1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 浴室・風呂のリフォーム
  4. コラム・ニュース
  5. お風呂や床のタイルの寒さはリフォームで解決しよう

お風呂や床のタイルの寒さはリフォームで解決しよう

  • 最終更新日:2016-07-22

お風呂や床のタイルの寒さはリフォームで解決しよう

お風呂が寒かったり、床のタイルの冷たさを感じたりするときは、部分的なリフォーム方法では内窓の設置や床へのシート施工があげられます。

階段下浴室など寒いバスルームはリフォームを

pixta_19002141_M
在来工法の古くなった浴室では、ユニットバスなどへの断熱リフォームも選択肢となります。成功実例ももとにして、断熱リフォームを検討してみましょう。

浴室が階段下にある場合、つまり住宅の1階部分に浴室がある場合など、浴室が寒い場合にはリフォームによって寒さ対策を行うことが大切です。入浴時にヒートショック(急激な温度差がもたらす体への悪影響)が原因で血圧が急激に上昇し、脳出血や脳梗塞、さらには心筋梗塞などを引き起こし死亡してしまうケースもあります。

既存の浴室が寒い場合は、外壁に断熱材を充填することで一定の断熱効果があります。また、窓が設置されている場合は、二重窓にするとより断熱効果が高まります。

在来浴室の断熱効果を高めるリフォームについて

最近のユニットバスではなく、全面タイル張りなどで造られた在来工法のバスルームに対して断熱リフォームをする場合は、次の2つの点がポイントとなります。

〇断熱効果をより高める「床」と「壁」

浴室の断熱リフォームを検討する際には、床や壁などの「面」単体ではなく「浴室」という一つの空間として捉えて断熱リフォームを検討する必要があります。特に在来工法の浴室の場合は床と壁双方の施工が必要になる可能性が高いため、この点についてはよく覚えておきましょう。

具体的に、壁については外壁に住宅用グラスウールの断熱材などを「外壁充填方法」によりリフォームを施し、床についてはポリスチレンフォーム保温板などを用いた「基礎内断熱法」によりリフォームをするとより断熱効果がアップします。

浴室の寒さ対策はユニットバスへのリフォームという方法も

pixta_9415108_M
在来工法の浴室でタイルのひび割れが気になる場合など、浴室の老朽化が気になる場合には、ユニットバスへのリフォームが寒さ対策として有効です。

最近のユニットバスには、壁面パネルや床材に断熱性や保温性を持たせた商品も展開されています。保温力を持たせた機能性の高い浴槽が組み込まれた商品もあります。また、浴室暖房乾燥機を設置すると、あらかじめ浴室を暖めた後で入浴することが可能です。

浴室の断熱効果を高める窓のリフォームについて

pixta_4356922_M
浴室内を寒くする一つの原因に「窓」があります。浴室内の窓部分には断熱材が充填されていないため、浴室内の断熱効果を下げる原因となっているのです。
浴室窓の断熱効果を高める方法としては、「内窓」の設置が効果的です。既存の窓のさらに内側にもう一つのサッシを設けて内窓を設置することで、断熱効果が格段に上がります。是非参考にしてみてください。

風呂場のタイル張り替えリフォームで寒さは解消できる?

Tiler
お風呂が寒い場合、単にタイルを張り替えただけでは、美観上のメリットはあるものの寒さを解消するには至りません。風呂場が寒い原因は断熱施工の不良にありますので、改めて断熱施工が必要です。

断熱施工を行うためには、タイルだけの張り替えではなく、浴室を解体して、浴室全体のリフォームとなります。基礎部分への基礎断熱施工や壁へのグラスウールの充填などによる内断熱施工をし、冷気が入らないよう配慮します。

また、窓のある浴室では内窓を設置すると、サッシとサッシの間に空気層が生まれ、断熱効果が期待できますので、窓からの冷気の改善が可能です。

風呂場はタイルの張り替えだけではなく、浴室全体を断熱リフォームすることで、暖かな浴室へと変えることができます。

風呂場タイルが冷たいのは解消できる?

pixta_7684998_M
風呂場自体の寒さは、さほど感じないケースやリフォームの予算が限られているケースでは、風呂タイルのリフォームのみを行うことも選択肢となります。

保温性のあるタイルに張り替えることで、足裏の冷たさが軽減できることが期待できます。また、浴室向けのシートの中には、タイルの上からも張ることのできる商品も展開されています。
足裏の冷たさを感じにくく、弾力性があり、クッション性にも富んだ商品ですので、転倒時にも安心できることがメリットです。タイルの上から張るため、タイルよりも温かく、お手入れも楽です。

家族が喜ぶユニットバスへの浴室リフォームの成功例

Mother and daughter taking bath
ユニットバスへのリフォームで家族が喜ぶ温かい浴室へリフォームした事例を紹介します。

カビが生えづらく暖かい浴室」は、とにかく寒いと困っていた浴室が、寒い冬でも快適なバスルームへと生まれ変わった事例です。
保温効果の高い浴槽は、追い焚きの回数が減らせて節約にもつながります。暖房機を備えることで、ヒートショックを予防できるようになりました。隙間風も入らなくなった温かい浴室に、ご家族みんなが大満足され、快適なバスタイムを楽しんでいるようです。

断熱リフォームに成功した在来工法の浴室の実例

white bathtub in the bathroom with a towel
在来工法は、スペースに合わせて自分が好きなように自由に浴室を造作できます。ただし、現場で造るため、職人さんによってクオリティのばらつきが出てしまうのが難点です。在来工法による浴室リフォームで、成功した事例を見てみましょう。

寒かったお風呂が温かくなり家族も大満足」は、寒かった浴室が暖かくなり、家族からの満足の声をいただいたリフォームです。
リフォーム前は冷たくて滑りやすいタイル張りでしたが、滑りにくくて、お手入れしやすい浴室専用タイルが採用されています。

宇都宮:冷たいタイル床から温かく滑らない床へ」では、築50年の老朽化した浴室が、素足で触れても冷たくなく、滑りにくいバスルームへと変わりました。石油釜からガス給湯器に替えたことで追い焚きができるようになり、今まで以上にバスタイムが快適に楽になったようです。

一戸建ての在来工法の浴室リフォーム事例

現在はユニットバス(システムバス)が主流になりつつありますが、一戸建ての場合は在来工法浴室も多く見かけます。在来工法のリフォームは、スペースに合わせて自由にオリジナルの浴室を作れるのが特徴です。

既存の大きな出窓を生かすため、タイルを使い在来工法で造作。」は、老朽化と寒さの解決がリフォームの目的でしたが、思い入れのある既存の出窓とタイルを共に残したかったので在来工法で造作しました。

お湯が冷めにくい保温材で包んだ浴槽、足裏がひやっとしないサーモタイルの床が採用され、寒さ対策もバッチリです。古くなった寒い浴室を一新したいと考えている方にとって参考になります。

毎日の入浴でお風呂が寒いのはつらいものです。どんなリフォームが予算内でできるか、リフォーム会社に相談してみましょう。
住まいへの不満はリフォームで解決しませんか。ホームプロには厳正な審査を通過したリフォーム会社が1,200社以上登録されています。

予算に合い、なおかつ信頼できる地元のリフォーム会社を探しているのであれば、利用者数80万人以上のリフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」が便利です。リフォームのご要望に応じて、お近くのエリアで対応可能な優良会社だけを厳選してお勧めしています。ホームプロを利用して、信頼できるリフォーム会社を探しましょう。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ