1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. キッチンのリフォーム
  4. 費用
  5. 水まわりリフォームの費用相場はどれくらい?お得なセットプランや補助金についても解説!

水まわりリフォームの費用相場はどれくらい?お得なセットプランや補助金についても解説!

  • 最終更新日:2021-09-29

水まわりリフォームの費用相場はどれくらい?お得なセットプランや補助金についても解説!

キッチン・浴室・トイレ・洗面所といった水まわりはキレイな状態を保っておきたいですよね。しかし、水まわりは毎日使う場所なので、日々の掃除では落としきれない汚れが溜まっていったり、湿気などにより劣化したりしやすい場所でもあります。築年数が経ってくると、汚れや傷みが気になって、リフォームしたいと考えたことがある方も多いのではないでしょうか。

そんな水まわりですが、リフォームをするタイミングや、リフォームにかかる費用が気になりますよね。この記事では、水まわりリフォームの検討時期や費用相場などについて徹底解説します。事例も多数ご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

目次

1.水まわりのリフォームを検討する時期は?

水まわりのイメージ画像

水まわりのリフォームを検討し始める時期としては、新築から15~20年を目安にすると良いでしょう。「意外と早いな…」と感じた方もいると思いますが、水まわりの設備は、表面上はまだ使えそうに見えても、普段目にしない配管などが腐食している可能性もあります。配管などの劣化は進行するほどリフォーム費用が高額になりますので、表面上の劣化がわからないうちからリフォームを検討するのが理想です。

また、お子さまの成長や親御さんとの同居など、ライフスタイルの変化のタイミングでリフォームの検討をするのも良いですね。バリアフリー工事などを同時に行えば、費用の補助などが見込める場合もあります。

2.水まわりリフォームの種類と費用相場

水まわりのイメージ画像

ここでは、水まわりリフォームの費用相場を、施工箇所別にご紹介します。施工箇所ごとの特徴についても解説しますので、参考にしてみてくださいね。

2-1.キッチンのリフォーム

  • ・戸建ての場合の費用相場:100~150万円
  • ・マンションの場合の費用相場:60~90万円

キッチンのリフォームは、キッチンの設備を新しいものに交換するケースからキッチンのレイアウト自体を変更するケースまでさまざま。近年人気があるのは、壁付けキッチンを対面キッチンやアイランドキッチンにするリフォームです。

キッチンは、リフォームの施工方法や選ぶ設備により費用の差が出やすい箇所です。キッチンの場所自体を移動したり、ハイグレードな設備を選んだりした場合は、200万円以上の費用がかかることも。なるべく費用を抑えたいなら、部分的なリフォームにするか、スタンダードなシステムキッチンを選ぶと良いでしょう。

2-2.浴室のリフォーム

  • ・戸建ての場合の費用相場:80~140万円
  • ・マンションの場合の費用相場:60~100万円

浴室のリフォームは、一般的にはユニットバスに交換するリフォームが多いです。在来工法の浴室にするよりも、ユニットバスへ交換する場合のほうが施工期間を短くできることが要因のひとつといえるでしょう。ユニットバスは断熱や気密性などの機能面が優れているため、光熱費の節約につながるというメリットも。バリアフリー工事も同時に行えば、安全面に配慮した浴室にすることもでき、安心ですね。

ユニットバスは、選ぶ設備のグレードにより費用が大きく異なります。乾きやすい床や浴室乾燥機、保温性の高い浴槽などを採用すると、200万円を超えることも。そのほか、オプションによって施工費用がプラスされることもあります。また、位置の移動をともなう工事は高額になりやすいので、注意しましょう。

2-3.トイレのリフォーム

  • ・戸建て・マンションの場合の費用相場:10~50万円
  • ・タンク式の洋風便器への交換:20~40万円
  • ・タンクレスの洋風便器への交換:35~50万円

トイレのリフォームは、ほとんどのケースが洋風便器への交換で、近年は、トイレスペースにスッキリ収めることができるタンクレストイレが人気です。ただし、マンションの高層階の場合は水圧不足でタンクレストイレが設置できないことがありますので、注意が必要です。また、トイレの交換にあわせて、床材や壁紙などの内装を一新するケースも多く見られます。費用を抑えたい場合は、安価な材料を使うなどの工夫をすると良いでしょう。

2-4.洗面所のリフォーム

  • ・戸建て・マンションの場合の費用相場:20~30万円

洗面所のリフォームは、戸建てでもマンションでもあまり価格差はありません。洗面台本体は、スタンダードなものを選べば20万円前後。近年は、既製品の洗面台ユニットを使用せず、鏡や洗面ボウル、蛇口などを別々に選び、好みの洗面台を造作するのも人気です。

洗面所のリフォームは、洗面台を交換するだけでなく、いままで洗面所がなかった場所に新たに洗面所を作ったり、家族が増えて手狭になった洗面所を広くしたり、といったケースも多いです。その場合、床や壁などの造作も行うことになりますので、リフォーム会社としっかり打ち合わせをして、追加費用などを確認しましょう。

3.水まわりリフォームの費用を抑えるには?

ポイントのイメージ画像

ある程度まとまった予算が必要な水まわりリフォームですが、費用を節約するためのポイントがあります。上手に取り入れて、お得な水まわりリフォームに役立ててくださいね。

3-1.設備の選び方を工夫する

水まわりの設備はさまざまなメーカーの商品がありますが、リフォーム会社ごとに割引率が異なるので、メーカーにこだわらずに選ぶと設備の費用を抑えられる可能性があります。また、メーカーのカタログ改訂時期は、型落ちのモデルや在庫処分品などが安価に出ることがあるので狙い目。お得にリフォームできる可能性もあるので、リフォーム会社にタイミングなどを聞いてみると良いでしょう。

3-2.水まわりの複数箇所をまとめてリフォームする

水まわりのリフォームは、3~4ヵ所を同時に行うと、人件費や施工費用を節約することができます。また、給排水設備の工事を伴うため、まとめたほうが工期の短縮にもつながります。設備もまとめて発注することで、リフォーム会社の仕入れ値が下がれば、費用を節約できる可能性が高いです。

3-3.水まわりセットプランを活用する

リフォーム会社が独自に水まわり設備の3点セットや4点セットを設定し、安く提供している場合もあります。メーカーと協力してセット価格を設定しているので、同一のメーカーのセットになることが多いのが特徴。水まわりをまとめてリフォームするなら、セットプランもお得にリフォームできる可能性があります。

ただし、設備の選択肢が限られるため、こだわりたい方にはあまり向きません。

4.水まわりリフォーム3点セット・4点セットプランのメリット・デメリットは?

水まわりのイメージ画像

複数箇所の水まわりリフォームを同時に行う場合、設備の3点セットや4点セットのプランを利用できる場合があります。ここでは、そのメリットやデメリットについて、解説していきます。

4-1.水まわりセットプランとは?

水まわりセットプランとは、キッチン・浴室・トイレ・洗面台のうち3点または4点をセットにした、リフォーム会社独自のプランのこと。メーカーが実績のあるリフォーム会社に対し、宣伝を兼ねて水まわりの設備を安く提供する仕組みです。

4-2.水まわりセットプランの費用相場は?

  • ・3点セットの場合:60~200万円前後
  • ・4点セットの場合:100~300万円前後

3点セットの場合、キッチン・浴室にトイレまたは洗面台というプランのリフォーム会社が多く、4点セットの場合は、キッチン・浴室・トイレ・洗面台の4ヵ所となります。戸建てでもマンションでも費用は変わらないケースがほとんどです。

リフォーム会社のセットプランには、取付費用は含まれていても、内装工事などの費用は含まれていないことがほとんど。取付費用についても、多くは標準工事費のみの設定なので、取り付ける場所の状態によっては追加費用がかかることがあります。せっかく費用を抑えるためにセットプランを利用しても、あとから高額の費用がかかっていた、ということのないように、事前にリフォーム会社と施工範囲の打ち合わせをしっかりしましょう。

4-3.水まわりセットプランのメリットは?

水まわりセットプランの最大のメリットは、設備を安くそろえられること。水まわりのリフォームを数箇所同時に行うことで、配管まわりの工事もまとめて行うことができ、施工費用も抑えることができるうえ、工期も短く済みます。

また、水まわりセットプランは同一メーカーで組んであることがほとんど。設備の質感をそろえやすいため、統一感のある水まわりにすることができます。

4-4.水まわりセットプランのデメリットは?

水まわりセットプランは、あらかじめセット内容が決められているため、設備のメーカーや製品を個別に選ぶことができません。カラーや素材なども決まっているケースが多いので、セット内容についてはリフォーム会社にしっかり確認しましょう。

内装工事や設備にこだわりたい場合は、セットプランでは対応できない可能性が高いので、個別に選ぶのがおすすめです。

5.水まわりリフォームに使える補助金制度を紹介!

補助金のイメージ画像

水まわりのリフォームを行う際に、利用できる可能性がある補助金制度などをご紹介します。

・介護保険
要介護、要支援などの認定を受けた方が居住する住宅でバリアフリーリフォーム・リノベーションを行う場合、工事費用の一部が補助されます。おもに、トイレや浴室への手すり設置などが対象となる工事です。

・長期優良住宅化リフォーム推進事業
耐震、省エネ性能の高い「長期優良住宅」へリフォーム・リノベーションをする場合に対象となる補助金制度です。

・地方自治体の補助金・助成金制度
各自治体でも、バリアフリーやエコ・省エネに関連したリフォーム・リノベーションが対象となる補助金・助成金制度が用意されています(自治体により異なります)。節水型トイレへの交換、高断熱浴槽への交換、高効率給湯器への交換などが対象となることが多いです。詳しくは、お住まいの自治体にご確認ください。

▼関連記事
【2021年度】リフォーム・リノベーションの補助金・助成金と減税まとめ

6.水まわりリフォームの施工事例|複数箇所同時リフォーム

ここからは、実際の水まわりリフォームの施工事例を箇所別にご紹介します。まずは水まわりを複数箇所同時にリフォームした事例です。

6-1.【155万円】水まわり3点セットでお値打ちリフォーム

築約25年のマンションの浴室・トイレ・洗面所を同時リフォームした事例です。ユニットバスは断熱浴槽や水はけのよい床など、グレードの高い設備を使用しています。トイレ・洗面なども清潔感のある空間になっていますね。

施工後

事例の詳細:マンション水廻り3点セットリフォーム

6-2.【200万円】水まわり4点セットで統一感のある空間に

築約20年の戸建住宅のリフォーム事例です。水まわり設備はリフォーム会社提案の4点セットを利用し、お得なリフォームが叶いました。新しい設備は使い勝手が良く、掃除もしやすい利点がありますね。

施工後

事例の詳細:大切な家族のために、水廻り改修工事

7.水まわりリフォームの施工事例|キッチン

キッチンのリフォーム事例を2つご紹介します。

7-1.【150万円】デザイン性の高い木目調キッチン

築30年以上の戸建住宅のリフォーム事例です。垂れ壁があり、暗く閉塞感のあるキッチンでしたが、垂れ壁を撤去したことにより、見通しが良く明るいキッチンになりました。木目調のキッチンは、カフェ風でおしゃれですね。

施工前

Before:圧迫感のある垂れ壁があったキッチン

施工後

After:たっぷり取った収納は背面収納で、ダイニング側から見てもスッキリ整っていますね。

事例の詳細:収納力抜群の木目調キッチン

7-2.【75万円】明るく使いやすい対面キッチンに

築約25年のマンションのリフォーム事例です。対面キッチンにしたことにより、キッチンスペースが広くなり、作業性が向上。キッチンのパネルのブルーが、明るい空間にぴったりですね。

施工前

Before:廊下横の狭いスペースにあった壁付けキッチン

施工後

After:リビング・ダイニングへのアクセスも良くなり、使い勝手抜群です。

事例の詳細:対面キッチンに間取りを変えて、収納も素敵に改善!

8.水まわりリフォームの施工事例|浴室

浴室のリフォーム事例を2つご紹介します。

8-1.【190万円】保温性の高い鋳物ホーロー浴槽を採用

戸建住宅の在来浴室をユニットバスに交換した事例です。タイルの床などが冷たく、寒いのが気になる在来浴室でしたが、保温性の高いホーロー浴槽や複層ガラスの窓などを設置し、断熱性が高く暖かい浴室になりました。

施工前

Before:在来工法の浴室で冬場はとても寒いのが悩みでした。

施工後

After:高級感と機能性を兼ね備え、お風呂タイムが快適になりました。

事例の詳細:鋳物ホーロー浴槽で暖かさが続く、快適なシステムバスルームへ!

8-2.【92万円】ゆったり過ごせるワイド浴槽のある浴室へ

築約15年のマンションのリフォーム事例です。新しいユニットバスへの交換で、薄暗かった浴室が明るい空間に。ワイド浴槽や水はけのよい床など、機能面も向上し、お手入れもしやすくなりました。

施工前

Before:暗い雰囲気の浴室でした。

施工後

After:入浴中も快適なうえ、お手入れもラクになりました。

事例の詳細:ワイド浴槽でゆったり入浴時間を マンション浴室リフォーム

9.水まわりリフォームの施工事例|トイレ

トイレのリフォーム事例を2つご紹介します。

9-1.【19万円】20年以上経った古い便器を節水型に

築約25年の戸建住宅のリフォーム事例です。新築時に設置したトイレは、11リットル流れる大きな便器でしたが、節水型のトイレに交換したことで、スペースもスッキリ。壁紙や床も張り替えて、清潔感のあるトイレになりました。

施工前

Before:11リットル流れる大きな便器でした。

施工後

After:便器がコンパクトになったことでお手入れがしやすく、清潔なトイレを保つことができそうですね。

事例の詳細:老朽化トイレ 節水型にリフォーム

9-2.【39万円】タンクレストイレと壁・床のリフォームでおしゃれに

築約20年のマンションのリフォーム事例です。タンク型トイレをタンクレストイレに交換する際に、床や壁紙も交換して気分一新。広々としたトイレにアクセントクロスとヘリンボーンの床がおしゃれですね。

施工前

Before:リフォーム以前はタンク型の洋式トイレでした。

施工後

After:タンクレストイレにしたことで、空間が広く感じます。ヘリンボーンの床がおしゃれですね。

事例の詳細:クロスや壁紙でオシャレなトイレへ

10.水まわりリフォームの施工事例|洗面所

最後に、洗面所のリフォーム事例を2つご紹介します。

10-1.【22万円】ミラー付き収納の洗面台に

築30年以上の戸建住宅のリフォーム事例です。昔ながらの洗面台は、収納がオープンになっていて雑然とした印象でした。ミラー収納や引き出しキャビネットを備えた洗面台に交換し、スッキリと使いやすい洗面所になりました。

施工前

Before:オープンタイプの収納が悩みのタネでした。

施工後

After:引き出し収納もあるので、洗面用品や洗濯用品をすべて収納して、掃除もしやすくなりました。

事例の詳細:違和感ゼロ!既存吊戸と組合わせた洗面台

10-2.【25万円】こだわりのオリジナル洗面台を造作

築30年以上のマンションのリフォーム事例です。おしゃれさを重視して、システム洗面台ではなく造作の洗面台を選択。西海岸風をイメージしたブルーのタイルが素敵ですね。

施工前

Before:リフォーム以前は通常のシステム洗面台でした。

施工後

After:洗面台を造作したことで、理想のイメージを再現することができました。

事例の詳細:海風を感じるブルータイルと造作洗面

11.水まわりリフォームは工夫をすればお得にできる

この記事では、水まわりリフォームの費用相場や、費用を抑えるポイントなどについて解説しました。ご紹介した多数の事例なども参考にして、水まわりのリフォームを検討してみてくださいね。

水まわりリフォームを成功させるためには、信頼できるリフォーム会社を見つける必要があります。複数のリフォーム会社で見積もりを取り、自分たちの希望に合う施工をしてくれる会社に依頼しましょう。

複数のリフォーム会社から探すなら、ホームプロに相談してみるのがおすすめです。ホームプロは、累計80万人以上が利用するリフォーム会社紹介サイト。地元の優良リフォーム会社を複数紹介してもらえますよ。無料で相談できますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせ(お見積もりは)コチラ

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ