1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 浴室・風呂のリフォーム
  4. 風呂(浴室・お風呂)リフォームの基礎知識
  5. シャワールームを設置したい!ポイントとメリット・デメリットは?

シャワールームを設置したい!ポイントとメリット・デメリットは?

シャワールームを設置したい!ポイントとメリット・デメリットは?

毎日使うバスルーム。家族の人数が多かったり子どもが成長したりすると、お風呂の時間が重なりがちです。 そんなときに便利なのが、海外の住宅やホテルでよく見るシャワールームです。シャワールームは浴槽があるフルバスルームに比べて比較的簡単に設置ができ、最近ニーズが高まっています。 今回はシャワールームを設置する場合のポイントやメリット・デメリットなどについて検証していきましょう。

シャワールームは「浴槽がない」バスルーム

あると毎日の生活がより快適になるシャワールーム。シャワールームの基本について見ていきましょう。

セカンドバスルームとして人気のシャワールーム

シャワールームは、その名の通りシャワーが設置されているスペースのこと。浴槽がなく、シャワーだけが設置されているバスルームです。毎日の生活の中で入浴よりもシャワーを浴びることの方が一般的な欧米などでは、ゲスト用の部屋や子ども部屋などにこのシャワールームが設置されています。また海外ホテルでも「シャワールームだけ」という施設は少なくありません。日本においてもライフスタイルや家族構成によっては、セカンドバスルームとしてのシャワールームがあるととても便利です。

シャワールームはペット用、民泊用など様々ざまなニーズがある

シャワールームはさまざまな使い方が可能。同居の家族人数が多いという理由以外にも、ペット専用のシャワールームや民泊をスタートするためにシャワールームを設置したい、また介護などで頻繁に体を清潔にする必要があるなどニーズも多様です。

さまざまな使い方ができるシャワールームは、今人気が高まっています。

シャワールームを設置するメリットは?

シャワールームがある住宅には「イメージ的なカッコ良さ」がありますが、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

とにかく掃除が楽

まず浴槽があるお風呂に比べて、シャワールームは掃除が圧倒的に楽というメリットがあります。最近のバスルームは、カビ防止や汚れがつきにくい仕様のものも増えてきていますが、それでも浴槽があると湯垢を気にしなければなりません。またシャワーだけを浴びても、浴槽があるとシャワーの湿気が浴槽の汚れの原因となってしまいます。一方でシャワールームは水分を拭き取るだけで毎日のメンテナンスはほぼOK。しっかり掃除をするときでも、平面だけなので簡単に掃除をすることができます。

せまい場所でも設置が可能

シャワールームはコンパクトなので、せまい場所でも設置することができます。具体的にはユニットバスの半分程度のスペースから設置できるものがほとんどで、実際押入れをリフォームしたシャワールームを展示しているメーカーもあるほど。またお風呂を増設する場合は、設置する場所によっては水が入った浴槽の重さに耐えられるよう床の補強のリフォームなどが必要になるほか、使用する水の量が多いため排水などにも注意が必要です。シャワールームであればそのような大掛かりなリフォームは不要で、比較的自由に設置することができます。

介護シーンにも大活躍

シャワールームは介護シーンでも活躍します。介護が必要な人と一緒にお風呂へ移動するのは一仕事ですが、介護部屋の近くにシャワールームがあれば移動が楽になります。また介護される人自身も、自分でシャワーを浴びてみようと前向きな気持ちも生まれるでしょう。またシンプルな創りのシャワールームは、介護者が一緒に入れるようなゆとりあるサイズも自由に設計・設置しやすいという点もメリットのひとつです。

脱衣室を暖かくすれば1年中快適に使える

シャワールームは部屋に隣接した場所に設置できるので、脱衣所も部屋同様に暖たまりやすく、一年中快適に使うことができます。肌寒い季節にユニットバスでシャワーだけを浴びた後、ドアで仕切られた脱衣所で震えながら着替える…という必要がありません。

シャワールーム設置のデメリットは?

数多くのメリットがあるシャワールームですが、デメリットもないわけではありません。注意すべきポイントを見ていきましょう。

木造住宅の場合は設置場所に要注意

シャワールームを2階や3階に設置した場合、防水処理がきちんとされていないと水漏れなどが原因で、住宅を痛める原因になってしまいます。特に木造住宅では水漏れによるダメージが大きいので、設置場所や防水処理に注意しましょう。そのほか天井のクロス剥がれやシミの原因にもなります。.

排水音が階下に響きやすい

2階以上にシャワールームを設置した場合、シャワーを浴びる音や排水の音が下に響きます。マンションなどで「上の階の音が気になる」という話を耳にしたことがあると思いますが、上階の床の音は思った以上に下階に響きます。子供部屋や寝室の上にシャワールーム作らないように注意しましょう。

シャワールームのおすすめメーカー3選

さまざまなニーズに応えるシャワールーム。おすすめのシャワールームメーカー3選をご紹介しましょう。

サイズを細かく指定できるモデルが話題の「タカラスタンダード」

タカラスタンダードのシャワーブース「ぴったりサイズシャワーユニット」は、サイズが自由にオーダーできる唯一のシャワーユニット(2019年5月現在)。コンパクトスペースから、車椅子を利用した介護シーンで必要な広いシャワールームまで幅広く対応します。壁は「ホーロークリーン浴室パネル」でカビになりにくい仕様。床の「キープクリーンフロア」は、汚れをシャットアウトしてくれるだけでなく冷気をも防いでくれます。

公式サイト:http://www.takara-standard.co.jp/product/system_bath/showerunit/

日本の家に適したモデルが人気「MKクリエーション」

スタイリッシュでデザイン性が高い「MKクリエーション」のシャワールーム。日本人設計士による金型からのオリジナル設計で、日本の住宅に合ったシャワールームユニットを取り扱っています。メンテナンスに解体が不要で完全漏水仕様になっているほか、比較的価格がリーズナブルであることもポイントです。

公式サイト:https://www.m-kcreation.com/

ワンルーム入居者におすすめのモデルが豊富「Panasonic」

Panasonicのシャワールーム、「シャワー&パウダーⅡ」は、シャワールームとトイレ、又はシャワールームとパウダールームのユニット。シャワールームはすりガラス戸で仕切られているので、ユニットでも思う存分シャワーを浴びることができます。壁のアクセントカラーは木目調やモザイクタイル風など10色もあり、好みに応じてスタイリッシュなシャワールームに仕上げることが可能です。

公式サイト:https://panasonic.co.jp/ls/pawe/product_shpd.html

シャワールームの設置にかかる費用は20万円前後から

シャワールームは選ぶメーカーやタイプによっても費用は異なりますが、どれくらいの予算から設置が可能なのでしょうか。

リーズナブルなモデルなら20万円前後から

シャワールームは「置き型タイプ」が一番リーズナブル。商品自体は安価なもので20万円前後〜上は100万円前後のものもあり、選ぶタイプによって費用は異なります。シャワールーム以外に必要な工事費用は下記の通りです。

  • ・取り付け工事:5万円前後
  • ・給排水管工事:3万円前後
  • ・電気配線工事:2万円前後
  • ・換気ダクト工事:3万円前後

合計するとリーズナブルなタイプで35万円前後から設置が可能です。それ以外にも風呂を移動する必要がある、壁を壊す必要がある、またシャワールームを設置する場所によっても異なりますので、希望するシャワールームの設置場所・タイプがある程度分かった段階で、見積もりを取りましょう。

価格に捉われず日本のメーカーから選ぶのがおすすめ

シャワーブースのユニット商品を選ぶ場合は、できるだけ日本のメーカーから選ぶ方が良いでしょう。海外製品で安価なものもありますが、「海外製のシャワーブースは修理が不可」「パーツが破損したときに代替品がない」ということになる場合もあります。価格だけにとらわれないようにしましょう。

シャワールームで空いたスペースを有効活用

省スペースのシャワールームを設置して、空いたスペースを有効活用しましょう。セカンドバスルームをユニットバスではなくシャワールームにすると、設置スペースにゆとりが生まれます。居室スペースを広くとれるだけでなく、パウダールームやリネンストッカーなどさまざまな活用法がありますので、ライフスタイルや家族構成などに合ったスペースの活用法を検討してみましょう。

シャワールームを設置して、住む人がみんなハッピーに

ライフスタイルが多様化している現代において、お風呂とは別にシャワールームがあると便利になるだけでなく、その家に住む人が明るく前向きな気持ちになるでしょう。ぜひ、シャワールームの設置を検討してみてはいかがでしょうか?

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ