1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 中古住宅のリノベーション
  4. 基本を知る
  5. マンションもリノベーション!おすすめ間取りと変更の可能性について

マンションもリノベーション!おすすめ間取りと変更の可能性について

  • 最終更新日:2019-03-01

マンションもリノベーション!おすすめ間取りと変更の可能性について

既存の家を大幅に変えるリノベーションは、一から自分たちに合わせた家づくりができます。新築のマンションよりも中古マンションを購入してリノベーションすれば、コストが抑えられることもあります。マンションリノベーションのメリットやおすすめのリノベーションポイント、広さごとの事例をご紹介します。

可能性が広がるマンションのリノベーション

「マンションは大幅なリノベーションができない」と思われがちですが、実は間取りからリノベーションすることも可能です。まずは、マンションリノベーションの可能性やメリット、注意点についてご紹介します。

間取りも変えたいならスケルトンリノベーションがおすすめ

「家の中を思い切り変えたい!」という時は、スケルトンリノベーションがおすすめです。骨組み以外の既存の壁や建具などの内装を取り払い、一から自分たちに合わせて家づくりができます。

柱と梁の接合部が変形しない「ラーメン構造」のマンションなら、キッチンやお風呂場、トイレといった水回りの移動もできます。

中古マンションを購入して、フルリノベーションしたいと考えている人は、構造も意識して物件を探してみましょう。

新築よりも低価格で理想の間取りにできる

新築物件は新品であるというだけで価値があるので、当然中古物件より価格は高いです。ただ、間取りや内装はすでに決まっています。

中古マンションなら安く購入できますし、自分たちに合わせて間取りからリノベーションできるのは大きなメリットですね。

マンションリノベーションは制約を要チェック

マンションや団地の場合、戸建てと違い以下のような制約を設けているケースがあります。

    • ・ベランダなどの共有部分はリノベーションできない
    • ・配管や電線は動かせない
    • ・大幅な間取り変更や水回りの移動はNG

上記の制約は、マンションによって大きく違います。マンションや団地特有の「専有部分」や「共用部分」の線引きも、マンションによって若干異なりますので注意が必要です。

リノベーションを行う前に、必ず管理規約を読んだり管理会社に問い合わせたりして、希望のプランでリノベーションできるか確認しましょう。

間取りのプランニング

理想の間取りは家族によって違います。まずは自分たちの「理想の間取り」を具体的に考えることで、最適なプランニングが実現します。

理想の暮らしをイメージして間取りや部屋数を考える

暮らしやすい家は、家族によって違います。もちろんリノベーション会社も提案してくれますが、自分たちの生活習慣や暮らし方の希望は、まず自分たちでイメージを具体化するのがベストです。

また家族構成によって、最適な部屋数や部屋の並びも違います。

まずは家族で「どんな暮らしがしたいか?」と話し合い、イメージをふくらませましょう。

部屋の並びや導線について考える

家をリノベーションして間取りから変えるなら、動線についてしっかり考えなくてはいけません。

    • ・朝起きてすぐに顔を洗うから、寝室から洗面所までスムーズに行きたい
    • ・キッチンと洗面所を横並びにして、料理をしながら洗濯もしたい

など、家族の生活パターンに沿った動線を考えると、リノベーション後の生活がぐっと効率的になります。

自分たちにとって最適な動線がわからない時は、「ブロックプラン」を書いて考えてみましょう。ブロックプランとは、トイレやキッチンなどエリアごとに紙に書き、間取りを検討する方法です。

間取りなどは気にせず、一度大雑把に書いてみましょう。そこから、家族それぞれが自分の行動をイメージして、スムーズに移動できるか考えていきます。

希望の間取りをプロにぶつけてみよう

理想の家のイメージがある程度できたら、そのプランをリノベーション会社に相談します。実現できるかどうかはプロが判断するので、自分たちで悩む必要はありません。

もし希望の間取りでリノベーションできない場合は、リノベーション会社が依頼主の意向を汲んだ提案をしてくれるでしょう。

おすすめの間取り変更

マンションをリノベーションするときにおすすめの間取りのポイントについて、リビング・キッチン・収納の観点からご紹介します。

リビングを広げて家族が集まる家にする

家のリノベーションで間取りを変更するなら、まずはリビング空間を広げるのがおすすめです。家族全員が集まっても窮屈にならない広さのリビングなら、食事以外でも一緒にテレビを見たり談笑したりできます。

リビングの隣に使わない和室があれば、和室を取り壊してリビングにするリノベーションケースが多いです。

「和室はそのままで、リビングも広くしたい」という時は、子供部屋を小さくして、その分リビングのスペースを広げるのがおすすめです。

最近は子供部屋に勉強机を置かず、リビングで勉強させる家庭が増えています。リビングで勉強すれば、子供部屋のスペースが小さくても問題ないでしょう。親も家事をしながら宿題や勉強を見ることができるので効率的ですね。

機能的なキッチンで料理がはかどる

キッチンが使いにくいと悩む家は多く、リノベーションでも優先度の高いスペースです。キッチンは毎日使う場所ですから、清潔で明るくしたいですよね。

昔ながらのキッチンは壁付けタイプや独立タイプが多く、家事をしながら家族と会話しにくいケースが多くあります。子供が小さいときは、リビングの様子が見れないのも不便でしょう。

最近人気なのは対面型のキッチンで、リビングにいる家族とコミュニケーションが取れるようにリノベーションするケースが多いです。

また、キッチンは調理器具やお皿・保存食など収納するものがたくさん。「キッチンに物があふれて収拾がつかない」という家も多いもの。

キッチンにあふれた物を収納するなら、「パントリー」の設置がおすすめ。半畳程度の小さいスペースでも問題ありません。

キッチンに収納するものは、ストックや缶詰など小さいものが多くなりがち。そのため奥行きの浅いパントリーのほうが、隅々まで見渡せて管理しやすくなりますよ。

小上がりの畳

リビングに小上がりの畳をつくるのも人気がありおすすめです。

床面に一段高い場所に作ることで、椅子のように腰掛けられますし、小上がりの部分は収納スペースも兼ねられて機能的です。

また空間が立体的に見えますので、イメージチェンジするときに小上がりの畳をリノベーションするケースもあります。

シューズクローク

「家族が多く、いつも玄関に靴が散乱している」という家なら、シューズクロークがおすすめです。

玄関に設置すればすぐ靴をしまえるので、すっきりした玄関をキープできますよ。

専有面積でみる間取り事例

家の専有面積の広さは家によって違うもの。専有面積ごとにリノベーションの事例をご紹介しますので、ぜひご自分の家に近い広さの事例を参考にしてください。

50平米未満

~ヒトとヒトが魅せる部屋づくり~

50平米未満のコンパクトな家をリノベーションした事例です。人が集まる空間にしたいというお客様の希望で、スケルトンリノベーションで大きく家が生まれ変わりました。

特にこだわったのはキッチンとリビング部分で、人が集まれるようにカウンターキッチンにリノベーションしています。家の立地がもともと良いため、風通しのいい明るい家に生まれ変わりました。

50~70平米

築39年、細かく仕切られた3LDKを書斎スペース付のワイドな1LDKに

築39年3LDKであったマンション物件を大幅に間取り変更して、大きな1LDKにリノベーションした事例です。鍼灸師である奥様の施術室が設置でき、お客様は家族のスペースを通らずにお手洗いに行けるよう間取りがリノベーションされています。

古い配管の劣化による水漏れの不安がありましたが、リノベーションにより配管も一新。水回りの位置を変え、朝起きてすぐ顔を洗いに行けるよう動線もスムーズになりました。

70~100平米

豊富な造作収納ですっきり! 断熱、遮音も抜群のシンプル空間

お子さんの独立やご主人の単身赴任終了をきっかけに、リノベーションを検討したのがこちらの事例。ファミリータイプの4LDKであったマンションを、広々とした2LDKにリノベーションしています。

リノベーション前は物置状態になっていた和室やキッチンも、大きな造作収納を設置したことですっきりと暮らしやすくなっています。

100平米以上の広いマンション

マンションテナントをクリニックにリノベーション

広いマンションテナントを、クリニックリノベーションした事例です。お子様から高齢の方まで安心して利用できるよう、シンプルながら温かみのある空間を意識しています。

トイレは患者様用とスタッフ用で分け、治療ユニット・スタッフルームへのリノベーションなどクリニック仕様の間取りにリノベーションされています。

まとめ

リノベーションのポイントや、家の広さ別にリノベーションの事例を紹介しました。家族構成が変わったり物が増えたりと、時が経つにつれて理想の家は変わってきます。

間取りから手を入れるリノベーションなら、収納や断熱など、過ごしにくいと感じるポイントをすっきり解決できるでしょう。

家族みんなが快適に過ごすために、リノベーションで快適な家づくりをしてみませんか?

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ