1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 築20年以上のリフォーム
  4. 築20年以上(30年以上・40年以上)のリフォームの基礎知識
  5. 新築みたいに変わる!築50年の住宅をリフォームするときの費用と注意点

新築みたいに変わる!築50年の住宅をリフォームするときの費用と注意点

新築みたいに変わる!築50年の住宅をリフォームするときの費用と注意点

建築後の経過年数が長い住宅は、新築に比べると安く手に入れることができる半面、そのまま住むとなると安全性や居住性などに不安を感じるものです。そのため、ほとんどの場合、購入後に大掛かりなリフォームを行ってから入居することになります。今回は、築50年の物件をリフォームする際について詳しく紹介していきます。

築古物件はどのような点に気をつけてリフォームすれば良いのでしょうか。

また、費用はどれくらいかかるのでしょうか。

今回は、築50年の住宅をリフォームする際のポイントや費用についてご紹介します。

築50年の住宅をリフォームするメリット

築50年ほどの家を建て替えではなく、リフォームして住む場合、費用が安く済むだけでなく、さまざまなメリットがあります。

今まで住んでいた場所の思い出を残すことができる

長年住み慣れた我が家は、家族の歴史を感じられる場所ですから、思い出をそのまま残したいと考える人もいるでしょう。

リフォームでなら、それが可能です。

また、1981年の新耐震基準が適用される前に建てられた住宅は安全性が心配なので、リフォーム時に制震装置などを組み込むことで、新築並みの耐震性を確保することもできます。

耐震基準に関してはこちら: 「新耐震基準、改正のポイントや適合証明書の取得するまでの手続きについて解説

風情のある雰囲気を残せる

築50年以上100年近く経った古民家についてもリフォームは可能です。

例えば、昔ながらの風情のある建物を、外観はそのままにした上で、内部をスケルトン(骨組み)状態にしてから内装や住宅設備をそっくり最新のものに取り替えることもできます。

また、内装については、使える部分だけはそのまま残すという方法もあります。

その場合は、室内においても昔ながらの雰囲気を残しながら、快適な生活を楽しむことができるでしょう。

建て替えが難しい立地でもリフォームは可能

築50年以上経過して住みにくくなっているにもかかわらず、建築基準法などの法的な問題、道路付け(敷地のどの方角に道路が接しているか)の問題などから建て替えが難しい立地や物件もあります。

リフォームなら建て替える必要はないため、そうした問題に関係なく、快適な住まいに変身させることができます。

築50年の住宅をリフォームするメリットまとめ

✓今まで住んでいた家の思い出を残したまま住み続けることが可能である。

✓昔ながらの風情のある建物を残しながら内装は新耐震基準をクリアした頑強な建物にできる。

✓建て替えが難しい立地でもリフォームなら可能である。

関連事例

リフォームできる!?築50年住宅の判断基準

築古物件となると、一定のお金をかければ新築に近いレベルにできるとはいっても、場合によってはリフォーム費用が高くなり、「それなら建て替えたほうがよかった」ということになりかねません。

では、築50年の住宅をリフォームできるかどうかの判断基準はどこにあるのでしょうか? それは、建物の土台や柱、梁など構造に関わる部分が傷んでいないことが最低限の条件です。

一見しっかりした土台や柱であっても、腐食していたりシロアリ被害が出ていたりすると、いくら補修してもあまり長持ちはしません。

その場合は、思い切って建て替えたほうがいいでしょう。

ただし、素人では判断が難しいので、リフォーム会社に相談することをオススメします。

その結果、骨格がまだしっかりしていて、このままあと何十年も住めるという判断であれば、傷んでいる部分の補修や住宅設備の取り替え程度で済む可能性があります。

また、より安全性や耐久性を高めたい場合や、大掛かりな間取り変更を行う場合もリフォームで対応することができます。

リフォームできるか、それとも建て替えが必要なのか、専門家に判断してもらいましょう。

リフォームの相談に関しては 「リフォームの相談はどこにする?無料サポート機関を紹介します」の記事がオススメです。

また、このサイト「ホームプロ」では、お客様に合ったリフォーム会社を無料で複数ご紹介しています。

費用をかけずに、リフォーム会社を比較することができ、また、匿名利用ができるため、リフォーム会社からの営業の心配もありません。

リフォーム会社の紹介申し込みは下記からご利用ください。

築50年の住宅のリフォーム判断基準まとめ

✓築50年の物件がリフォームできるかどうかの判断基準は、建物の土台や柱、梁など構造に関わる部分が傷んでいないかどうかである。

✓土台が劣化や腐食を起こしていないかの判断基準は、専門家やリフォーム会社への相談が必須である。

築50年の住宅をリフォームするポイント

築50年の住宅をリフォームする際のポイントをお伝えします。

防災面

築古の住宅は、防災対策、特に耐震性の確認が重要です。

建物の構造に関わる基礎や土台、柱や梁などは外からは見えないことがあります。

一見問題がなさそうに見えても、内部にひび割れが生じていたり、腐朽が進んでいたりする可能性があります。

こうした点は素人判断では危険なので、やはり専門家やリフォーム会社に診断してもらうのが良いでしょう。

多くの市区町村が1981年以前の旧耐震基準で建てられた住宅に対して耐震診断に関する補助制度を実施しており、それを利用すれば実質的な負担なしで診断してもらえます。

その結果、「耐震補強の必要あり」となったときには、耐震リフォームのための費用の一部を補助してくれるところもあります。

補助金制度に関しては、「耐震診断の必要性と費用・利用できる補助金制度について」(https://www.homepro.jp/taishin/taishin-cost/6867-pt)で詳しく紹介しています。

断熱性、気密性

昔の建物、特に木造一戸建ては築50年も経つと、すきま風が入りやすくなっています。

また、夏は暑く冬は寒くて高額の冷暖房費がかかり、その結果、結露が生じてカビやダニが発生しているところが多く見受けられます。

そこで、リフォーム時に断熱材を厚く敷き詰め、窓を二重サッシや複層ガラスなどに取り替えることで、断熱性や気密性が高まります。

ある程度の費用はかかりますが、その分、生活の快適度が上がり、年間の光熱費を削減できます。

配管・配線

水道や下水の配管も年月の経過とともに傷んだり、流れが悪くなっていたりすることがあります。

放置しておくと、水漏れにつながり建物の寿命を縮めることになりますので、リフォーム時に取り替えることをオススメします。

配線も同様です。

昔よりも電力消費量の多い家電製品が増えたのに、電気配線が昔のままであったり、タコ足配線になっていたりすると危険です。

リフォーム時に配線を新しくするとともに壁の中に組み込むなどして、安全性を高めつつ見た目をスッキリさせましょう。

築50年の住宅をリフォームするポイントまとめ

✓防災面…耐震診断を適切に行ったうえで、新耐震基準を満たしているかを確認する。

✓断熱性、気密性…断熱材の利用や窓の二重サッシ、複層ガラスへの変更で生活の快適度を上げる。

✓配管・配線…リフォームを機会に、電気配線などは取り換える。

関連記事

リフォーム可能?築50年住宅購入前の注意点

中古住宅をリフォームして住む場合、新築にはないメリットがある半面、デメリットがあるのも事実です。

購入前のメリットと注意点をおさらいします。

メリット

中古住宅には、新築住宅にないメリットがあります。

まず、価格が安いことです。

しかし、新築の建売住宅の場合、間取りは画一的なパターンが多く、注文住宅でも価格を抑えようとするとどうしても間取り面で制約が多くなります。

一方、中古住宅は、家のタイプにもよりますが、リフォームによって自由に間取りを変更できます。

失敗しないための注意点

購入前に住宅診断を受ける

購入前に専門家によるホームインスペクション(住宅診断)を受けましょう。

上記のように、築50年にもなると表面的にはきれいに見えても、実際にリフォームを始めてみたら内部の傷みが激しく、工事に耐えられないということがあります。

また、建物の構造によってはリフォームが難しいケースや、制約が大きいというケースもあります。

そのため、リフォームの専門家に物件を見てもらい、どこまでリフォームできるのか、費用はどれくらいかかるのかをあらかじめ見積もってもらうことが大切です。

その上で、リフォームにするか建て替えにするのかを検討しましょう。

建築確認の申請を忘れない

さらに、大規模なリフォームの場合、建築基準法上、建築確認の申請が必要ですし、壁や基礎などを補強しないと申請を受理してもらえません。

加えて、全ての居室に換気システムを設置し、寝室には火災警報器の設置が義務付けられています。

そうした点をクリアできるかどうかについても事前に確認する必要があります。

築50年住宅購入前の注意点まとめ

✓購入前に、内部の劣化を把握するためにも、専門家による住宅診断を受ける。

✓大規模なリフォームの場合は、建築確認の申請が必要である。

築50年住宅のリフォーム費用は?

築50年住宅のリフォーム費用を、事例をもとにご紹介します。

築古物件の場合、もとの家の状態やリフォームの内容によって費用は大きく変わりますので、以下はあくまで目安費用として参考にとどめてください。

築80年の趣を活かしながら快適な住まいに

✓費用:900万円台前半

✓工期:70日間

✓築年数:80年

築80年の和風平屋住宅をリフォームした事例です。

住みたいエリア内に築80年の中古物件を購入。

梁を補強したほか、断熱材を入れました。

また、間取り変更を最小限に抑え、広縁や和室などはそのまま残して、水まわりを中心に改修することで、和の雰囲気と最新設備が融合する味わい深い家になりました。

詳しく見る

耐震補強とフルリフォーム

✓費用:1000万円

✓工期:2カ月

✓築年数:50年以上

築50年以上の木造住宅をリフォームした事例です。

思い出深い和室は一部残しながら、あとは床・壁・天井・キッチン・リビングなどを大幅リフォームしました。

また、耐震診断を行い、耐震補強工事も行いました。

2軒の長屋を1軒にし、間取りを変更

✓費用:1083万円

✓工期:2カ月

✓築年数:30年以上

2軒の平屋を1軒にリフォームした事例です。

玄関を一つにして、キッチンスペースを大きくしたり、間取り変更で部屋を広くしたりすることで親戚が集まりやすくなりました。

また、階段の段数を増やして勾配を緩やかにし、足元照明をつけて安全性を高めました。

リフォームが時代の流れになっている

良い住宅を長く大切に使っていく。

それが現在の住宅政策の基本です。

築50年以上の物件でもリフォームすることで新築のように生まれ変わらせたり、あるいは築古の趣を保ちながら、和の雰囲気のある家へと改修したりすることが可能です。

これまでは、築年数が古いとリフォーム費用もそれなりの金額になることが多く、その上リフォームローンは金利が高いといった問題もあって、資金の調達方法がネックになっていました。

しかし最近では、中古住宅取得時の住宅ローンとほぼ同じ条件で借りられる「リフォーム一体型」ローンも登場しています。

築50年以上など築古物件のリフォームをお考えのお客様は、ぜひホームプロをご利用ください。

ホームプロなら複数のリフォーム会社の見積もりを無料・匿名で比較できるので、とても便利です。

築50年以上の物件は、一般的に築古物件と呼ばれているように、リフォームの適齢期と言えます。

少なからずどこかに劣化が生じており、また、耐震基準なども新たに見直す必要があります。

リフォーム会社への相談や見積もりは無料です。

ぜひ一度相談してみましょう。

関連記事

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ