1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. なんでも事典 リフォーム編
  4. 水まわり
  5. 【水まわり_15】浴室の広さ

【水まわり_15】浴室の広さ

  • 最終更新日:2021-03-08

【水まわり_15】浴室の広さ

キッチン、トイレ、お風呂、洗面といった水まわりは、使用頻度が高く生活に密着している分、古さや汚れなどが気になりだすとモチベーションも下がっていきます。

一方、リフォームをした場合には、そのよさをとくに実感できる箇所でもあります。

設備の選び方やレイアウトのコツなど、水まわりリフォームのポイントを解説します。

浴室の広さはどのくらい必要でしょうか。

のびのびくつろぎたいのなら最低1坪ぐらい(洗い場、1200×1000mm)は確保したいものです。

お風呂や洗面室・トイレといった水回り空間は傷みやすく、10~15年ぐらいになると設備機器の取り替えやリフォームが必要になってきます。

また、すべって転んだり、冬場は居間や寝室との室温差が原因でお年寄りが倒れたりと、家庭内事故の多いところでもあります。

■最低限必要な浴室の広さ
これまでの標準サイズは0.75坪ぐらいですが、のびのびくつろぎたいのなら最低1坪ぐらいは確保したいものです。
住宅の中でのリフレッシュ空間としての役割が見直されつつある今、1.25坪を超える大きな浴室を設けているご家庭もあります。

■最低限欲しい洗い場の広さ
洗い場での人の動作には最低限必要なサイズがあります。
身体を洗うとひじが壁に当ったり、かけ湯が浴槽に入ったりするようでは、洗い場の面積としては不充分です。

さまざまな面から不都合のない洗い場の大きさは、1200×1000mm。
スペースが許すなら、最低限これだけの大きさは確保したいものです。





リフォームなんでも事典:リフォーム編 一覧

<設計・工事・構造 >

<業者の選び方>

<契約・規約>

<家族構成の変化>

<高齢者のために>

<健康と快適のために>

<水まわり>
キッチン・バス・トイレの2階への設置
LDKのリフォーム
キッチンのレイアウトのコツ
キッチンのレイアウトの種類
キッチンの換気
システムキッチンの選び方
キッチンの適切な寸法
キッチンの天板の材質
キッチン扉の材質
オーブン・レンジ・グリルの選び方
システムキッチンのビルトイン機器
ビルトインコンロの取り替え
ビルトインタイプの食器洗い乾燥機の取り付け
浴室を広く見せる方法
浴室の広さ
浴槽の選び方
システムバスと従来の浴室の違い
洗面室のプランニングのコツ
トイレのプランニングのコツ
給湯器の種類
浴室の設備
システム洗面化粧台
トイレの設備
気泡風呂の効果

<内装・インテリア>

<外装・エクステリア>

<諸設備>

<法律・トラブル>

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

90万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ