアフリーも実現できます。(窓のサッシと玄関のドアは、共有部分との兼ね合いがあるため取替えできない場合があります)

<戸建住宅のスケルトンリフォームのメリット>
・建て替えると建ぺい率や容積率、斜線制限などの問題で住まいが小さくなってしまう場合があります。スケルトンリフォームなら、現在の広さを保って新しくできます。
・基礎や柱・梁で傷んでいるところを補強できます。

 

発祥はヨーロッパ

スケルトンリフォームは、ヨーロッパの「スケルトン・インフィル」という考え方からきています。構造体と内装・設備に分けて設計するので、構造を気にせず自由に内装や設備を変更できるようになります。最近では、スケルトン・インフィル仕様のマンションが日本でも徐々に増えています。
スケルトンリフォームは大規模な工事だけに業者選びも慎重に。ホームプロにおまかせください。

 

「スケルトンリフォーム」に関するリフォーム事例

埼玉県 / 200万円
リビング

築浅いマンションにお住まいでしたが、リビングが狭いのが不満でした。 今回スケルトンリフォームにて間取りを一新しました…(続きを読む)

福岡県 / 200万円
キッチン

スケルトンリフォーム後のキッチンダイニングの様子です。キッチンの位置を変え夢の対面キッチンになりました。(続きを読む)


 

用語解説

スケルトンリフォーム

建物の構造だけを残し、内装や設備機器を新たに設けるリフォーム方法。マンションの場合は、共有部との兼合いがあるため、窓のサッシや扉はそのまま残すことが多い。

 

さ行


ページの
先頭へ