> リフォーム実践Q&A > 業者選定・絞り込みのポイント

業者との商談に当たって、気をつけたいことは何ですか?

リフォームは施主と業者のコミュニケーションがなによりも重要です。
リフォームで起こるトラブルの原因はコミュニケーション・ミスによるものが多いのが事実です。
コミュニケーション・ミスをなくすには、

要望をきちんと整理して伝えること。
業者はプロとはいえ、リフォーム工事を勝手に推測してやってはくれません。 要望をきちんと伝えることで専門家の提案を引き出しやすくなります。
確認事項、打ち合わせ事項を書面に残す。
プランニングから施工まで何度も打ち合わせを重ねることになります。 その都度、図面や見積りが変わります。これらの書類をしっかり残しておけば、 工事の見落としなどを無くせます。
専門的なことは分からないことも多いので、必ず都度質問をする。
「わかったつもり」が後々「こんはずではなかった!」の遠因になります。 納得いくまでしっかり説明を受けましよう。

良いリフォーム業者を選ぶポイントは?

リフォーム会社選びの大切なポイントは、おおよそ次の3つになります。

  • 実績が豊富かどうか
  • 施工事例が好みに合うか
  • 担当者との相性が合うか

(1)については、ログイン後 > マイページ > ご覧になりたい加盟会社の「会社情報」の順にクリックすると、 ホームプロの加盟会社としての活動実績がご覧いただけます。
表彰を受けている会社はそれだけ他のお客さまからの評価が高いことをあらわしています。

(2)については、例えばキッチンリフォームを希望という場合には、ホームプロのシステムを介してキッチンのリフォーム事例を2,3送って欲しいということを依頼するか、 あるいは現地下見時に持参してほしいと依頼することをお勧めします。事例を見て好みに近い内容の会社が有力候補となります。
もちろん、ホームプロのマイページにも、各社の施工例が掲載されています。

(3)については、意外に大切なポイントです。担当者の対応や人柄が好みに合うかどうかは、リフォームの計画を気持ち良く、 納得のいくものに仕上げるために必要不可欠です。
こちらについても、メールのやり取りはもちろん、実際に打ち合わせをされた際の印象などを考慮して判断してください。


リフォーム箇所がたくさんある場合、
それぞれの専門業者に頼んだ方がいいのですか?

それぞれ一長一短がありますが、1社にまとめる方が窓口がひとつとなりますので工程が統合できますし、コスト面でもメリットが出る場合もあります。
またリフォーム後のアフターメンテナンスも1社であれば時間や手間の負担も少なくなります。


大手会社と地場の工務店、それぞれのメリット・デメリットは?

ハウスメーカーといった大手会社と、地場の工務店といった中小会社では一般的に以下のようなメリットとデメリットがあります。

大手のメリット:ブランド力、保証
大手のデメリット:価格が高い

中小のメリット:施工に融通が利く/大手に比べて安価
中小のデメリット:ブランド力がない、保証が心配

業者を選ぶ基準としては、大手か中小かといった基準だけでなく、ご自身に合った、納得のいく提案や価格、担当者の人柄などを総合的に比較検討して選ぶことをお勧めします。


ホームプロがあなたのリフォームをサポート

ホームプロは厳選されたリフォーム業者をご紹介するだけでなく、リフォーム完成まで、
お客さまに役立つサービスを提供いたします。もちろん無料です。

  • ホームプロの業者紹介サービスを申込まれた方には、
    リフォームの進め方やノウハウの詰まったメールをお届けしています。
  • リフォーム業者との商談でお悩みのことがあれば、会員専用ページから、専用相談員に
    メールで質問ができます。第三者の立場からアドバイスいたします。(リフォーム相談室)

ページの
先頭へ