1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 中古住宅のリノベーション
  4. 費用相場・価格
  5. リノベーションで理想の住まいを手に入れよう!プランニングのコツと実例

リノベーションで理想の住まいを手に入れよう!プランニングのコツと実例

  • 最終更新日:2019-03-26

リノベーションで理想の住まいを手に入れよう!プランニングのコツと実例

中古物件でも理想の住まいづくりができることで、最近人気を集めているリノベーション。新築ほどの費用がかからず、また自分の想いを反映した住まいづくりができることから、最近では一つの住文化としても注目が集まっています。今回は、気になるリノベーションの方法や各プランについて詳しくご紹介していきます。

目次

リノベーションで理想の住まいに!リノベーションにはどんなプランがある?

人気のリノベーション、リフォームやその種類にはどのようなものがあるのでしょうか。

さまざまなリノベーション方法

リノベーションにおいて疑問に思うことが、「リノベーション」と「リフォーム」の違いではないでしょうか。実はこの二つには明確な相違の定義はありませんが、一般的に「リフォーム」は、劣化したものを修繕すること、「リノベーション」はこれから住む人に合わせて新しい価値を付加した改修することと言えるでしょう。

リノベーションには決まったプランや方法はありません。例えば独身の人がこれまでファミリー仕様の物件を購入して住む場合は、部屋の仕切りを無くして広々とした空間を生み出すなど、「住む人に合わせた価値を生む住まいづくり」が、ノベーションの本質。人のライフスタイル分だけ、リノベーションの方法もあるのです

フルリノベーション

「フルリノベーション」は、建物自体を一度スケルトン(構造の骨組み)状態にして、間取りの変更など一から大幅な改修を加えます。つまり建物の枠組み以外は自由にプランニングが可能。リノベーションにおいては、このフルリノベーションの印象が強い人も多いと思います。

部分リノベーション

フルリノベーションに対し、2間をつなげて広い部屋にするなど、壁やキッチン設備など使えるところは一部残してリノベーションを施すのが「部分イノベーション」。ある程度予算ありきでリノベーションを考える場合は、まず部分イノベーションから検討すると良いでしょう。

デザイナーズリノベーション

リノベーションの知名度を一気に引き上げたのが、この「デザイナーズイノベーション」です。デザイナーズリノベーションとは、その名の通りデザイナーをパートナーにとしてリノベーションをすること。中にはデザイナーズリノベーション済みの中古物件が高価に販売されているケースもあります。デザイナーズリノベーションの特徴は、おしゃれでかっこいい住宅に仕上がること。全てを任せるのか、キッチンやバスルームなど自分で一部選びつつ壁や床など部分的に任せるのか、依頼範囲をはっきりさせる必要があります。また自分の要望をはっきり伝えておかないと、「こんなはずじゃなかった…」となる可能性もありますので注意しましょう。

リノベーションのプランニングの流れ

それでは実際にリノベーションを検討する場合の流れについて見ていきましょう。

ライフスタイルや具体的な生活導線などを考えよう

まずはライフスタイルや生活導線を考えましょう。大切なことは、そこに住む全員でどんな住まいにしたいのかを話し合うこと。毎日生活する場所なので、住む人全員が満足いく住まいであれば、全員がハッピーになれるはず。実現可能かどうかは後の工程でプロからのアドバイスを聞けば良いので、まずは時間をかけてじっくりと理想の住まいを考えましょう。

予算や支払い方法を検討しよう

いくら理想のすまいづくりとは言え、避けて通れないのが予算など支払い面。頭金はどれくらい入れられるのか、またローンはどの程度組めるのかなど、予算や支払い方法をよく検討しておきましょう。

やりたいことに優先順位をつけよう

ある程度やりたいことや予算が固まってきたら、予算内でどこまでできるか検討し、やりたいことに優先順位をつけておきましょう。やりたいことを実現しようとすると、予算内におさまらないこともあります。やりたいことを諦めるか、予算をするか、また代替案がないかを検討します。

業者やプランナーにイメージや予算を伝えプランニングをしてもらおう

満足いくリノベーションのためには、リノベーション会社を調べてイメージが合うリノベーション会社数社を選び、予算と希望を伝えてプランニングをしてもらいましょう。リノベーション会社を選ぶときには、施工実績などを見れば仕事ぶりがある程度見えると思います。仕上がったプランと見積もりだけでなく、デザイン・費用・担当者の人柄・小回りがきくかどうかなど、あらゆる面からリノベーション会社をチェックしましょう。

イメージが難しい場合は用意されたプランから選ぶのもおすすめ

理想の家をイメージする、と言ってもなかなか自分で言語化するのは難しい場合もあるでしょう。そういった場合は、ライフスタイルや住むメンバーを伝えて、イメージづくりから業者に依頼するという方法もあります。相手はプロ、自分にはない視点も加味されて、プロに任せた方が一番良い結果となる場合もあります。

予算別リノベーションプラン

どのくらいの予算で、どの程度リノベーションが可能なのでしょうか。予算別に可能なリノベーションについて見ていきましょう。

ローコストリノベーション(300万円以下)

部分リノベーションの中でも、壁や床など主に外装面にポイントに絞ってリノベーションをするパターンは、比較的低予算ですみます。また予算ありきでプランをつくってもらうことも可能なので、あまり予算がない場合でもまずは相談してみることが大切です。

スタンダードリノベーション(300万円〜800万円)

壁や床など主に外装面に加えて和室から洋室への仕様変更や、収納を充実させるなど機能面も追加されたリノベーション。キッチンなど水廻り設備の刷新も考えているのであれば、この程度の予算は考えておいた方がいいでしょう。

フル・デラックスリノベーション(800万円以上)

フルリノベーションやデザイナーリノベーションを検討する場合や壁や床材・水廻りの製品など、リノベーションに必要な素材や部品にこだわりたい場合などは、ある程度予算を見込む必要があります。「新築物件と比較して安価に理想の住まいが手に入る」、そういった考え方の人に合うでしょう。

キッチンのリノベーションプラン

キッチンのリノベーションについて見ていきましょう。費用面でもぜひ参考にしてみてくださいね。

キッチンのリノベーションプランは?

キッチンのリノベーションプランには「見せる」「隠す」という軸と、「コミュニケーション重視」「料理に専念」という2つの軸があります。どの軸を重視したいかで、アイランドキッチンにする、収納をつける、対面キッチンにするなどの方向性が決まっていきます。まずはキッチンのリノベーションで重視したい軸を考えましょう。

カウンター、アイランドなどキッチン設備をリノベーション

「見せる」「コミュニケーション」を重視したキッチンの代表と言えば、カウンターやアイランドキッチン。実際キッチンはこのタイプにリノベーションをすることが多いと言えます。建物の構造によっては、希望のスタイルにできないこともあります。

【対面式キッチンへリノベーションした実例】(75万)

キッチンを対面式にし、収納もプラス。明るくすっきりした印象にチェンジしました。

収納を増やしたりお手入れのしやすさを重視したリノベーション

キッチンのリノベーションでは、造り付けの収納を増やす、というリノベーションの希望も多くあります。また専用のツルツルしたキッチン壁材で汚れがつきにくく、お手入れがしやすい素材へのリノベーションも。実用性を重視したいときには検討したいリノベーションです。

【背面に大量収納を設置した実例】(80万円)

キッチンの背面に家電や日用品をかくしておけるクローゼット収納を設置。生活感がでやすいキッチンが、すっきりした印象になりました

キッチンリノベーションの費用感

キッチンリノベーションは使う素材のグレードや、対面式か壁に向かうI型かなどによっても異なってきますが、シンプルなI型のプランで50万円〜、対面で70万円〜程度は見ておいた方が良いでしょう。グレードによって更に追加費用がかかります。また注意したいのが、ショールームなどで実物を見て、予算以上のグレードのキッチンやプランに目がいってしまうこと。追加予算が可能か、また本当にそれが必要なのか良く見極めましょう。

リビングのリノベーションプラン

住む人が集まるリビングを、こだわりあるスペースにしたいと思う人も多いと思います。そんなリビングのリノベーションについて見ていきましょう。

リビングのリノベーションプランは?

住む人やお客様など多くの人が訪れるリビングは、住まいの顔。そんなリビングのリノベーションには、大きく分けて「デザイン性をアップする」「機能性をアップする」という二つの軸があります。デザイン性の軸では天井や壁などのエクステリア部分、機能性の軸では収納や壁を取り払って広くするなどの方法があります。またリビングと隣接しているキッチンと合わせて総合的に考えると、新しいリノベーションのプランが思いつくかもしれません。

機能性をアップ!壁を取り払うリノベーション

広々としたリビングに憧れるという人も多いのではないでしょうか。リノベーションではリビングと隣接する壁や仕切りを取り払ったり、独立キッチンの壁を取り払って広々LDKに、というリノベーションが多く見られます。注意したいのが、構造上どうしても取り払えない壁もあるということ。壁を取り払って広いLDKを検討している場合は、現在の構造で壁を取り払うことが可能かどうか確認をしてみましょう。

【仕切りをなくして広いリビングを実現させた実例】(220万)

仕切りを無くして広々とすっきりとしたリビングに。統一されたトーンでホテルライクな高級感を演出しています。

デザイン性アップ!DK・LDKを改装するリノベーション

リビングのリノベーションではさまざまなリノベーションが可能です。例えばリノベーションで人気の、梁をむき出しにした天井。高さのある天井が、広さは変わらないのに広々とした空間を演出してくれます。また壁の色を変えたりするだけでも、ガラッとリビングの印象を変えてくれます。

【立体的に見せて開放感あるリビングリノベーションの実例】(200万)

ナチュラルでウッディーな雰囲気という希望の下、木製の梁をそのまま見せたスタイル。立体感あり開放感を感じるレイアウトは、実際の数字以上の広さを感じます。

リビングリノベーションの費用感

リビングリノベーションの費用感は幅広く、フローリング・クロスの取り替え程度なら10万〜くらいから、壁を撤去する場合は50万円程度からとなります。そのほか壁面造作で30万〜 などリノベーションしたい箇所によってプラスされますので、トータルの予算をしっかり決めておきましょう。天井も床も壁も撤去...となると、100万円以上はかかります。

バスルーム・トイレのリノベーション

こだわる人が多い、バスルームやトイレ。機能性が重視されがちな水回りのリノベーションはどのようなものがあるのでしょうか。

バスルーム・トイレのリノベーションプランは?

バスルームやトイレは、面積こそ広くありませんが、住む人のこだわりぎゅっとつまった空間。リノベーションをするときにはこだわる人も多いエリアです。夜間照明があったり自動洗浄など、機器そのものの交換をはじめ、便座などお風呂と壁の壁と取り払ってホテルライクにしたり壁面造作をしたりなど、デザイン面でのリノベーションも人気です。

バストイレの壁を取り除いてワンルーム仕様に

日本家屋ではバス・トイレ別の間取りがスタンダードですが、最近のリノベーションではバス・トイレが同じ空間にあるホテルライクなワンルーム仕様も人気です。ワンルームタイプのトイレは、介護の場面でも便利です。

【介護を見越したワンルーム仕様のトイレ実例】(40万)

これまで独立していた狭い洗面所とトイレの壁を取り払いワンルームに。広々としただけでなく、将来車椅子などでのトイレ利用を見越したリノベーションです。

こだわりの便器にリノベーション!

機能やデザイン別に、蓋が自動開閉開閉するものや、自動洗浄・脱臭するもの、また便座自体がエレガントなデザインのものなど様々な種類がある便器。便器はものによって数万〜数十万と幅が広いので、まずは自分が欲しい機能の便器の相場をチェックしておきましょう。

【壁面を明るく、便器はタンクレスに】(35万)

便器をタンクレスにし、エクステリアも床タイルを貼って明るい空間に。収納もプラスして使いやすいトイレにリノベーションしています。

バスやトイレリノベーションの費用感は?

トイレはそれほど広くないので、リノベーションとは言いがたいですが、便器交換だけであれば、暖房洗浄便座だけのシンプルタイプで工事費混み約7万円〜10万円その他の機能がついたデラッスタイプで約12万円〜23万円、タンクレストイレは約25万円〜40万円程度が相場です。またワンルームタイプにしたり、バリアフリー化するのであればバスルームもリノベーションも必要となるので40万円程度〜、そのほか壁や洗面台のリノベーションで5万程度〜となります。

まとめ

リノベーションと一口に言っても、規模や予算感、またそこに住む人によってさまざまなプランがあります。リノベーションで理想の住まいを手に入れる大切なポイントは、理想の家をそこに住む全員で話し合うことと、その理想を施工側にしっかり伝えること。どちらが欠けてもせっかくのリノベーション価値が下がってしまいます。この記事の内容を、ぜひ理想の住まいづくりの参考にしてみてくださいね。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ