1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 洋室(寝室・子供部屋)のリフォーム
  4. 費用
  5. 洋室の床や壁の張り替え、間仕切り壁の設置等リフォーム費用の目安

洋室の床や壁の張り替え、間仕切り壁の設置等リフォーム費用の目安

  • 最終更新日:2020-01-28

洋室の床や壁の張り替え、間仕切り壁の設置等リフォーム費用の目安

壁や床をリフォームするのは、なかなか大規模な工事になります。洋室の床や壁の張り替え、間仕切り壁の設置等リフォーム費用の目安を紹介していきます。自分が理想としているリフォームをかなえるためには、さまざまなポイントを抑えることが大切です。

洋室の床リフォームの中でも、マンションは管理規約による制限が設けられているケースがありますので、注意が必要。

フローリングの張り替え費用は10万円程度が目安です。

洋室の内装リフォーム費用は全部でどのくらい?

pixta_13703449_M

洋室の内装のリフォーム費用は、50万円以下の費用で行われることが多くあります。

フローリングと壁紙の張り替えで15万円~20万円ほどが目安です。

間仕切り壁や可動式の間仕切りを設けると20万円ほどになります。

クローゼットの扉やドアなどの建具の交換と合わせて、内装を一新すると35万円~40万円程度になります。

室内のリフォームは一般的に、洋室だけで依頼せず、他の部屋や廊下と一緒に頼むと割安です。

壁紙やフローリングの張り替えを依頼するときには、他の部屋も一緒にリフォームした場合の見積もりと比較してから、依頼する範囲を決めましょう。

マンション洋室の床リフォーム費用の注意点

マンションの床のリフォームでは、管理規約によって制限が設けられているケースがあります。

床材の変更が禁止されている場合には、カーペットからフローリングに替えることはできません。

フローリングの場合、遮音等級が決められていることが多く、規定以上の性能を持つ商品の選定が求められます。

遮音等級の規定がある場合、無垢フローリングは使用できない取り決めとなっていることもあります。

ただし、下地に防音材を張ることで同レベルの遮音性能を確保できれば施工できるケースもありますので、管理組合に確認してみましょう。

マンションの洋室リフォームで、フローリングの遮音等級を守らなければならない場合には、商品のグレードを落として金額を調整することは難しいです。

洋室のフローリングの張り替え費用は、10万円程度が目安となります。

リフォーム工事を行う前に、管理組合への事前の申請や承認が必要な場合もありますので、管理規約をチェックして早めに行動しましょう。

コルクにした場合

コルクタイルは、一般的な複合フローリングよりも高価です。

しかし、コルクタイルは弾力性があって転倒時に安心であり、膝への負担も軽減できますので、高齢者や小さなお子さんのいる家庭に向いています。

断熱性や保温性があり、足に冷たさが伝わりにくいので、冬でも過ごしやすいです。

吸音機能にも優れていますので階下に音が響きにくいです。

ただし、経年変化によって脱色しやすく、汚れが落ちにくいことがデメリットとして挙げられます。

家族構成やライフスタイルによっては、費用対効果が高い仕上げ材ですので検討してみましょう。

フローリングにする場合

洋室のリフォームでは、カーペット敷き込みであった床を、リフォームを機にフローリングへ張り替えるケースが多くみられます。

フローリングへの張り替えは、商品のグレードや広さにもよりますが、10万円~18万円ほどが目安です。

カーペットからフローリングへの張り替えは、厚みの違いから下地の調整が必要になります。

関連記事①:天井リノベーションで印象が変わる!知っておきたい魅力と注意点

関連記事②: 自然素材も!洋室リフォームの内装材と張り替えのポイント

マンションの洋室リフォームで壁紙を張り分けると費用はアップする?

pixta_13609572_M

マンションの洋室のリフォームでは、梁下などで壁紙を変えて、アクセントウォールとするリフォームが見受けられます。

壁紙の張り替え費用は、人工と呼ばれる人件費と、材料費が主です。

一部の壁紙を変えても人工は変わりませんので、壁紙を2種類使うとロスをみる量が増える程度で、壁紙の価格が同じであれば、張り替え費用は大きく変わらないです。

一つの部屋の中で一面の壁紙を変えると、アクセントウォールとして部屋の雰囲気ががらりと変わります。

大胆な柄やビビットカラーの壁紙の中には、部屋の全面に使うよりも、一部の壁に使う方が向いたものもあります。

壁紙の張り分けは、比較的リーズナブルに部屋をお洒落に見せることのできるリフォーム方法の一つです。

洋室の引き戸リフォーム費用は?

Oak parquet and cork flooring texture

洋室の建具のドアから引き戸への変更は、車椅子や手すりを使ったときにも開け閉めがしやすく、開口部が広くとれることから、バリアフリー対策としても広まっています。

引き戸は開閉のためのスペースが省スペース化できること、他の建具やクローゼットの扉との取り合いから採用されるケースも多くあります。

また、従来の引き戸の設置には、戸を引きこむ控え壁が必要でした。

アウトセット吊り戸にすると、上部にレールと幕板を取り付ける工事だけで済みますので広まっています。

ドアから引き戸へのリフォームは、扉の枚数や壁の工事の有無にもよりますが、7万円~20万円ほどが相場です。

洋室の部屋間仕切りリフォーム費用の相場とは 

広い洋室一部屋に間仕切り壁を設置して、二部屋にするリフォームは比較的よく行われているリフォームです。

間仕切りの設置にあたっては、窓の位置に配慮する必要があり、建具の位置の変更も併せて行われることが多くあります。

間仕切り壁の設置と壁紙の張り替えを行うと20万円ほどが目安になります。

間仕切り壁を設けずに、引き戸を設置して間仕切りとするケースもあります。

引き戸の場合、一室としても二室としても使えますので、ライフステージによる使い分けだけではなく、来客時などシーンに応じても変えることが可能です。

引き戸や折れ戸を設置するリフォームでも、20万円程度が目安です。

手作りやDIYなどで作る場合

壁を手作りやDIYで作成するケースもあります。

目隠しパーティションの感覚の間仕切り壁であれば、簡単に設置することが可能です。

ベニヤ等を自分で購入し、組み立てます。

また、大型のオープンシェルフなどを設置する例も多いです。

自分で壁をつくる難易度から、棚などを壁として使う例が多いようです。

関連記事①:憧れのDIYで自宅をリフォーム!成功のコツとお金周りの注意点

関連記事②:賃貸をDIYでリフォームしよう

関連記事③:費用面でのメリットは?寝室のDIYでのリフォーム

洋室の壁撤去リフォーム費用の目安とは

pixta_1567577_M

洋室の壁を撤去して二室を一室とするリフォームでは、大工工事によって壁を解体するだけではなく、壁が設置されたところは、床や壁、天井の仕上げの補修や張り替えが必要となります。

洋室の壁を撤去するリフォーム費用の目安は25万円ほどです。

床や壁、天井の状態によっては、部屋全体の壁紙や床材の張り替えを合わせて行うことも選択肢となります。

一部だけ張り替えを行うと、既存の壁紙と色の違いが目立つことが多くあります。

マンションでは壁式構造の場合を除くと壁の撤去が問題ないことがほとんどです。

木造住宅の場合には、耐力壁となっている壁は撤去が難しく、柱と筋交いだけ残すケースもあります。

施主支給でリフォーム費用は安くなる?

pixta_1567577_M

インターネット通販などで住宅建材が格安で売られているケースがあります。

フローリングやクローゼットの扉材、ドアなどの建具をインターネットなどで購入して、施主支給とすることで、リフォーム費用は安くなるのでしょうか。

リフォーム会社の多くは、住宅建材の費用と工事費用の双方で利益を得ています。

フローリングやドアなどを施主支給とすると、住宅建材の販売による利益が得られないため、工事費用が高めとなることが多くあります。

また、不具合が後に生じたときに責任の所在がわかりづらく、保証の対象外とするケースもあります。

中古の洋室のリフォームで、施主支給とすることがトータルで考えて安いのか、保証はどうなるのか、施主支給とする建材を購入する前にリフォーム会社に確認してみるとよいでしょう。

関連記事:賃貸マンション 低コストで内装リフォーム

まとめ

pixta_15977301_M

間取りの変更を伴う内装リフォームでは、建築の専門的な知識が必要ですので、建築士の在籍するリフォーム会社に依頼することが望ましいです。

ホームプロでは施工個所や希望条件に応じて、最大8社までのリフォーム会社の紹介を行っています。

複数の会社のリフォームプランや見積もりを比較して、予算内でベストなプランを選択しましょう。

ホームプロでは、経験豊富なリフォーム会社を多くご紹介しています。

ホームプロが独自で定めた基準をクリアした優良なリフォーム会社だけを厳選しています。

壁の設置など、大掛かりなリフォームを検討している場合には、リフォーム会社の比較検討が非常に大切です。

是非ホームプロの無料リフォーム会社紹介サービスをご利用ください。

このページのポイント

洋室の内装リフォーム費用は全部でどのくらい?
洋室の内装のリフォーム費用は、50万円以下の費用で行われることが多くあります。フローリングと壁紙の張り替えで15~20万円ほどが目安です。室内のリフォームは一般的に、洋室だけで依頼せず、他の部屋や廊下と一緒に頼むと割安になるでしょう。
(詳しくはこちら
洋室の部屋間仕切りリフォーム費用はどれくらい?
間仕切り壁の設置と壁紙の張り替えを行うと20万円ほどが目安になります。間仕切り壁を設けずに、引き戸を設置して間仕切りとするリフォームでも、20万円程度が目安です。
(詳しくはこちら

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ