1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. なんでも事典 リフォーム編
  4. 家族構成の変化
  5. 【家族構成の変化_1】洋室と和室を合わせたリフォーム

【家族構成の変化_1】洋室と和室を合わせたリフォーム

  • 最終更新日:2021-03-08

【家族構成の変化_1】洋室と和室を合わせたリフォーム

家族構成やライフスタイルの変化は、リフォームを検討すべきタイミングのひとつでもあります。

家族みんなが心地よく生活していくために。子供部屋、リビング、二世帯などに関する空間づくりのヒントをまとめました。

自宅のリビングルームを和室と合わせて広げたい。簡単にできますか。

簡単です。でも、厚みの違いに気をつけて。
既存の下地はさわらないほうが安くできます。

簡単です。ただし、建具間仕切壁を取り払って完全に1室にするとなると壁や天井をさわることになって費用もかかってきます。
どの程度までするかは予算とよく相談してください。

その程度は別として、問題になるのは床の高さをどうやって揃えるかです。

畳を取り払ってリビングに貼ってある床仕上材と同じ厚みのものを貼ります。
畳は厚みが55mm、フローリング床材は12~15mmがほとんどで、差の40mmほどを埋めるために下地を作ります。

以前は和室の方がリビングよりあがっている場合がほとんどでしたが、近年はバリアフリーの観点から和室とリビングに段差がないものも増えてきました。

どちらの場合も、埋める下地の厚みと埋める部屋が変わるだけです。

リビングに貼ってある仕上材と同じ厚みにするのは、すでにあるリビング部分の床下地をさわらなくてすむからです。
下地をさわらないほど費用はかからなくてすみます。

壁にできた隙間は幅木などで隠せます。





リフォームなんでも事典:リフォーム編 一覧

<設計・工事・構造 >

<業者の選び方>

<契約・規約>

<家族構成の変化>
洋室と和室を合わせたリフォーム
子供部屋の配置のポイント
子供部屋のリフォーム
リビングのリフォーム
二世帯住宅のリフォーム

<高齢者のために>

<健康と快適のために>

<水まわり>

<内装・インテリア>

<外装・エクステリア>

<諸設備>

<法律・トラブル>

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ