1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. なんでも事典 リフォーム編
  4. 健康と快適のために
  5. 【健康と快適のために_8】日照を考える時のポイント

【健康と快適のために_8】日照を考える時のポイント

  • 最終更新日:2021-03-08

【健康と快適のために_8】日照を考える時のポイント

健康で快適な暮らしを実現するために。

湿度、カビ、日当たり、アレルギーなどについての具体的な対策を交えながら、健康に配慮した家づくりのポイントをお伝えします。

できるだけ多くの日光が入るようにリフォームしたいのですが、どんな方法がありますか。

冬至の日照と南面の影を充分にチェックするとともに、窓の形状などを工夫することで、採光の効率を上げることができます。

日照を考える時のポイントは、太陽の位置です。

太陽の高度は夏至に高く、冬至に一番低くなります。
図のように高さ1mの物体の影は夏至に21cmですが、冬至には164cmにもなります。
つまり、周囲の建物の影は冬至に一番長くなるわけですから、敷地の日照は冬至の時を中心に考えなくてはなりません。

また、太陽が必要な冬の時期、その恵みを最も多く受けるのが南側の壁面です。

夏至の場合は太陽の位置が高くなるため、南壁面の受ける熱量がそれほど多くありません。
つまり、真南の窓は省エネの点からも優れているといえます。
ですから、建物の南面の影については、充分なチェックが必要です。

家の建て込んだ住宅街では、日照に関して周囲の影響をまったく受けずにすむことはなかなかむずかしいことですが、窓の形状などを工夫することで、採光の効率を上げることはできます。

トップライト天窓
屋根から直接光を取り入れるトップライトは、その3倍の大きさの窓と同じ量の採光が得られます。

縦長の窓
同じ面積なら、縦長の窓は部屋の奥まで光が入るため、横長の窓よりも明るくなります。

角採光
窓を家の角部に設けることにより、窓が多少、真南からずれていても、長い時間日光を取り込むことができます。

北側の採光
北側の光はすべて反射光のため一定のやわらかい光となります。
暖房さえ充分に配慮すれば、北側の部屋は書斎アトリエなどに適しているといえるでしょう。



リフォームなんでも事典:リフォーム編 一覧

<設計・工事・構造 >

<業者の選び方>

<契約・規約>

<家族構成の変化>

<高齢者のために>

<健康と快適のために>
健康に配慮した家づくり
湿気対策
結露対策
押し入れの結露対策
カビ対策
ヒートショック
住まいのアレルギー対策
日照を考える時のポイント
風通しのよい住まい
身体によい入浴方法
シェイプアップできる入浴方法
白アリ被害のチェック方法

<水まわり>

<内装・インテリア>

<外装・エクステリア>

<諸設備>

<法律・トラブル>

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ