ホームプロ  > リフォーム成功ノウハウ > 住まいのリフォーム豆知識100選 > 日本の屋根の代表格、「屋根瓦」

住まいのリフォーム豆知識100選
気になるキーワードをクリックしてリフォーム豆知識をチェック!
住まいのリフォーム豆知識100選 TOPへ戻る

キーワード:「屋根瓦」

日本の屋根の代表格、「屋根瓦」

瓦はエコロジーな屋根材

住まいの外観に大きな影響を与えるのが屋根材です。近年はスレート系や金属系など種類も増えていますが、日本の屋根といえば「瓦」と答える人が多いのではないでしょうか。屋根瓦の歴史は古く、588年に建立された日本最古の本格寺院である飛鳥寺の屋根が瓦で葺かれたのが最初といわれています。そしてなんと、その1400年前の瓦が現在も使用されているのですから驚きです。「手入れ年々、瓦万年」という言葉があるように耐久性に優れ、他の屋根材のおよそ2倍、40年~50年も持つほどです。
また、瓦は高温多湿の日本の気候風土に合ったすばらしい屋根材です。瓦の重なりの部分にできる空気の層が熱を遮断し、通気性も高めます。夏は涼しく冬は暖かく。冷暖房費も節約できるエコロジーな屋根材というわけです。リフォームの際は、葺き替えの費用だけでなく、後々のメンテナンス費や光熱費も計算して屋根材を選択するのが賢い方法といえるでしょう。

 

「築20年」が点検の目安

瓦そのものの耐久性は高くても、20年も経てば建物のあちこちが古くなり傷んできます。屋根に関していえば、野地板(のじいた)と呼ばれる部分、つまり、屋根に打ち付けてある板の老朽化が問題です。瓦がズレていたり、軒先のラインがゆがんでいる場合、この野地板が腐っていることも考えられます。点検中に踏み抜いて転落する事故もありますので、決して自分で屋根に上がらず専門の業者に相談しましょう。

 

洋風住宅に合うデザインも

近年は瓦のデザインも多彩になり、洋風住宅やモダン建築を引き立てる屋根材としても人気が高まっています。カラーも豊富で「ヨーロッパ風のオレンジ色がいいな」といった声にも応えてくれます。古い板金トタン屋根の上から洋風瓦を施工するリフォームも増えてきているなど瓦のよさがあらためて注目されています。まずは、専門のプロに相談することから。ホームプロをぜひご活用ください。

 

「屋根瓦」に関するリフォーム事例

広島県 / 144万円
屋根

屋根瓦は台風・地震・積雪に強い、天然石とガルバリウム鋼板のハイブリット屋根材セネターで施工しました。(続きを読む)

愛知県 / 229万円
外壁

今回外装リフォームに採用いただいた外壁は金属サイディング「はる一番」。既存の外壁に下地を取付、そのまま施工が可能な金属…(続きを読む)


 

用語解説

屋根瓦

日本建築で多く使用される、屋根材。一般的に、本瓦のものや桟瓦のもの等の一定の形をした粘土瓦のことであるという認識が多いが、スタイル・用途・焼成法・色・等級・産地など様々な分類法があり、分類すると1000を越えるほどの種類がある。

 

ま・や・ら行 他


ページの
先頭へ