1. ホーム
  2. リフォーム事例
  3. 築50年老朽化が進んだ老舗の八百屋兼住宅を2世帯リフォーム!
事例一覧へ戻る

築50年老朽化が進んだ老舗の八百屋兼住宅を2世帯リフォーム!

建物のタイプ 戸建住宅 価格 3,500万円
築年数 30年以上 工期 3ヶ月以上
竣工年月日 2015年12月25日 構造 木造
施工地 愛知県 安城市 リフォーム箇所 キッチン浴室・バス外壁
家族構成 夫婦2人、子供2人、祖母1人、計5人

詳細情報

[テーマ]全面改装 、 リノベーション 、 2世帯・3世帯同居

お客さまのご要望

元々、築50年の住宅は店舗兼住宅だった為、営業しながら3回増築を繰り返していました。なので、段差が多かったり間取りも不便を感じていました。同居しているお母さんやペットにもやさしいバリアーフリーだったり、冬の寒さを解消できるようなリフォームをしたい。とのご要望がありました。

リフォーム会社のご提案

計画を進めるにあたってはまず、どこまでを壊してどこを利用するのか?がキーポイントになりました。増築を繰り返している事もあり、南面の日当たりが悪くリビングに一日中光が入って来ない為、冬場は家全体が寒くなっていました。
まずは、日当たりを改善するため老朽化した南面の木造部分を壊して南面から採光ができる配置に増改築しました。
元々の店舗部分は活かして和室、お母さんの寝室、客間へと改装できました。難しかったのは既存の建物と増築部分の外観をどの様に違和感なく仕上げるかを工夫しました。
外壁には既存部分、増築部分共にガルバリウムサイディングを張りましたので、一体デザインの新築の様に見える様になりました。

また、リビングには床暖房が入り、南面の採光も取れる様になりましたので冬も快適に過ごして頂けたようです。

このリフォームの詳細をチェック!

キッチン

キッチン

奥様目線で考えた『料理が楽しくなるキッチン』をテーマにプランニングしました。 これまでの間取りではキッチンが孤立していて、奥様が調理しているときは、家族とのコミュニケーションが取れていませんでした。 更に娘さんと一緒に親子で料理をつくる機会が多かったものの、キッチンのスペースが狭く、二人揃って調理をすると、どうしても「ちょっと、どいて…」という状況に(笑) そこでまず、スペースを広く確保し、カウンターキッチンを導入する事で、LDKを繋げた開放的な空間をプロデュースしました。

全面改装
リノベーション
2世帯・3世帯同居
詳しく見る

浴室・バス

浴室・バス

プランを考える中で浴室から中庭が見える位置に配置しました。 窓の位置も通常より低くして浴槽につかりながら中庭が望めます。 プライバシーは外構工事にてハイフェンス門扉に目隠しと出入りを制限しました。

間取り変更・スケルトン
バリアフリー
断熱・気密
詳しく見る

外壁

外壁

既存の店舗部分に併せて増築部も庇を出さずにデザインする事でバランスを整えました。 また、外壁材は断熱材入りの金属サイディングを採用する事で中・外断熱で一番の要望でもありました断熱性の確保を提案しました。

リノベーション
増築・減築
断熱・気密
詳しく見る

最近見た事例

このようなリフォームを実現できる
お近くのリフォーム会社を、複数社ご紹介!

この事例と同じ条件を指定した状態でリフォーム会社紹介にお申込みいただけます。

事例一覧へ戻る

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ