1. 一戸建てのフローリング・床リフォーム費用・相場

フローリング・床リフォームの費用と相場

※該当する工事を含むリフォーム事例より算出しています

目安価格帯
中心価格帯
※一戸建てのフローリング・床リフォーム事例中

戸建住宅のフローリング・床リフォーム事例の価格分布

グラフをクリックすると、各価格帯の事例が表示されます。※ホームプロの事例データを元に集計

の価格帯が選択されています。

こちらの価格帯の対応が可能なリフォーム会社をご紹介いたします。

リフォーム会社紹介を申込む

フローリング・床(一戸建て)リフォームの種類と参考価格

リフォーム CASE-1
工事の種類 参考価格
①畳をフローリングにする 15万円~25万円
②複合フローリングを無垢のフローリングにする 94万円~108万円
③床に断熱材を入れる 117万円~153万円
④電気式床暖房を敷設する 88万円~94万円
⑤温水式床暖房を敷設する 120万円~126万円

①畳をフローリングにする

畳をフロアーに、押し入をクローゼットにリフォーム!
和室を洋室に変更するのではなく、床だけ畳からフローリングに変更したい場合は費用はかなり抑えられます。工事をする平米数にもよりますが、15万~25万円ほどで施工が可能です。また、和室全体を洋室に変更するよりも早く工事が終わり、2日程度で工事が完了することがほとんどです。
手軽に出来る畳からフローリングへの変更ですが、デメリットもあります。畳の厚さが一般的に55~60ミリに対して、フローリングは12ミリ厚が多いです。畳は表面が柔らかいですが、フローリングは比較すると硬いため、階下に響く音が大きくなる可能性があります。
そのため、2階にある和室を畳から床に張替え、子供部屋に変更すると、遊んでいると思いの外、1階まで音が響くという自体になる場合があります。 一方で、フローリングにすることで、掃除がしやすくなった、メンテナンスが楽になるなどのメリットもあります。
メリット
  • フローリングは畳よりも掃除が簡単にできる
  • フローリングは畳と比較してメンテナンスの手間がかからない
  • 畳からフローリングに変更するだけの場合、一室すべてを洋室にリフォームするより費用が安くなる
  • 工期が短く、生活への影響が出にくい
デメリット
  • 和室で、畳をフローリングに変更のみのリフォームの場合、既存の壁や天井によっては違和感が残ることもある
  • リフォームのために家具の移動をしなくてはならない。そのための費用が別途掛かる場合も

②複合フローリングを無垢のフローリングにする

自然素材の床とオープンキッチンで開放的なLDKに。
フローリングには主に2種類、複数の合板と化粧板を張り合わせて1枚の板にする複合フローリングと、天然木から切り出した一枚板の無垢フローリングがあります。
無垢材は複合フローリングと比較した際に、木目や色ムラなどが自然に出ているため、通常よりも個性的に見えます。さらに経年変化で色味や艶などが変化していき、その時々で違う表情を見せてくれる楽しみもあります。また、保温性や断熱性も高く、調湿効果も備わっているため、室内空間を快適にしてくれる効果もあります。
メリット
  • 調湿作用が優れているため、室内を快適に保つ助けをする
  • 夏のべとつき、冬のひやっとした感じが軽減でき、肌触りがよい
  • 年月を経るごとに風合いが増す
  • 木そのものの風合いを楽しめる
デメリット
  • 複合フローリングに比べ、管理に手間がかかる
  • 複合フローリングに比べ、費用が高い
  • 樹種によっては傷がつきやすい
  • 隙間や反りが生じやすく、床鳴りすることもある

②床に断熱材を入れる

「断熱リフォーム」木のぬくもりを感じる空間
床に断熱材を入れることで、冬の底冷えする寒さを防ぐ事ができます。断熱材は種類がいくつかあり、使う種類や量で値段も変動します。一般的に広く普及しているのはグラスウールの断熱材です。こちらは水分に弱く、湿気などを含んでしまうと変形し、隙間が空いてしまうリスクがあります。その隙間のせいで断熱性能が失われてしまいますが、施工の際はグラスウールの周りを袋などでコーティングし、水分を含まないようにするため、施工後、時間の経過とともに断熱性能が落ちてしまうということは滅多にありません。最高級のセルロースファイバーになると、断熱だけではなく、湿気まで吸い取ってくれ、快適な室内空間を実現できます。これは、セルロースファイバーが新聞紙をリサイクルして作られているからです。そのため地球環境にも優しいのが特徴となります。
メリット
  • 冷暖房効率があがる
  • ヒートショックのリスクが下がる
デメリット
  • 断熱材の貼り方が悪いと隙間ができ、思ったよりも断熱できない

④電気式床暖房を敷設する

自然光とLEDが生み出す寛ぎの時間
電気式床暖房は「蓄熱式床暖房」「PTCヒーター式床暖房」「電熱線ヒーター式床暖房」があります。「蓄熱式床暖房」は初期費用は高いですが、深夜電力で蓄熱材を温めるのでランニングコストは割安となります。一方で「電熱線ヒーター式床暖房」は初期費用は安いのですが蓄熱などはできず、その時間帯の電気料金で私用することになるので、ランニングコストは高くなります。上記のように選ぶ電気式床暖房で大きく料金形態が変わるのが特徴となります。また、温水式床暖房と比較すると、「蓄熱式床暖房」以外は足元しか温まらず室温が上がりにくい特徴がありますが、立ち上がりは早く、すぐに暖かくなる特徴があります。気になるメンテナンスですが、一度設置すると原則ほとんど修理の必要がないのも大きな特徴ではないでしょうか。
メリット
  • 初期費用が温水式に比べて安い
  • 狭い範囲を効率よく暖めるのに向いている
デメリット
  • 温水式に比べ暖まるまでに時間がかかる
  • ランニングコストが高め
  • 低温やけどに注意する必要がある

⑤温水式床暖房を敷設する

セカンドライフを安心安全に送る家
温水式床暖房は「温水式電気床暖房」「温水式ガス床暖房」があります。「温水式電気床暖房」を導入するにあたり注意したいのが、立ち上がり時間が電気式床暖房と比較すると非常に遅いことが挙げられます。すぐに温まらないため、どうしてもエアコンと併用して使うなどの工夫が必要になります。また、ガスか電気で温水を作るかにより、ランニングコストが変わるのが特徴です。ガス式を利用すると基本的には電気よりも高くなる可能性が高いです。電気式も電気料金のプランによっては、昼間に使うと割高になってしまうため、日中によく使う方は床暖房の種類、もしくは電気料金のプランを考える必要も出てきます。電気式にない特徴としては輻射熱(ふくしゃねつ)で部屋を温めるため、部屋全体が暖かくなります。そのため、導入後は床暖房以外の使っていないというご家庭もあるようです。
メリット
  • 電気式に比べてランニングコストが低い
  • 部屋が暖まるまでに時間がかからない
  • 広い空間でも全体を暖めることができる
デメリット
  • 電気式に比べて初期費用が高い
  • 定期的なメンテナンスが必要なことが多い

一戸建てのフローリング・床 リフォームのポイント

  1. フローリングの張り替えには「既存のフローリングを剥がして下地の上に新たなフローリング材を張り替える方法」「フローリングだけでなく、下地材や土台から新しく替える方法」「既存のフローリングの上に薄いフローリングを重ねて張る方法」があります。
  2. フローリングの張り替えでぱっと頭に浮かぶのは、既存のフローリングを剥がして、新しいフローリング材に張り替える方法ですが、費用を抑えたい場合は、既存フローリングの上に薄いフローリングを重ねて張る「重ね貼り」が比較的簡単に工事ができ費用も抑えることができます。
  3. 湿気で下地材が傷んでいたり、床がプカプカしていたり、きしんでいるときは、下地や土台から新しく替えることをオススメします
  4. 最近では自然素材のあたたかみのある「無垢フローリング」が人気です。無垢フローリングは合板(複合)フローリングに比べて価格は高くなる傾向がありますが、空気が乾燥すると水分を発散し、湿度が高まると水分を吸収する「調湿効果」を持っているので、夏は素足で歩いてもさらっとしており、冬はフローリング特有のヒヤッとした感じが抑えられます。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

リフォーム費用相場シミュレーター

リフォーム箇所やテーマを選ぶだけで、費用相場がその場でわかる!事例も合わせてチェックできるのでイメージを膨らませましょう。

続きを読む

リフォームの依頼先選びにホームプロが4つの安心を提供

ホームプロは、お客様が安心してリフォーム会社を選ぶことができるよう、さまざまな取組を行っています。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞※2019年2月リフォーム産業新聞による

「比べて選べる!」利用満足度90%以上のホームプロ。

ホームプロは、70万人以上が利用する実績No.1「リフォーム会社紹介サイト」です。
中立の立場で、地元の優良リフォーム会社を紹介しています。

『工事中のきめ細かな配慮』が良かった

工事時期と仕事の兼ね合いのために、決めてから実施までに結構期間がありました。日にちがあるだけにいろいろ壁紙や素材の見本を取り寄せしまくりお世話になりました。結局、見積もり時点よりもいろいろ追加工事を自分で増やしてしまい、総工事費用は増えてしまいました。一番の失敗?は、シャワーヘッドの水圧を確かめずに発注してしまったために、結局無駄なシャワーヘッドが3個もできてしまったことだったので些細なことでした。あとはフローリングの端の高さが床材のスポンジのせいで微妙に感じられるところでした。端だけでもスポンジを剥がしてもらえばよかったのかもしれません。とりあえずは仕事に合わせての飛び飛びの工事日程等わがまま言いましたがお世話になりました。(京都府/40代/女性)

『担当者の人柄・説明力』が良かった

今回は壁クロスと床フローリングをお願いしました。希望の予算内で満足のいく内容でした。特に古い襖を新品のようにしていただのはありがたかったです。 また機会がございましたらよろしくお願いいたします。(大阪府/50代/男性)

一戸建てのフローリング・床リフォーム 関連情報

戸建住宅のリフォーム費用相場を調べる

マンションリフォームの費用相場も見る

水まわり
居室
外まわり
目的で調べる

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ