1. 依頼先を決定する

リフォーム会社選び 完全ガイド 一覧に戻る

リフォーム会社選び 完全ガイド基礎 依頼先を決定する

現地調査では、人間観察して人柄や相性を評価する

リフォーム会社を絞り込んだら、いよいよ現地調査です。

まず、候補のリフォーム会社にプランづくりのための現場調査を依頼します。

現地調査では、リフォーム箇所やその周辺を事細かに見たり、寸法を測ったりします。この時に担当者をじっくり観察しましょう。
立ち居振る舞いから話し方、気の遣い方などから、相性や人間性を判断します。

また、会話の中からセンスや趣味の良さなどを感じ取ることもできます。注意しておきたいのは、現場調査など候補の会社に来てもらう時には、1社ずつにすること。複数の会社だとお互いに牽制して、腹を割った話もしづらいことがあります。できるだけ互いに本音で話せるような雰囲気が大切です。

参考リンク:現地調査のポイント、希望の伝え方

見積もりと提案力を比較する

現地調査を終えたら見積もりと同時に大まかなプランを出してもらいます。プランの提出にあたってはプラン作成料がどこまで無料なのか確認しておきます。

プランをもらったら、それがリフォーム全体をイメージしやすいことがひとつのポイントです。図面や素材、設備の例などわかりやすい工夫がなされているかなどを見極めます。そして何より希望していることが反映されているかどうか。また、リフォーム会社ならではのアイデアが盛り込まれていることも判断基準になります。

見積もりに関しては、各社同じ条件で依頼します。入れ換える設備の種類、変更する壁や床など。
最初に希望する部分を一覧にして、各社同じものを渡すと良いでしょう。見積もりの比較では、総額だけでなく、明細などもチェックして、わからないところは必ず確認します。

対応力、施工力も大きな検討材料

現地調査は、対応力を探る絶好の機会です。様々な質問を投げかけてみます。

例えば、壁の撤去、浴室の拡張、キッチンの移動など、どんどん質問して、受け答えを観察します。

リフォーム会社によって、可能、不可能があるかも知れませんし、その場でよどみなく答えられるなら、ベテランの担当者と判断できるでしょう。

現場調査では、チェックの仕方にも施工力が表れます。例えば古い住宅なら、強度や耐震性を調べるために土台や基礎、建物の傾き、梁の掛け方などを見ます。

しっかり、その辺りも確認するようなら、構造的なことも理解してくれるので、安心できる会社と考えられます。

「違う会社に頼めばよかった…」と後悔しないために複数社から見積もりを取ることが成功の早道。候補会社を簡単に見つけるにはコチラリフォーム会社紹介を申込む

「リフォームって、大体いくら?」が知りたい方はこちら

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞※2019年2月リフォーム産業新聞による

「比べて選べる!」利用満足度90%以上のホームプロ。

ホームプロは、70万人以上が利用する実績No.1「リフォーム会社紹介サイト」です。
中立の立場で、地元の優良リフォーム会社を紹介しています。

断るときも気まずい思いをしない!

知らなかったリフォーム屋さんを知れたり、保証がついてたり、断る時も気まずい思いをせずに出来たりと、本当にありがたいサービスだと思います。また、満足度の低い会社は加盟出来ないなんて…。またリフォームすることがあったら利用します。(千葉県/30代/女性)

実際にリフォームした施主の口コミが見られる!

実際、かなり辛口の評価も眼にしたので、業者さんに直接そのこともきいて、納得の上お願いしました。いいことばかり書いてあると、このサイト自体の信憑性が怪しいと思っていたでしょう。(神奈川県/50代/女性)

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ