1. 改築と改修の違いはどこにあるのか

改築と改修の違いはどこにあるのか

改築と改修の違いはどこにあるのか

改築も改修も、多くの方が同じような意味合いで使用している言葉です。実際に、この2つの言葉に違いはあるのでしょうか。今回は、改築、改修、リフォームなど同じような意味で用いられる事の多い建築用語について細かく解説していきたいと思います。

リフォームと改築の違いとは

リフォームと改築の違いとは

リフォームとは、主に古くなった既存の住宅について、補修や交換、修繕を行う事で基の状態に戻す事です。例えば賃貸物件を退去したあとの原状回復などがこのリフォームにあたります。
そのため、リフォームの場合はリフォームの前と後でその機能や性能に大きな違いはありませんが、見た目はとてもきれいになります。また、大規模な工事を必要としないため、原則的にはリフォームで申請は必要ありません。
これに対し改築とは、建築基準法で明確に定義された法律用語です。簡単に言うと、建物の全部又は一部を壊してほぼ同じような建物を造り直すようなことを言います。改築を行う際には、必ず自治体への確認申請が必要となります。また、リフォームとは違い、今とは間取りや配置が大きく換わる事になります。費用面についても、リフォームであれば、ちょっとしたものであればハウスクリーニング業者でも施工が可能ですが、改築の場合は建築業者に工事を発注することになります。

改修とリフォームの違いは?

改修とリフォームの違いは?

改修とリフォームについては、どちらも正式な法律用語ではありません。その判断は曖昧な部分を含みますが、一般的な施工業者側の認識としては、「リフォーム<改修<改築」といった感じの規模で考えています。
リフォームとは先ほども述べたように、原状回復と若干のプラスα程度の工事を想定していますが、改修の場合は、建物の古くなっているところを補修しつつ、ダメなところは取り替えるなどして生まれ変わらせる事です。
また、リフォームに似た言葉で「リノベーション」があります。リノベーションは、最近流行のハウスメーカーが良く使いますが、その意味は改修や改築にかなり似ています。基本的には居住者の希望にあわせて既存の建物をより住みやすいように、間取り等も見直して作り替える事です。例えば、狭いキッチンと和室の間の壁を除去して、広いリビングにするなどがこれに該当します。

ホームプロにも、増築に関するさまざまな記事が掲載されています。

「増築・改築で二世帯住宅をつくる」(https://www.homepro.jp/zoukaichiku/zoukaichiku-basic/709/)では、既存の住宅を二世帯住宅に増築する際のポイントについて詳しく掲載しています 。
「庭が広く空いているのでもう一棟建てたい、可能ですか?」(https://www.homepro.jp/zoukaichiku/zoukaichiku-basic/012/)では、敷地内に増築する場合の関係法令との関係についてQ&A形式で分かりやすく掲載しています。
「増築部分の設計ミスについて」(https://www.homepro.jp/zoukaichiku/zoukaichiku-basic/014/)では、増築の際に起こりうる設計ミスについて具体例を用いて分かりやすく解説しています。
「施工不良が見つかったが、施工業者と連絡が取れない」(https://www.homepro.jp/zoukaichiku/zoukaichiku-basic/015/)では、増築の際の施工不良に対する対処法について解説しています。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄

広告

ページの
先頭へ