1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 賃貸リフォーム
  4. DIY(セルフリフォーム)
  5. 賃貸のキッチンを自分でリフォーム

賃貸のキッチンを自分でリフォーム

賃貸のキッチンを自分でリフォーム

使い勝手が良く自分好みのキッチンだと、毎日の料理も楽しくなること間違いなしです。賃貸だからリフォームは無理だと諦めていた方も多いはずです。しかし、DIYすればそんな諦めは必要ありません。自分で好みのキッチンに仕上げてください。

賃貸で、システムキッチンを自分でリフォーム

賃貸で、システムキッチンを自分でリフォーム

キッチンは料理をする人にとって大変重要な場所です。できるだけ使い勝手が良くて自分好みのキッチンだと、料理の腕も上がる気がしますよね。
でも、そんな憧れのキッチンを手に入れるのはマイホームになってからと諦めている方が多いのではないでしょうか。
賃貸住宅でも、自分好みのキッチンにリフォームすることができるのです。
近年、賃貸住宅に住みながら自分でリフォームする方が急増しています。配管の移動などはリフォーム業者に依頼する必要がありますが、その他の内容であれば自分でもできるのです。
それでは次の項目で実際にどのようなリフォームができるのかみていきましょう。

賃貸キッチンでのリフォーム DIY方法手順

賃貸キッチンでのリフォーム DIY方法手順

まず、キッチンを自分でリフォームしようと考えたら、初めにどこまでのリフォームなら可能なのかをしっかりと確認しましょう。
賃貸物件の場合は、いずれ必ず退去し管理組合に物件を返却します。そのため、壁を撤去したり、床板を張り替えたりなどはできません。もちろん、システムキッチンごとの交換リフォームも賃貸ではできません。
どこまでなら手を加えて良いのか確認ができたら、次はどのようなところをどんな風に変えていきたいかを計画していきます。
ワークトップを変えたいのか、収納が少ないから棚を増やしたいのか、それとも壁紙を新しく貼りたいのか、何をまず変えていきたいかの計画を練ります。その後リフォームに必要な材料を集め、あとはDIYしていきましょう。

賃貸キッチンでのリフォーム DIY簡単実例

賃貸キッチンでのリフォーム DIY簡単実例

賃貸のキッチンは自分の持ち物ではないので、出来る範囲も少なくなります。
では、実際に出来ることを何なのでしょうか?
こちらでは、その事例を紹介していきます。

カッティングシートを使う

カッティングシートは剥がせるため、賃貸物件でのDIYに気軽に取り入れられています。
キッチンの扉に貼ると、イメージを一新させることができます。
つまみや取っ手を交換しても、退居時には元のものに戻しておけば問題ありません。
DIY上級者の中には、キッチンの扉や側板にマスキングテープを貼って、その上からベニヤ板を接着して木製のキッチンのようにみせて、ナチュラルなインテリアを楽しむ人もみられます。
壁に釘の跡を残さないように、高さが低めの収納家具と壁の間に塗装をしたすのこを挟み、ボックスを壁面に固定するのに使うといったアイディアもあります。

カラーボックスなどを使い、キッチンカウンターを作る

Kitchen interior
DIYでキッチンカウンターを作るには、カラーボックスなどの収納家具を脚として使うと簡単です。
カラーボックスの場合には一つとするか、背中合わせとするかによって、カウンターの奥行が変わってきます。
両端に収納家具を置いて、奥行きを合わせてカットしたカウンター用の板を塗装して塗ったものを貼るだけで、カウンターができます。
収納家具の背面が気になる場合は、すのこなどを貼って隠します。
カウンターを本格的につくる場合は、木材でフレームを組んだ後に、カウンター材を載せます。

作業台なら簡単!アイランドキッチンを作る

pixta_6964384_M
アイランドキッチンも同様に壁付けのオープンキッチンに作業台として追加するのであれば、つくりやすいです。
カウンターキッチン同様にカラーボックスなどの収納家具を脚として4個使い、天板用の板を載せれば簡単です。
一から枠組みをつくって天板を載せていき、側板を貼っていく方法もあります。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ