1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 賃貸リフォーム
  4. DIY(セルフリフォーム)
  5. 賃貸をDIYでリフォームしよう

賃貸をDIYでリフォームしよう

賃貸をDIYでリフォームしよう

近年、DIYが流行り賃貸物件でも自分で簡単にリフォームすることができるようになりました。一体どのようなことができるのか、詳しくみていきましょう。

近年、流行りのDIY。

特別な力やスキルが必要なわけではないため、男女問わずたくさんの方が挑戦しています。

マンションでも自分でリフォームできる

マンションでも自分でリフォームできる

店頭や通信販売では、プロでなくても扱いやすい様々な多くの材料も販売されるようになりました。

そのため、戸建てでもマンションでも自分でのリフォームは簡単にできます。

もちろん、配管工事や電気工事、床や壁の撤去など大掛かりな工事内容を自分でしようと思うとなかなか難しいですが、壁紙を新しく貼ったり棚を新しく設置したりすることなどは簡単にできます。

業者に頼むと高額費用になるような内容のものでも自分ですれば安価に抑えることができるのです。

キッチンの壁紙交換などは手軽でおすすめ

まず簡単でおすすめなのが、キッチンの壁やワークトップにモザイクタイルシールを貼ることです。

簡単に部屋の雰囲気を変えたい場合は、手軽で低コストでできるDIYのため、非常にオススメです。

このシールを貼ることのみで、キッチンの雰囲気はガラッと変わり一新します。

仮に、水や油がはねてもタイルになっているため掃除もしやすく傷みにくいため大変便利です。

そしてその作業と同時に、キッチンの引き出しのサイズに合わせて木材などを貼ると一気に温かみのあるモダンな雰囲気のキッチンに生まれ変わります。

このようにDIYをすると簡単な作業で部屋の雰囲気をすぐに変えることができます。

POINT

✓マンションでも、専門知識が伴うような配管や電気工事はできないが、部屋の雰囲気を変える程度のリフォームであれば、気軽にDIYが可能である。

✓キッチンの壁紙変更などは、シールタイプのものを購入し、貼り替えるだけで簡単に行うことができるため、非常にオススメである。

関連記事

賃貸で玄関のリフォームDIY方法

賃貸で玄関のリフォームDIY方法

昔から玄関はその家の顔と言われるほど、とても重要な空間です。

自分は賃貸物件だから好みのおしゃれな玄関にするのは無理だと諦めている方も多いはずです。

しかし、玄関は水回りでないということもあって、他の部屋でするDIYに比べると比較的簡単な方法であらゆるところをリフォームすることができるのです。

玄関の床にシートを張って簡単プチリフォーム

まず簡単なのが、玄関の床やたたきの部分です。

既存のものを撤去して新しく設置することはできませんが、既存のものの上から専用のクッションシートを貼ることは簡単に行うことができるでしょう。

寸法のみしっかりと測って隙間のないようにきれいに貼れば、一気に雰囲気が変わります。

100均などで入手可能

ホームセンターだけでなく、100均でもシートが販売されています。

木材風のものからタイル風のもの、北欧デザインのものなど様々な柄があります。

自分好みの柄を選んで貼ってみるといいでしょう。

ベニヤ板の貼り付けで深みのある玄関に

次に簡単なのが、玄関の壁面にベニヤ板を貼りつけ、その上に板壁や壁紙を貼る方法です。

ベニヤ板は厚みがそれほどないため違和感が出ません。

ベニヤ板の上から漆喰を塗るとより味のある玄関になるので、オススメです。

POINT

✓玄関のリフォームは、比較的簡単に行うことができる。

✓既存の床の上にクッションシートを貼ることで、玄関を簡単にオシャレにすることが可能である。

✓ベニヤ板の貼り付け、新しい壁を設置すると、ガラリと雰囲気を変えることができる。

関連記事

賃貸でのトイレリフォームの方法

また、賃貸物件に住んでいる人の中には、トイレの空間に満足できていない人もいます。

玄関同様、トイレの雰囲気もDIYで簡単に変化させることが可能です。

トイレの空間をおしゃれにDIY

一番手軽に行うことができるのが、壁紙のDIYです。

壁紙のシートを購入し、それを壁に貼り付けるだけで雰囲気をガラリと変えることができます。

壁紙にはさまざまな種類があるため、自分の好きなものを選びましょう。

あまり柄の主張が激しいものはオススメできません。

色の展開が激しく、目がチカチカしてしまう場合があるでしょう。

自宅のトイレであれば、落ち着いた色であまり柄の激しくないものがオススメです。

どうしても柄の激しい壁にした場合は、全面的に貼り替えるのではなく、一面だけ貼り替えるのも良いでしょう。

便器の交換は定期的に

トイレの耐年数は10年程度です。

設置から10年以上たっている場合には、急に故障してしまうケースも考えられます。

賃貸だからこそ、こまめなチェックが大切です。

設置から経った年数をおさえ、交換の時期を把握しておきましょう。

POINT

✓トイレのDIYリフォームは、壁紙交換がオススメである。

✓便器は定期的に交換しなくてはならないため、いつ交換するかを確認しておく必要がある。

関連記事

賃貸でもリフォームしたいなら

紹介してきたDIYは、非常に簡単な作業内容です。

簡単に、立派なプチリフォームをすることができます。

賃貸物件だからと言って諦めず、DIYで自分好みの部屋に気軽にリフォームしてみてください。

ただ、自分でDIYをするにも限界があります。

例えば、トイレの交換などは、自分ひとりでは簡単に行うことができません。

配線工事や電気工事の専門知識が伴うからです。

また、部屋の壁を全て張り替えたい場合など、大掛かりで規模の大きなリフォームを行う際も自分ひとりでは難しいでしょう。

このように自分では難しいレベルのリフォームは、リフォーム会社への依頼がオススメです。

賃貸物件のリフォームは、賃貸ならではの注意点や進め方が必要になります。

ホームプロには経験豊富なリフォーム会社が多数加盟していますので、賃貸物件でのリフォームに詳しい会社や賃貸物件での注意点をきちんと押さえた会社にリフォームを依頼することが可能です。

登録は簡単で、3分で完了します。

各リフォーム会社への見積もり依頼やクチコミでリフォーム会社を比較できるなど、自分に合った納得の一社を探すことが可能です。

ぜひご相談ください。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ