1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 窓・サッシのリフォーム
  4. 窓の断熱リフォーム
  5. 自分でできる窓の寒さ対策と窓のリフォームの費用相場

自分でできる窓の寒さ対策と窓のリフォームの費用相場

  • 最終更新日:2020-06-20

自分でできる窓の寒さ対策と窓のリフォームの費用相場

寒さが厳しくなると気になるのが、部屋の寒さ対策。部屋が寒い、暖房をつければ暖かくなるが電気代が嵩むなど、お悩みの方も多いかもしれません。そんな方におすすめのなのが、窓のリフォームやDIYなどで行う窓の寒さ対策。実は防寒対策をしていない窓からは、部屋の暖かな空気が半分以上逃げてしまうのです。では窓の防寒対策はどのようにすればよいのでしょうか?今回は、自分で実践できる窓の寒さ対策からプロも行う窓のリフォーム方法や費用相場、実際のリフォーム事例についてご紹介します。

窓の寒さ対策が重要な理由

寒くなると部屋が冷える原因は、外の冷気が窓や壁、床下などを冷やすためです。特に注意したいのは窓。窓は直接外気に触れるので冷えやすいのはもちろん、暖房などで温めた空気を流出させてしまう一番の原因となっています。また、築年数の長い住宅の場合、窓のサッシの隙間が広がり、すきま風が入り込んでしまうケースも。

そのため、部屋の寒さを解消するには、まず窓を見直すことがとても重要なのです。特に重視したいのは、窓の「断熱性」と「気密性」を高めること。サッシの隙間を埋めたり二重窓にしたりすることで、窓からの冷気の流入や暖かい空気の流出を防ぐことが可能です。

すぐできる!窓の寒さ対策グッズ9選

まずはご自身でも手軽にできる窓の寒さ対策グッズをご紹介します。自宅にあるものを利用した簡単な対策や、100均やホームセンターで手に入るものを利用した対策まで方法は様々。窓の寒さ対策を選ぶ際の参考にしてみてください。

1:窓にプチプチ(緩衝材)を貼る

梱包資材としても使われるプチプチ。窓にプチプチを貼ることで、窓と室内に空気の層ができるため、外の冷気を伝えず、室内の暖かい空気を外に逃しません。プチプチが自宅にあれば費用は無料ですし、購入しても安価です。コストをかけずに誰でも手軽に行うことができます。

プチプチは、窓のガラス部分だけでなく、窓枠全体を覆うように貼り付けるのがおすすめ。窓全体をカバーすることで、断熱性、気密性がより向上します。

2:窓に断熱シートを貼る

防寒対策の定番アイテムともいえる断熱シート。窓に貼るだけで部屋に伝わる冷気をシャットアウトし、部屋の断熱性を向上させます。断熱シートの中でも特におすすめなのが窓用に開発されたプチプチタイプのもの。通常のプチプチよりも空気の層が厚く設計されているので、断熱効果も高いのが特徴です。水で簡単に貼り付けることができるのも魅力です。

3:プラダンを立てかける

プラダンとはプラスチック製の段ボールのことで、保管容器や通い箱、引越しの際の養生シートとして活用されているものです。プラダンは中に空洞があります。そのため、窓に貼り付けたり、立てかけたりすることで窓と室内に空気の層を作り、部屋の断熱性を高めてくれます。ホームセンターなどで入手できる手軽さと、軽量ながら耐久性のある点が魅力です。

4:窓際に厚手のボードを立てる

建物の断熱材として使われているスタイロフォーム(発砲プラスチック)などの厚手のボード。これを窓に立てかけるだけでボードが冷気の侵入をしっかり防ぎ、部屋を温かく保ちます。

スタイロフォームはカッターなどで簡単にカットすることが可能。窓の大きさに合わせてカットし、隙間を作らないように並べるのがポイントです。

5:厚手のカーテンを掛ける

カーテンはうまく活用することで寒さ対策に効果を発揮します。

カーテンをつけているのに窓際が寒いという場合は、カーテンを今より厚手のものに取り替えることがおすすめです。

6:断熱カーテンを設置する

カーテンと窓の間に取り付ける断熱カーテン。通常のカーテンを取り付ける要領で手軽に取り付けられ、窓からの冷気をしっかりカットしてくれる人気のアイテムです。

冷たい空気は足元から入ってくるため、カーテンを取り付ける際は裾を10〜15cm程度床にたらし、隙間を作らないことがポイント。日差しもカットしてくれるので、寒さ対策だけでなく、夏場のエアコン使用時にも効果を発揮します。

7:隙間ガードシールを貼る

すきま風が気になる時におすすめなのが、隙間ガードシール。サッシと窓枠の間にテープを貼るだけで簡単にすきま風の侵入を防いでくれます。ホームセンターだけでなく、100均でも手に入るコスパの良さも魅力です。

8:カーテンの隙間を埋める

丈や幅の短いカーテンは隙間から冷気が入り込み部屋を冷やしてしまいます。そのようなカーテンを使用している場合は、窓全体を覆うことができるカーテンや、床につくくらいの長さのカーテンへの掛け替えがおすすめ。

カーテンをすぐに掛け替えることが難しい場合は、プチプチなどを隙間を塞ぐように取り付けるだけでも断熱性はアップします。

9:DIYで簡易的な内窓を付ける

内窓はプラスチックを活用したり、ホームセンターなどに置かれている内窓作成キットなどを利用し、自作することが可能です。100均のフォトフレームをつなげて、格子風の内窓を手作りする方法もあります。

部屋の雰囲気や好みに合ったデザインに仕上げることができるのもDIYの魅力。費用を抑えながら高い断熱効果が期待できるので、DIYが得意な人には特におすすめです。

窓+αの寒さ対策!

窓だけでなく、床やドアからも冷気の侵入や暖気の流出は起こっています。窓の寒さ対策と同様、床やドアの対策も手軽にできる方法が多いので、こちらも併せて行うとより効果的です。

ドアの隙間に隙間テープ

玄関ドアや室内のドアもしっかりと防寒対策をしたいポイント。特にドア下の隙間には注意が必要です。ドア下に隙間があると、冷たいすきま風が入り込み、部屋を冷やす原因となります。隙間がある場合は、窓同様、隙間テープなどで隙間を埋め、冷気をシャットアウトすることが大切です。

アルミシート・コルクボードで足元の冷感対策

アルミシートやコルクボードは床の寒さ対策の定番人気アイテムです。キャンプなどで防寒に使われるアルミシートや、厚みのあるコルクボードを床に敷くことで、床下からの冷気を抑えることができます。

単体でも効果はありますが、最もおすすめしたいのはカーペットやラグとの併用です。カーペットやラグの下にアルミシート、コルクボードを敷くことで断熱効果はグンとアップします。

暖房器具の置き場所

ストーブなどの暖房機器は窓下に窓に背向けた状態で設置するのがおすすめです。窓下にたまった冷気が暖房機器によって温められることで、温かい空気が部屋全体に循環します。上記で紹介した窓の寒さ対策と併せて行うと、より効率的に部屋を温めることができます。

窓の寒さ対策リフォームの方法

本格的な窓の寒さ対策を検討している場合は、プロによる窓のリフォームがおすすめです。リフォームを行うことで、寒さ対策はもちろん、結露防止や騒音対策、防犯、省エネなどにも効果があります。

ここからは窓のリフォームについて、代表的な方法を3つご紹介します。

内窓の設置

内窓は二重窓とも呼ばれてるもので、既存の窓に追加する形で新たな窓を設置する方法のことです。窓を二重にすることで、窓と窓の間に空気の層ができて、部屋の気密性や断熱性が高まります。

内窓は主に寒冷地で採用されていましたが、寒さ対策だけでなく、防音や防犯対策にも優れていることから現在では全国各地で取り入れられています。

外窓の設置

古い窓をサッシごと取り外し、断熱性の高い窓へと交換するリフォーム方法です。既設の窓枠を生かし、新しい窓を取り付ける工法で、壁を壊すことなく比較的簡単に行うことができます。窓をすっきりと保ちつつ、寒さ対策もしっかり行いたいという方におすすめです。

断熱ガラスに変える

既設の窓のサッシを残しつつ、窓ガラスのみを取り替えるリフォーム方法です。窓ガラスを断熱性の高い複層ガラスやペアガラスに変えることで外からの冷気をシャットアウト。内窓のように見た目が変わることもないので、室内の雰囲気やデザインを変えずに寒さ対策を行いたいという方におすすめです。

窓の寒さ対策リフォーム費用相場と日数

上記で紹介した窓の寒さ対策にかかるリフォーム費用の相場と工事にかかる時間の目安をご紹介します。どの方法も窓の大きさによって費用や日数は変わってきますので、詳しい費用や工期については専門のリフォーム会社や工務店にお問い合わせください。

内窓を設置するリフォーム

内窓設置にかかる費用相場と工事にかかる時間の目安は下記の通りです。

  • ・費用相場:7万円〜
  • ・工事時間:1時間程度

外窓を設置するリフォーム

外窓設置(交換)にかかる費用相場と工事にかかる時間の目安は下記の通りです。

  • ・費用相場:5万円〜
  • ・工事時間:数時間〜2時間程度

断熱ガラスに変えるリフォーム

断熱ガラスへの取り替えにかかる費用相場と工事にかかる時間の目安は下記の通りです。

  • ・費用相場:5万円〜
  • ・工事時間:最短30分程度

窓の寒さ対策のリフォーム事例

ここからは実際に窓の寒さ対策リフォームを行った事例をみていきましょう。

1:内窓の設置で窓の断熱性能アップ

和室の窓が開けづらく不便という悩みを解決するため、リフォームを決意。まずは、壁を作り替えることで歪みを無くし、窓の開けづらさを解消しました。相談の中で夏の日差しや冬の寒さも気になるとのことだったので、断熱性能をアップさせるため内窓を設置。障子風の内窓にすることで、和室の雰囲気に合うよう仕上げました。

事例の詳細:「窓の開けづらい」を解消!さらに断熱性能もUP!

2:内窓の設置で断熱・遮音効果も

築30年超の戸建て住宅。すでに1階部分の窓には内窓を設置していましたが、遮音性、断熱性を高めるため、他の窓にも内窓設置を行いました。内窓にはLIXIL社のインプラスを採用。落ち着いたカラーの樹脂枠とスッキリしたデザインの機能的な窓に仕上がりました。

事例の詳細:内窓設置

3:ペアガラス仕様の内窓で寒さ対策

線路からの騒音、ペットの鳴き声などの音を軽減するため窓のリフォームを実施。マンションのため、既設の窓を壊さず防音効果を高めることができるペアガラス仕様の内窓を取り付けました。既設窓と併せて3重ガラスとなったため、防音はもちろん、断熱性も向上。冷暖房効率もアップし、ペットにも優しい環境を実現しました。

事例の詳細:断熱・防音効果の高い内窓設置

4:断熱性の高い外窓で結露対策もバッチリ

近隣に新幹線の線路があり、新幹線が通るたびに騒音に悩まされていました。また、キッチンの窓は結露ができやすく、冬場は寒いのも悩みの種でした。防音、結露の2つの悩みを解決するため、既存の窓をペアガラス仕様の樹脂窓へ交換しました。ペアガラスのおかげで騒音も軽減。断熱性の高い樹脂窓を取り付けたことで、寒さや結露の悩みからも解放されました。

事例の詳細:断熱窓は防音もしっかり!

5:窓交換でスキマ風が解消

枠の水平が傾き、鍵を閉めてもすきま風が吹き込む築40年の戸建住宅。すきま風解消のために外窓の交換を行いました。交換した窓は、断熱性の高いアルミ樹脂複合窓とLow-E複層ガラス。すっきりと綺麗にリフォームされ、毎日使う窓が快適な窓に生まれ変わりました。

事例の詳細:築40年の窓のすき間風も窓交換で解消(神戸市垂水区・K様邸)

6:内窓と高断熱ガラスで省エネ効果も

リビングに設置された大きな窓。大きな窓は熱ロスが大きく、冷暖房の効率が悪いのが悩みでした。そこで、この大きな窓に内窓を設置。高断熱ガラスを採用し、寒さや暑さの問題だけでなく、結露やカビなどの問題も解消しました。断熱性、機密性が高まったことで、節電、省エネにも繋がり、エコで健康的な生活を実現しました。

事例の詳細:断熱性能をアップして省エネ・エコライフ!

7:内窓で日中も暖かい部屋にリフォーム

寒い時期になると日中でも部屋が冷えるのが悩みでした。そこで設置したのが内窓。内窓を設置することで、断熱性、気密性を高め、暖かい部屋を実現しました。

事例の詳細:内窓設置で寒いお部屋の悩みを解消

窓の寒さ対策リフォームはプロにお任せ!

窓の寒さ対策について、自分で手軽に実践できるものから、プロのリフォーム会社にお任せするものまで、様々な方法をご紹介してきました。

窓のリフォームは寒さ対策はもちろん、防音、防犯、結露対策など、副次的な効果も期待できます。また、気密性、断熱性が向上し、冷暖房効率もアップするので、省エネにも効果的。

窓の寒さが気になる住宅、特に築年数の経っている住宅では、思い切って窓のリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

このページのポイント

窓の寒さ対策リフォームの方法とは?
代表的な方法として、内窓(二重窓)を設置する、外窓を設置する、断熱ガラスに変える方法があります。
(詳しくはこちら
窓の寒さ対策リフォーム費用と日数はどれくらい?
内窓を設置する場合は費用が7万円~で、工事時間は1時間程度。外窓を設置するリフォームでは費用がが5万円~で、工事時間が数時間〜2時間程度。断熱ガラスに変えるリフォームでは費用が5万円~で、工事時間は最短で30分程度が目安です。
(詳しくはこちら
すぐにできる窓の寒さ対策とは?
窓に断熱シートを貼る、厚手のカーテンを掛ける、隙間ガードシールを貼る、カーテンの隙間を埋めるなど窓の隙間を埋めたり自宅にあるものや手に入りやすいもので、簡単に断熱対策ができます。
(詳しくはこちら

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ