比べて、選べる。利用者数No.1 のリフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」

  1. 塗り替えて2年で塗装がはがれてきました

塗り替えて2年で塗装がはがれてきました

  • ツイート
  • シェア

塗り替えて2年で塗装がはがれてきました

ホームプロに寄せられた「外壁」に関するリフォーム相談の中から、『塗り替えて2年で塗装がはがれてきました』の質問と回答をご紹介します。

建築後10年、8年目で塗り替えました。しかし2年ではがれてきている部分があります。特に西側がひどく南側も一部あります。前回の塗装時も業者に塗料を選定してもらったのですがあまり良くありません。
外壁は木のチップが混ざったコンクリート系のラップサイディングです。
前回は吹きつけで行っています。塗料の種類、塗装方法等でアドバイスがあれば教えていただきたいのですが。
塗装が2年ではがれてきたとありますが、考えられるのは、一番最初の塗装がサイディングとの付着力のない状態で、塗装されたのではないかということです。
このケースですと、はがれた箇所を見ればサイディングの素地が見えると思います。次に考えられるのは、はがれた箇所に、前回の塗装が見られる場合です。これは、2回目の塗装施工時に下地処理が悪いか何かで、前回の塗装と後から塗装をされたものとの付着力が低い部分でハクリしているものと思われます。

通常サイディングのメーカーでは塗装は推奨品を指示しています。施工されているメーカーにお問い合わせ下さい。

また、塗装の付着力が低下しているとその上に、いくら高級な塗装材料を施工しても直ぐにはがれることになります。その場合は、付着力の低下している部分を全て、取り払い、サイディングに直接塗装をすることが必要です。

施工されているサイディングメーカーに問い合わせください。また、前回と前々回の塗料メーカーが分かれば、塗料メーカーにもお問い合わせください。

外壁

※法律問題や税務問題は、事実関係の違いによって結論が異なる場合があります。また、同一の事実関係であっても異なった結論が出る場合も多くあります。「リフォーム相談室Q&A集」で示しております回答は一般的な回答にとどまるものであり、具体的な問題についての責任ある回答を示すものではないことにご注意ください。具体的な事案につきましては、必ず弁護士や税理士などの専門家に相談されることをお勧めいたします。
  • ツイート
  • シェア

「わが家のリフォーム、いくらかかる?」
複数社からの見積もりを比べれば、適正価格が分かる!

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄

広告

ページの
先頭へ