1. 憧れの古民家でデュアルライフ
2021年6月11日
こんにちは、ホームプロ・メルマガ編集部です。
コロナ禍により、余暇を過ごすためだけでなく、テレワークの拠点としても別荘が注目されていますね。
せっかくなら、古民家を別荘にしたい、とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は『古民家&築古住宅のリフォーム』をテーマにお届けします。
趣をいかしながら、快適な住まいに
古民家のリフォーム
1. 築50年住宅のリノベーションで
よくある失敗とは?
築50年以上の物件でもリノベーションすることで、新築のように生まれ変わらせることができます。
新築や建て替えよりも低コストで済む可能性が高いですが、築古ならではの注意したい点も。

築古物件では建物の状態が悪いと、建て替えてしまった方が安く済む、ということもあります。
建物の傷み具合や基本性能は素人だと判断が難しいので、専門家に相談するのがおすすめです。

リノベーションと建て替えのどちらが良いのか、リフォーム会社に判断してもらいましょう。
築50年住宅のリノベーションでよくある失敗とは?
2. 古民家のリフォーム、
耐震補強やDIYでできること
各地に残る築100年を超える古民家も、リフォーム次第で壊さずに活用することができます。
最近は古民家を利用したカフェやレストランなども、独特な雰囲気があって人気ですよね。

購入した古民家に老朽・腐食がある場合は、床や壁を壊して新しいものを入れる必要があります。
DIYリフォームを行う方もいると思いますが、耐震補強は専門家にお願いしたいところ。

伝統を残しつつ建物を守るため、それぞれの古民家にあったリフォームを行いましょう。
古民家のリフォーム、耐震補強やDIYでできること
3. 購入以外にも選択肢あり!
古民家暮らしを実現する方法
古民家暮らしに憧れていても、実現するのはハードルが高いと感じている方もいるのでは?
気に入った古民家を見つけるのに労力が要るほか、費用面や住み心地なども気になりますよね。

現代の快適な住まいでの生活も捨てがたいという方には、古民家風の新築やリフォームがおすすめです。
自然素材や古材を取り入れることで、古民家のような風合いの住まいに仕上げることができます。

また、住み心地を確かめたいなら、古民家の賃貸物件に住んでみるのも一つの方法です。
購入以外にも選択肢あり!古民家暮らしを実現する方法
古民家の風合いを現代へ
新着おすすめリフォーム事例集
マンション 70万円
イメージは江戸時代のお城の中
リビング
和室をそのまま活かし、洋室との調和をとるため重みのあるダークブラウンの塗料にて仕上げました。
戸建住宅 300万円
子供達が生き生きと育ち、機能性も考えた老舗旅館風リフォーム
階段
梁むき出しの天井、土壁、梁と残せる古材は最大限に生かし吹き抜けに。階段は踊り場まで箱型階段。踊り場から上はオープン階段にすることにより開放感溢れる空間になりました…
戸建住宅 840万円
築100年の古民家を改修 あったか快適リフォーム
キッチン、洗面、リビング
大きな梁をそのまま残し、内装材も合わせて落ち着いた色柄を採用しました。古材と新建材をバランスよく取り入れました。
その他のリフォーム事例を見る

このようなメールマガジンを毎月2回お届けします。
リフォームをお考えの方は、お気軽にご登録ください。

まだホームプロに会員登録されていない方
メールマガジンの購読には、会員登録が必要です。
登録は無料、メールアドレスだけでOK!
会員登録する
すでにホームプロ会員の方
「会員登情報を変更する」画面で「リフォーム情報メールマガジン」欄を「希望する」に変えてください
会員情報を変更する

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ