1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 二世帯リフォーム
  4. コラム・ニュース
  5. 二世帯住宅をハウスメーカーで建てるメリット&デメリットとは?

二世帯住宅をハウスメーカーで建てるメリット&デメリットとは?

  • 最終更新日:2015-10-02

二世帯住宅をハウスメーカーで建てるメリット&デメリットとは?

二世帯住宅への住み替えを検討するときは、ハウスメーカーの住宅展示場や口コミが参考になります。信頼あるハウスメーカーなら建築資材や構造面でも安心して任せられ、二世帯で心地よく暮らせる工夫もされています。一方で建築コストが高いというデメリットもあるのでよく検討することが必要です。

二世帯住宅おすすめハウスメーカーはどこ?

二世帯住宅おすすめハウスメーカーはどこ?

共働き世帯や高齢化が進む中、二世帯住宅に住み替えを検討している人が増えています。二世帯住宅おすすめハウスメーカーはどこなのか、色々と検討する中で費用やプランの違いに気づく人も多いことでしょう。二世帯住宅の建築を得意としているハウスメーカーはいくつかありますが、提示された価格が高くて断念せざるを得ないケースもあるかもしれません。
二世帯住宅の場合、問題となるのは将来的に居住する家族構成が変わってくることです。親世帯が亡くなる、もしくは子どもの独立など居住者が減った場合、間取りの変更を余儀なくされることもあるでしょう。そのようなとき、臨機応変に対応できる構造を最初から提案してくれているかどうか。また長期的な視点で耐久性やメンテナンスのしやすさに優れているかどうか。そのような点をしっかり踏まえて建築資材や構造を選んでいるハウスメーカーなら、初期投資が高くても安心してお任せできると言えるでしょう。

二世帯住宅展示場へ行ってみよう!

二世帯住宅展示場へ行ってみよう!

実際に間取りや構造を見るため、まずは二世帯住宅展示場へ足を運んでみましょう。二世帯住宅と一口に言っても「同居型」、「分離型」、「共用型」などタイプはさまざまです。間取りの問題が重視されがちですが、日光の入り具合や上階の騒音など生活するうえで気になる点は他にも色々あります。住宅展示場のモデルハウスをめぐって、実際に二世帯住宅で暮らすイメージを高めるのはとても良い機会になるでしょう。

二世帯住宅に強いハウスメーカーの口コミが参考になる!

二世帯住宅に強いハウスメーカーの口コミが参考になる!

一方、住宅展示場へ行って話を聞くと連絡先などを聞かれて営業の電話が来るのが心配、という人も多いのが事実です。そのようなときは、ある程度、自分でリサーチしてから見学に行くのがオススメです。二世帯住宅で有名なハウスメーカーの口コミは色々なサイトで紹介されている機会が多いので検索して参考にしてみましょう。ただし、悪意のある口コミや事実に反する内容が投稿されている可能性もあるので注意してください。

実際に二世帯住宅の建築を検討した結果、コストが高いと感じるときは現存の建物をリフォームして二世帯にするという方法もあります。所有している家屋はもちろん、中古住宅を購入して二世帯にリフォームするときはホームプロのサイトを参考にしてみてはいかがでしょうか。ぜひチェックしてみてください。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ