1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 二世帯リフォーム
  4. コラム・ニュース
  5. コストを抑えて理想の二世帯住宅を!リフォームにかかる費用や期間は?

コストを抑えて理想の二世帯住宅を!リフォームにかかる費用や期間は?

コストを抑えて理想の二世帯住宅を!リフォームにかかる費用や期間は?

二世帯住宅リフォームの実例をご紹介!具体的な費用やリフォームにかかる期間・工期を解説します。あなたの暮らしに合う間取りタイプや予算の参考にしてください。

「子供が増えた」「親と同居することになった」。

このようなタイミングで二世帯住宅へのリフォームを検討される方は多いですよね。

今回は二世帯住宅リフォームの費用や工期をご紹介していきます。

実際のリフォーム事例も紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

二世帯住宅リフォームとは?

二世帯住宅の間取りには3つのタイプがある

完全分離型(左右分離タイプ)二世帯住宅

玄関や水まわりなどを共有しない完全分離型の二世帯住宅で、左右で世帯が分かれているタイプを指します。

左右に分かれているため足音や生活音が聞こえてしまう心配がなく、ストレスの少ない間取りと言えます。

ただ、ある程度の敷地面積がないと一世帯当たりの広さが狭くなってしまうというデメリットがあります。

完全分離型(上下分離タイプ)二世帯住宅

家の一階部分と二階部分で世帯を分けるタイプです。

階段移動などを考えて一階部分に親世帯が住むことが一般的です。

階段や玄関を共有することが多いため、左右分離タイプよりも費用を抑えることが可能です。

ただ、二階の世帯は足音に気を付けながら生活をする必要があります。

部分共有型二世帯住宅

お風呂やキッチン、トイレなど主に水まわりの設備を二世帯共有にする間取りの二世帯住宅です。

完全分離型よりも費用が抑えられ、一世帯当たりの居住面積も広くとることができます。

ただ、プライバシーを守りにくいという欠点があります。

「建て替え」と「リフォーム」どちらがお得?

リフォームは予算に合わせて規模・内容を選べる

「リフォーム」は「建て替え」と異なり、一から建てる必要がないため部分的な改修も可能です。

リフォームしたい箇所が少なければ、工事も小規模で済みます。

たとえば、二階部分にキッチンやお風呂を新たに設けて子世帯用に改修するなど、小規模な工事だけで二世帯用の仕様に変更することも可能です。

予算が決まっている場合は、その旨を施工会社に相談してみましょう。

予算の範囲内でどのような二世帯住宅リフォームができるかプランニングしてもらえるはずです。

リフォームの方が費用は安い

建て替えの場合は新築同様の費用がかかります。

新築マイホームを検討する人の多くが、予算の上限は平均で3,000万円~4,000万円と言われていますので、建て替えする場合は、さらにそこに上乗せするかたちで既存の建物の解体・撤去・処分費用が1坪当たり3万円~5万円程度かかってしまいます。

このため、リフォームするほうが安くすむ場合が多いでしょう。

ちなみに、二世帯住宅リフォームの費用相場は1,000~1,250万円と言われています。

このことからも、リフォームの方が費用を安く抑えられることがよく分かります。

関連記事:2棟を繋げて2世帯風にリフォームできますか?

二世帯住宅リフォームの費用相場は?

二世帯住宅リフォームの費用相場は1,000万円前後

二世帯住宅リフォームの中心価格帯は1,000~1,250万円です。

二世帯住宅へのリフォームは大掛かりな工事が必要になるケースが多く、工事費以外にも現在の家を一部取り壊す費用やリフォーム中の仮住まい費用などがかかります。

費用をできるだけ抑えてリフォームを行いたい場合は、お風呂やトイレなどは新設し、キッチンは共有にするといった部分的なリフォームも検討すると良いでしょう。

減税制度やローンについてもチェック

二世帯にリフォームする場合、一定の条件をクリアすれば各種税金が軽減される措置もあります。

たとえば「不動産取得税」。

通常、増改築によって家屋の価値が上がった場合は、その増築分の評価額に対して3%の不動産取得税がかかってきます。

ただし、増築後の床面積が50㎡以上240㎡未満の場合、住宅の評価額から1200万円が控除されます また、「固定資産税」も課税標準額の1/6(※一戸の住宅について土地が200m?までの部分)に軽減されます。

関連記事①:二世帯住宅へのリフォームにかかる経費と相場

関連記事②:二世帯住宅について、税制や法律上の定義や扱いを紹介

関連記事③:二世帯リフォーム

二世帯住宅リフォームの期間・工期は?

リフォームの工期は1~2ヶ月程度

リフォームが大規模になるほど工事期間は長くなりますが、二世帯住宅リフォームは大規模改修でも1~2ヶ月程度、長くても3ヶ月程度で完了します。

水まわりの新設など、部分的なリフォームで二世帯住宅を実現する場合は、仮住まいに移ることなく居住したまま改修が行える場合もあります。

リフォーム中の仮住まいについても考える

大規模な改修工事の場合、リフォーム期間中に家族が暮らすための仮住まいを用意する必要があります。

仮住まいは、初期費用がかからず月単位で借りられるマンスリーマンションなどを利用するケースが多いようですが、期間が長くなればなるほど家賃もかさんできます。

仮住まいの家賃や生活費はあらかじめリフォーム予算に含めて考えておくと良いでしょう。

関連記事①:後悔しないために!二世帯住宅リフォームのメリット・デメリット|価格や補助金も紹介

関連記事②:二世帯住宅リフォームの間取りや費用を実例から紹介

関連記事③:二世帯住宅リフォームの相場や費用感は? 5つの施工例をチェック

実際の二世帯住宅リノベーション事例

母と同居するためにバリアフリーリフォーム

結婚を機にお母さまが一人で住んでいた家をリフォームして同居をすることになったため二世帯住宅リフォームを行いました。

水廻りを1階、2階の両方に配置するため、間取りや導線は可能な限りシンプル効率的かつ合理的に配置する必要がありました。

✔費用 1,185万円

✔工期 3ヶ月以上

✔リフォーム箇所 全面リフォーム

✔建物のタイプ 戸建住宅

✔築年数 30年以上

✔家族構成 3人

詳しくはこちら:急勾配の階段を解消して母のための二世帯住宅へ

4世代が同居する完全分離型タイプの二世帯住宅

4世代シングル家族が同居する完全分離型タイプにリフォームしました。

既存構造を生かし耐震も考慮しました。

もともとあった回廊はすべてLDKにし、リビングは仏間でもあるお母さまのお部屋と4枚の引き分け戸で間仕切りました。

✔費用 1,652万円

✔工期 3ヶ月以上

✔リフォーム箇所 全面リフォーム

✔建物のタイプ 戸建住宅

✔築年数 30年以上

✔家族構成 母、息子、孫、曾孫

詳しくはこちら:築45年!4世代のための2世帯住宅へ

デザイン性の高いモダンな二世帯住宅

二世帯での同居を機に、築50年のお家の全面改装を行いました。

内装や水廻り設備をダークブラウンとホワイトにまとめ、モダンな印象になりました。

✔費用 1,700万円

✔工期 3ヶ月以上

✔リフォーム箇所 全面リフォーム

✔建物のタイプ 戸建住宅

✔築年数 30年以上

✔家族構成 大人4人、子供2人

詳しくはこちら:デザイン性のあるモダンテイストな二世帯住宅

まとめ

二世帯住宅リフォームを行う際は、丁寧なプランニングが必要です。

二世帯でじっくり話し合い、家族の希望をリフォーム会社に伝えること大切です。

そのためには信頼できるリフォーム会社選びが欠かせません。

複数のリフォーム会社を比較検討してベストなリフォーム会社を選んでください。

ホームプロは、希望の予算やリフォーム内容を登録するだけで優良なリフォーム会社を最大8社までご紹介します。

すべて無料かつ匿名でサービスを受けることができるので、ぜひお気軽にご利用ください。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ