1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 中古住宅のリノベーション
  4. 成功のポイント
  5. リノベーションで後悔しないために知っておきたいこと

リノベーションで後悔しないために知っておきたいこと

  • 最終更新日:2019-01-29

リノベーションで後悔しないために知っておきたいこと

「リノベーションってやったことがないから不安。でも後悔したくない!」と思っていませんか?高いお金を出してリノベーションしたのに、後悔が残ってしまうのは残念なこと。そうならないために、事前にしっかり対策しておきましょう。ここではリノベーションでありがちな後悔ポイントと、その回避方法をご紹介します。

リノベーションを失敗するパターン

リノベーションした後、以下のような後悔ポイントが起こりやすいです。

実際にリノベーションを行う際には注意しましょう。

予算や資金計画の失敗

リノベーションでありがちな後悔ポイント、まずは費用の部分です。

「中古物件をリノベーションすれば、新築物件を購入するより絶対安上がり」と思っている人は要注意。リノベーションは必ずしも安いとは限りません。

家の設備のグレードや間取り、どこまでリノベーションするかという規模によって、費用は大幅に上下します。打ち合わせを進めていくと思った以上に費用がかかり、「これなら新築のきれいな物件を買う方がよかった…」と後悔する人がよくいます。

プランニングの失敗

間取りや内装などを決めるプランニングは、自分たちの理想を最大限に叶えたいもの。「リノベーションで思い通りの我が家に!」と思っても、こんな後悔ポイントが潜んでいます。

希望の間取りにできない

中古マンションのリノベーションにありがちなのが、「間取りの制約」です。配管を動かすような大幅なリノベーションは難しく、間取りを自由自在に変えることはできないでしょう。

中古の戸建てであっても、取り壊せない壁はあります。よく確認しない状態で中古物件を購入すると、「思ったより制約が多かった…」と後悔してしまいます。

希望の間取りにできない

中古マンションのリノベーションにありがちなのが、「間取りの制約」です。配管を動かすような大幅なリノベーションは難しく、間取りを自由自在に変えることはできないでしょう。

中古の戸建てであっても、取り壊せない壁はあります。よく確認しない状態で中古物件を購入すると、「思ったより制約が多かった…」と後悔してしまいます。

希望の設備を導入できない

「最新のシステムキッチンを入れたい!」「大きな浴槽を導入したい」など具体的な設備の希望があっても、サイズや配管の影響で導入できない物件もあります。

「こんなはずじゃなかった」と後悔する前に、希望の設備があれば、物件契約前に導入できるかかならず確認しましょう。

業者選びの失敗

リフォーム業者はたくさんありますが、取り扱っている部材や設備・担当するプランナーの「相性」は存在します。

いくら自分たちの理想を言ってもセンスが合わないリフォーム業者だと、後悔しやすいです。「なんか違う…」という違和感が残り、残念なリノベーションになりかねません。

予算や資金計画を立てる際の注意点

リノベの予算を立ててから中古物件を探す

家は人生で最大の買い物です。それは、中古物件であっても変わらないでしょう。

だからこそ、リノベーションの前に予算を決めるのはとても大事なことです。リフォーム業者と打ち合わせしていると、ついつい「あれもこれも」と欲が出て、すぐ予算オーバーになってしまうからです。

まずは家全体にかける予算を決めてから、リノベーションにかける予算を決めます。そのあとに残った予算内で中古物件を探せば、費用で後悔するリスクは減らせるでしょう。

コストダウンのために優先順位を決めておく

予算を決めても、「あとで後悔するかも…」と思うとつい家じゅうこだわってしまいますよね。ですが、予算オーバーで後悔したくなければ、お金をかけるところと節約するところのメリハリが大事です。

キッチンやトイレ、お風呂といった水回りはリノベーションとして人気のポイントですが、設備のグレードでは簡単に費用が跳ね上がります。

家族みんなで希望をリストアップして、なにからリノベーションしていくかしっかり話し合いましょう。

リノベ前後の費用についても考慮しておく

リノベーションにかかるお金は工事費だけではありません。状況によっても変わりますが、今住んでいる家を大幅にリノベーションする場合、仮住まいの場所が必要です。

マンションやアパートを借りれば、引越しや入居費用がリノベーションとは別で発生します。

また、リノベーションを行い場合は、リフォーム業者が実際に家を見たり図面を作成したりといったコストがかかります。それらは、「諸経費」として契約者に請求されます。それも見越して予算を管理しておきたいですね。

中古物件を購入する際の注意点

構造壁やPSの位置を確認

「思ったよりリノベーションの制約が大きく、理想のプランができなかった…」というのは、中古マンションによくある後悔事例。後悔しないために、中古マンションの購入時は見えない部分も慎重に確認しておきましょう。

たとえば中低層のマンションに多い「構造壁」は、壁で建物を支えており室内を広く使えるというメリットがある反面、取り払うことができません。「ここの間取りをリノベーションしたい!」という場所に構造壁があれば実現できなくなり、後悔につながります。

また、ガスや水道の配管である「PS」の位置も要チェックしたいところ。古いマンションの場合、PSの制約でキッチンやお風呂のリノベーションに制限がかかることもあります。

配管や設備の状態を確認

マンションに限らず中古物件を購入する場合、見落としがちなのは配管です。古いマンションでもリフォームしていれば一見きれいに見えますが、配管は古びた鉄管のままということも…。

塩化ビニール製の通称「塩ビ管」なら寿命が長い配管もありますが、鉄管の場合は20~30年程度。リノベーション当時すでに劣化していた場合、「ある日突然水漏れした!」とトラブルになることもあります。

また、給湯器やお風呂、洗面所といった設備の状態も購入前に要チェック。型番や年式を調べて耐用年数を過ぎていていれば、それらにも費用をかけてリノベーションする必要があるでしょう。

マンションの場合は規約を確認

マンションの場合、専有部分と共有部分が存在します。共有部分の場合は自分たちだけのものではないので、リノベーションできないことがあります。

家の中でもベランダや配管は共有部分とされることが多いので、マンションの規約を確認してどの程度リノベーションできるか念入りに確認して、後悔がないようにしましょう。

希望の間取りや設備は予め明確にしておく

中古マンション選びで後悔しないコツは、先にリノベーションプランを決めてしまうことです。

先ほどご紹介した中古マンションによくある構造壁や配管、規約なども、自分たちの理想のプランに影響がなければ後悔することもありません。自分たちの希望プランがしっかり決まれば、お得に物件を購入できる可能性もありますよ。

リノベーション会社を選ぶ際の注意点

複数社から相見積もりを取る

自分たちでやりたいリノベーションが決まったら、まずはいくつかのリノベーション会社から見積もりをもらいます。あまり数が多いと見くらべるのも大変なので、3~5社がおすすめです。

リノベーション会社によって見積もりに含める金額なども違うので、同じプランで相見積もりすることが大事です。見くらべるだけで、数十万円ほど安くリノベーションできることもありますよ。

施工事例を参考にする

リノベーション会社施工事例は、なるべく確認しましょう。今はホームページで事例を紹介している会社も多いので、おおよその費用やその会社のセンスが簡単に確認できます。

保証の範囲を確認しておく

リノベーション会社から見積もりをもらうと、まず金額をチェックしますよね。リノベーション自体高額ですが、だからこそ「一番安いところに決めよう!」というのは後悔のもととなります。

費用が相場より安いリノベーション会社は、施工後の保証が薄くなりがち。きちんとしたリノベーション会社なら保証書を発行してくれたり、期間内の不具合があれば無料で修理したりしてくれます。

リノベーション会社との契約の前に、保証範囲についてもしっかり説明してもらいましょう。

まとめ

リノベーションでよくある後悔と、その回避方法についてご紹介しました。リノベーションは頻繁にしないので、「どうしたらいいかわからない!」と悩んでしまうもの。よくわからないまま施工して、終わった後に後悔が残ることも…。

リノベーションなどの家づくりは、家族が快適に過ごすために大切なこと。ありがちな後悔例と対策を知っておき、ステキな家づくりをしてくださいね!

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ