1. トイレリフォームはどこに頼む?依頼先の見つけ方について

トイレリフォームはどこに頼む?依頼先の見つけ方について

トイレリフォームはどこに頼む?依頼先の見つけ方について

トイレのリフォームを考えたとき、「どこに頼んだら良いのか」、「どんな業者に依頼すべきなのか」、業界に知り合いがいない限りはわかりませんよね。口コミを確認しながら業者を探す人が多いかと思いますが、業者の見つけ方にはいくつかポイントがあります。今回はトイレリフォームの依頼先や業者選びのポイント、費用相場を紹介します。これからトイレのリフォームを考えている人は参考にしてみてください。

トイレリフォームの依頼先

トイレリフォームを依頼できる業者はリフォーム業者だけではありません。

工務店や家電量販店、あまり知られていないところでは水道屋さんやホームセンターでも受け付けてくれることがあります。

ここでは、それぞれの業者の特徴やメリットを解説します。

リフォーム業者

リフォームを専門に行う業者は、リフォームで多い要望にも幅広く対応してくれることがほとんどです。

トイレはシンプルなデザインを好む人が多いものの、業者によって得意とするスタイル・デザインが異なるため、事前にパンフレットやWEBサイトを見て施工事例を確認しておくと良いでしょう。

工務店

地元で長くリフォームを行っている工務店は、地域の信頼があるため安心して依頼できるという人も多いでしょう。工務店にもよりますが比較的古い個人経営のところが多いため、設備の追加や変更などに柔軟に応じてくれることが多くなっています。そのぶん、最新設備を導入したい場合には、流通が整っていない場合もあるため事前に確認が必要です。

水道屋

水漏れやつまりといった水道のトラブルを解決する以外に、リフォーム工事を行っている水道屋さんは少なくありません。トイレのリフォームは特に得意分野といえますが、トータルデザインは専門外。WEBサイトなどで施工例を確認し、要望を反映できるかを確認しましょう。

家電量販店

家電量販店でもリフォーム工事を受け付けることが多くなっています。ただし、家電量販店のスタッフが直接施工するのではなく、提携するリフォーム会社や工務店に作業を依頼することがほとんど。クオリティを維持・管理するためか施工範囲も比較的狭いので、大がかりな工事を希望する場合やリフォームのプラニングから一緒に行って欲しいという場合には向きません。反対に、「購入した便器の取り付けだけ行って欲しい」といった場合にはおすすめ。購入から施工までをセットで安く行うプランを打ち出しているところも。

ホームセンター

ここ何年かでリフォームサービスを行うホームセンターが増えています。トイレにおいては便器や壁紙を購入すると施工まで一貫して依頼することで安くなることもありますが、料金はやはり専門業者と比べると割高なところが多い印象です。ホームセンターによっても実績が異なるため、施工件数がどれくらいあるのか、どんな人が工事するのかをチェックしましょう。

業者の選び方

トイレリフォームの業者を選ぶときはどんな点に注意したら良いかをまとめてみました。

許認可を得ているか

リフォームの業者に対して、「住宅に手を加えるのだから必ず何かしらの許認可を取得しているはず」と思われる方が多いのですが、実はトイレリフォームに限らず税込500万円までのリフォームの場合には建設業許可がなくても工事が可能です。取得していない業者の中にも施工実績が豊富で問題なくリフォームを行える業者は多くいますが、消費者としてはやはり許認可を得ている業者の方が安心できますね。

建設業許可の他にも「上下水道指定工事の指定」がある、「給水装置工事主任技術者」の有資格者がいるかをチェックすると良いでしょう。

自社で施工しているか

リフォーム業者の中には、提携する業者(いわゆる下請け業者)に依頼を投げるだけの業者も存在します。

施工主からの依頼を受け付ける業者と工事を行う業者が違うと、リフォーム当日になって認識のギャップに気が付く可能性も。金額やアフターフォローの面で事前に聞いていたものと違いが出ては困りますよね。

見積もりから工事、アフターフォローまで一貫して行ってくれる業者に依頼する方が安心です。

価格表示は一式費用かどうか

トイレリフォームの業者の中には、トイレ本体のみの金額だけを大きく表示しているところも。

「他社と比べて異様に安い」と感じた場合には、価格表示が工事費用や工事で出たゴミの処分費などを含んだ一式費用かどうかを確認しましょう。

追加料金はないか

見積もり後、請求までに追加して発生する費用がある場合には、事前に業者から案内があるはずです。追加料金について何も説明がなかったのに予定よりも高額となった場合、その業者との取引は避けた方が無難です。

依頼前に絶対確認したいポイント

上記の注意点から優良な業者だと判断したら、アフターサービスと保証について詳しく調べてみましょう。

アフターサービスの有無

アフターサービスの有無はとても重要です。

リフォーム後、水漏れやクロスの浮きなどが起こったときすぐに対応してもらえるか、休日・祝日でも対応が可能かといった点を確認しておきます。

保証の有無

メーカーの保証とは別に、独自の保証がある業者も多くあります。

保証の期間、範囲、料金などを確認しましょう。

メーカーの保証は1年~2年程度の期間で、その後は有償で加入する制度がほとんどです。

メーカーの保証と業者の保証内容をよく比較して、より自分に合っていると感じる方を選ぶと良いでしょう。

トイレリフォームにかかる費用相場

トイレ全体をリフォームする場合と便器本体のみをリフォームする場合では金額が大きく異なります。

リフォームにかかる金額を細かく見ていきましょう。

おおよその総額

トイレ全体(便器の変更、壁・床、手洗い器・収納の設置)を行った場合、おおよそのリフォーム総額は30~40万円です。

トイレ収納と壁面タイル貼りの明るいタンクレストイレ

こちらの事例では、便器を旧型のトイレからリクシルのサティス(タンクレス)へ変更。手洗い器、飾り棚、カウンター収納を設置し、壁面はエコカラットタイル貼り、床はサーモフロアータイル貼りでリフォーム。総額は35万円となっています。

内訳

総額に含まれるものを細かく見ていくと、内訳は以下のようになります。

便器本体の価格

便器本体の価格の目安は以下のとおりです。

温水洗浄便座のみ(便器の上に乗せるタイプ):2~5万円

機能なしの便器:4~8万円

温水洗浄機能つき便器:3~15万円

自動開閉や自動洗浄機能のついた便器:7~20万円

タンクレストイレ:5~60万円

便器の交換費用

トイレの交換費用は2.5~3万円です。

古い便器の処分料は料金に含まれていますが、中には別途請求がある場合もありますので、リフォーム前に必ず確認しましょう。

また、便器の交換と同時に床材もリフォームする事例が多くなっています。

古いタイプの便器よりも新しい便器の方がコンパクトな傾向があるため床材と便器の間に隙間が空いてしまった場合や、床材に古い便器の跡がついてしまった場合には併せてリフォームした方が良いでしょう。

床のリフォーム費用は使用する床材によって異なります。

施工費用を含め、クッションフロアなら2~4万円、フローリングなら3~6万円、タイルなら3~5万円程度が相場です。

トイレの壁リフォームの相場は施工費用を含め4~5万円が相場です。

まとめ

トイレリフォームをどこに頼むかは費用や条件だけでなく、相談したときの印象や担当者とのコミュニケーションが円滑にとれるかといった点も重要視して決めましょう。トイレのリフォームを成功させるには、施工主であるあなたが自分の要望を伝えやすいことも大切なのです。

今回ご紹介した業者ごとの特徴や費用相場を参考にして、相性が良いと感じる業者を探してみてください。

トイレのリフォーム
カテゴリ一覧

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ