1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 築20年以上のリフォーム
  4. 事例・ケーススタディ
  5. 階段リフォームはデザインが良くなるだけでなく、安全性も高まります(築20年以上)

階段リフォームはデザインが良くなるだけでなく、安全性も高まります(築20年以上)

  • 最終更新日:2020-01-30

階段リフォームはデザインが良くなるだけでなく、安全性も高まります(築20年以上)

築20年以上が経過すると至るところに補修が必要になり、リフォームを考える人が多くなります。階段に関しても段差を緩くしたい、デザインを変えたいといった要望があり、それに合うリフォームが可能です。家の雰囲気に合わせて、階段もオシャレに変えてみましょう。

階段を自分好みにDIYでリフォームすることもできます。

階段を自分好みにDIYでリフォームすることもできます

階段のDIYでデザインを変える場合は、階段に張れる床板やペンキなどを使って自分好みの素材・色合いに仕上げていきましょう。洋風の階段にしたい場合は画像のような床板やカーテンなどの小物を使うと洋風さがより上がります。
安全性を高めるDIYを行う場合は、階段に取りつけるための手すりが販売されていますので、そちらを使うとよいでしょう。
ただし階段の寸法は案外測るのが難しいですので、慎重に行っていくことが大切です。
DIYは個性的なデザインを行うことができるので、変わったデザインにしたいという方は是非試してみてください。

階段リフォームで上貼りをすれば、印象がガラッと変わります。

階段リフォームで上貼りをすれば、印象がガラッと変わります。

階段の印象をガラッと変えたいという人は、上貼りを変えてみてはいかがでしょうか。
掛け替え工事の場合、期間も費用もかかりますが、上貼りの場合、今ある階段の上から、別のデザインのものを貼るだけなので簡単に階段の雰囲気を変えることが可能です。
上貼り用の板はホームセンターやオンラインショップでも販売していますので、セルフリフォームも可能ですが、やはり時間と手間はリフォーム業者より数倍以上かかってしまいます。
リフォーム業者なら寸法も正確に行い、新築のような出来栄えにすることができますので、キレイ仕上がり、また豊富なデザインを求める方はリフォーム業者にお願いするとよいでしょう。

階段リフォームの価格はどれくらい?

階段リフォームの価格はどれくらい?

階段のリフォームは上貼りだけのリフォームなら、6万円程でできるようですが、壁紙や天井のクロスを交換する場合や手すり設置も行いたいという場合は、30万円程の費用がかかるようです。
段差の急な階段を緩やかにしたい、階段を掛け替えたい、新たに小窓を作りたいといった、大掛かりな工事になるリフォームでは50万円以上の費用がかかりますので、どういった階段リフォームを行いたいか、しっかりリフォーム業者と相談をし、どのくらいの費用がかかるのかもよく聞いておきましょう。

築20年以上の住宅は、家族構成やバリアフリー化など大幅なリフォームが必要なケースもあります。
これまでのノウハウを活かし、予算や悩みに応じたプランを提案できるリフォーム会社に依頼できると安心です。
ぜひホームプロにご相談ください。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ