> リフォーム実践Q&A > 建物構造とリフォーム

壁はどこまで取り払えるの?

壁面を取り払っても構造上問題がないかどうかは、 マンションの場合と一戸建てによって異なりますし、それぞれの建築工法によっても異なります。

専門のリフォーム業者に下見をしてもらったうえで、 どこまでリフォームが可能かアドバイスを受けましょう。


マンションの壁は取り払っていいの?

マンションの場合、構造壁や梁はマンション全体の強度を維持する共用部分に区分されているために、 個別の事情で取り払うことはできません。
ただし室内の間仕切り壁は取り払っても強度に問題はありませんので、 例えば2部屋をワンルームにするなどのリフォームが可能です。

壁が構造壁なのか間仕切り壁なのかを確認した上でリフォーム計画を立てるようにしましょう。


マンションの壁は当然フラットなんですよね?

マンションは箱型ですから各部屋の壁面はフラット(均一でまっすぐ)と思いがちですが、 そうでない場合もあります。

例えばリビングルームに接して設けられた和室の構造壁はリビングルームより少し前に出ている (あるいは少し引っこんでいる)ことがあります。
間仕切り壁を取り払って和室を洋室に変え、リビングと一体化しようとしたら構造壁面が食い違っていて、見た目が悪いものになります。
そうするとリビングの壁もいじることになり想定外の費用も発生します。

しかしこうしたことは工事を進めているうちに発見されては後の祭りなので、 下見の時点で業者にしっかり見ておいてもらって、壁の段差を解消するアイデアもらっておきましょう。


一戸建ての壁は取り払えるの?

建築工法によって取り払える壁と取り払えない壁があります。
ここでは代表的な2つの工法でのケースをご紹介します。


在来工法(木造軸組工法)

在来工法と呼ばれる木造軸組工法で建築された住宅は、 強度を主として柱と梁で保っていますので、ある程度壁を取り払っても問題ないといわれています。


ツーバイフォー(2X4)工法

ツーバイフォー(2X4)工法で建築された家は、耐力壁と呼ばれる強度の高い壁と、 構造上高い強度の必要ない部分に使用される非耐力壁を組み合わせて建てられる方式ですが、 耐力壁については、強度を保つために開口部の大きさなどに制限が設けられていて、耐力壁は取り払うことができません。

また在来工法であっても、最近では耐震性を増すために壁や床に構造用合板などを施すケースが増えており、 在来工法だからといって壁は取り払っても構わないとは言えなくなっています。

どこまで壁を取り払ってリフォームが可能なのかは、 リフォーム業者や住宅メーカー、工務店でご確認ください。


ホームプロがあなたのリフォームをサポート

ホームプロは厳選されたリフォーム業者をご紹介するだけでなく、リフォーム完成まで、
お客さまに役立つサービスを提供いたします。もちろん無料です。

  • ホームプロの業者紹介サービスを申込まれた方には、
    リフォームの進め方やノウハウの詰まったメールをお届けしています。
  • リフォーム業者との商談でお悩みのことがあれば、会員専用ページから、専用相談員に
    メールで質問ができます。第三者の立場からアドバイスいたします。(リフォーム相談室)

ページの
先頭へ