1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. なんでも事典 リフォーム編
  4. 内装・インテリア
  5. 【内装・インテリア_13】狭い家の収納

【内装・インテリア_13】狭い家の収納

  • 最終更新日:2021-03-08

【内装・インテリア_13】狭い家の収納

気付けばモノがあふれて、なかなか片付かない!モノがごちゃごちゃしていて取り出しづらい…そんな悩みをお持ちの方も多いと思います。

この章では、場所別の収納ヒントや壁紙など、内装・インテリアに関するリフォームの具体的なポイント、注意点をまとめました。

家が狭く、これ以上の収納スペースはとれそうにありません。
何かよい方法はないでしょうか。

屋根裏、階段下、壁の中空などのデッドスペースになりがちな空間をうまく使いましょう。

家の中には、使われていないデッドスペースが必ずあります。
デッドスペースになりがちな空間をうまく使えば、収納スペースを造ることは可能です。

屋根裏
屋根裏を床面積に算入しない場合にはいくつかの法的制限があります。
天井
の高さは140cm以下、広さも建築面積の8分の1までしか造れません。

また、屋根裏は外部の影響を強く受けるところです。
夏場はかなりの高温になるので、大切なものの収納には不向きです。屋根裏面には断熱材を充分に入れ、温度センサー付きの換気扇を設置するなどして、換気に気をつける必要があります。

階段下
収納スペースから切り捨てられがちの階段ですが、うまく使えばこれほど利用価値の高い空間はないでしょう。

階段下には、玄関の収納部に収まらなかった靴や掃除器具などを入れると便利です。
飛騨の階段家具のように、階段を引き出し式にする方法もあります。

■壁
木造住宅
の場合、柱と柱の間は、壁の厚さ分だけ中空になっています。
この部分に造り付けの収納を造れば、壁の厚さはだいたい12~15cm位あるので、キッチンでの缶詰やビン類などの収納にはちょうどよい寸法です。

もうひとつピッタリと寸法に当てはまるものがあります。それは文庫本です。
柱と柱の間をうまく活用すれば、部屋の広さを損なうことなく本棚を造ることも可能です。



リフォームなんでも事典:リフォーム編 一覧

<設計・工事・構造 >

<業者の選び方>

<契約・規約>

<家族構成の変化>

<高齢者のために>

<健康と快適のために>

<水まわり>

<内装・インテリア>
床材の種類
フローリングの注意点
インテリアの色の選び方
壁紙の選び方
壁紙の貼り替え
上手な収納のコツ
収納家具の選び方
玄関まわりの収納
キッチンの収納
リビング・ダイニングの収納
サニタリー空間の収納
寝室の収納
狭い家の収納

<外装・エクステリア>

<諸設備>

<法律・トラブル>

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ