1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. なんでも事典 リフォーム編
  4. 高齢者のために
  5. 【高齢者のために_3】高齢者のための浴室のリフォーム

【高齢者のために_3】高齢者のための浴室のリフォーム

  • 最終更新日:2021-03-08

【高齢者のために_3】高齢者のための浴室のリフォーム

心落ち着く我が家であっても、高齢者の方が安心・安全、かつ快適に住み続けるには、家の各所にさまざまな工夫が必要となります。

リフォームも含めた具体的な対策や注意点などについて、確認しておきましょう。

高齢の母のために浴室をリフォームしたいのですが注意点を教えてください。

下記の注意点を考慮してリフォームしてください。

高齢者が浴室を安全に使用するには、

  • ・段差をなくすこと
  • ・出入口幅を80cm以上にすること
  • ・手すりを付けること
  • ・滑りにくい床材にすること
  • ・非常通報装置を付けること
  • ・お湯が適温に保てること

などが必要です。

簡単に改造できる部分と全面改装しなければ無理な所があります。

簡単な工事で対応するにはまず、出入口の段差をなくすため、洗い場一面に段差と同じ厚さの木製のすのこ板を敷き詰めます。

全面改装であれば、床、壁、浴槽など、すべてを撤去し、入口はグレーチング排水溝に使う格子状のフタ)付きの引き戸で段差をなくします。
浴槽のまたぎが高いと入りにくいので、シャワー椅子をおいて一旦腰掛けてから入るようにすると安全です。

全面改装であれば、浴槽またぎの高さが35~40cmになるよう低めに据え付け、床タイルも50角を使用すると、目地が滑り止めになります。
手すりは出入口、浴槽はいり口、浴槽反対側に下地があることを確かめてから付けてください。

万一の場合に備え、防水型の非常ブザーも付けておくと安心です。

また、高齢者の場合、温熱感覚が鈍ってくるので、沸かし過ぎの高温のお湯にうっかり入ってしまって大火傷になることもあります。
その点、自動お湯はり機能が付いていると一定温度のお湯はりができて安全です。

入口は開閉の楽な引き戸にします。また、つまづいて転んだりしないように、浴室と脱衣室との段差をなくしましょう。

こういった機能をすべて満たした高齢者用ユニットバスもあります。





リフォームなんでも事典:リフォーム編 一覧

<設計・工事・構造 >

<業者の選び方>

<契約・規約>

<家族構成の変化>

<高齢者のために>
家の中の段差の解消工事
手すりの設置
高齢者のための浴室のリフォーム
介護用設備の設置
トイレの和式から洋式へのリフォーム
高齢者のためのリフォームポイント
玄関のリフォーム
楽で安全な階段
高齢者のための居室、寝室づくりのコツ
高齢者のためのキッチン
高齢者のための洗面室
高齢者のための快適なトイレ

<健康と快適のために>

<水まわり>

<内装・インテリア>

<外装・エクステリア>

<諸設備>

<法律・トラブル>

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ