1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 中古住宅を購入してリフォーム
  4. 中古マンション購入リフォーム
  5. 【注意】リノベーション済みマンションを購入するデメリットは?|施工事例・中古や新築と比較

【注意】リノベーション済みマンションを購入するデメリットは?|施工事例・中古や新築と比較

  • 最終更新日:2019-10-28

【注意】リノベーション済みマンションを購入するデメリットは?|施工事例・中古や新築と比較

今回は、リノベーション済みマンションを購入するメリット・デメリットについて詳しく解説します。さらに、マンションを購入するのは、「リノベ済み」か「新築」を比較していますので参考にしてください。また、中古物件が多いエリアも述べます。

「リノベーション済みのマンションを購入したいと考えているけどデメリットってある?」などリノベーション済みマンションの購入にあたって不安を抱えている方も多いでしょう。

家を購入することは高額な費用がかかり、人生の中でも大きな決断です。

今回は、リノベーション済みのマンションを購入するメリット・デメリットをご紹介していきます。

また、リノベーション済みマンションを購入するのか、新築を購入するのかを比較していますので参考にしてください。

リノベーション済みマンション購入のメリット

まず、リノベーション済みマンションを購入する際のメリットについてご紹介します。

リフォームローンと住宅ローンを併用する必要がない

リノベーション済みマンションを購入した場合、「リフォームローン」と「住宅ローン」の2種類を併用する必要がありません。

例えば、リノベーションされていない中古マンションを購入したとします。

中古マンションを購入した時点でまず住宅ローンが発生します。

(現金で一括購入した方は住宅ローンを借りる必要はありません)そして、購入後にリノベーションを行う時に、住宅ローンとは別にリフォームローンを借りなければなりません。

つまり、リノベーションされていない中古マンションを購入して後からリノベーションを行うと、リフォームローンと住宅ローンの2種類を借りることになります。

しかし、リノベーション済みマンションを購入すれば「住宅ローン」のみの契約で済みます。

すでにリノベーションはされている訳ですから、リフォームローンは必要ないのです。

瑕疵担保責任を自分で負わなくてよい

瑕疵担保責任に関しては、「中古住宅の外壁など欠陥に関する瑕疵担保責任についてご存じですか?」で詳しくご紹介しています。

中古マンションの売主が最低2年間は、不動産会社に対して「瑕疵担保責任」を負わなければならないという法律があります。

この法律がある限り、リノベーション済みマンションを購入してから2年間は瑕疵が起きたとしても売主に修繕費用を請求できるのです。

ちなみに不動産会社を通さず個人間の中古マンションの売買に関しては、契約から3ヶ月間は瑕疵担保責任が売主に発生しています。

このため、個人から購入した中古マンションに住む始めて3ヶ月間の瑕疵に対する修繕費用は、自分で負担せずに済みます。

新築マンション購入より安価

首都圏の新築マンション平均購入金額は、目安として5,000万円程度でしょう。

新築マンションと比べて、中古マンションは半分程度の価格で購入できることが多いため、非常にリーズナブルだと言えます。

リノベーション前の中古マンションを購入したとして、リノベーション代が1,000万円かかっても、新築マンションと比べると中古マンションは1,000万円程度安く購入可能です。

資産価値が下がりにくい

新築マンションは建ててから徐々に物件価格が下がっていきます。

しかし、15年目を境に、物件価格の下がる金額は少なくなります。

中古マンションを購入した場合すでに物件価格が下がっている状態からスタートし、さらにリノベーションをすることで物件価値を長く保つことができます。

リノベーション済みマンション購入のメリットのまとめ

◎リフォームローンと住宅ローンを併用する必要がないため、リノベーション済みマンションを購入すれば「住宅ローン」のみの契約で良い。

◎瑕疵担保責任を自分で負わなくてよく、リノベーション済みマンションを購入してから2年間は瑕疵が起きたとしても売主に修繕費用を請求できる。

◎新築マンション購入より安価である。

◎マンションは建ててから徐々に物件価格が下がっていくため、リノベーション済みの物件を購入することで、資産価値が下がりにくくなる。

関連記事

リノベーション済みマンション購入のデメリット

続いて、リノベーション済みマンションを購入するデメリットをご説明していきます。

マンションの共有部分はリノベーションされていないことが多い

リノベーション済みマンションを購入すると、部屋の中は新築同然に綺麗な状態ですが、エントランスやエレベーター、駐車場、ゴミ捨て場などの住人共有部分は汚いままというマンションが多くあります。

このため、外観などはあまり気にしない方や、自分の暮らす部屋の中だけが綺麗なら良いという方にリノベーション済みマンションはオススメです。

しかし、ゴミ捨て場などの掃除が行き届いていないことや、住人のマナーが悪いマンションでは住み心地が悪い可能性が高いため購入前に必ずチェックをしておきましょう。

リノベーションの醍醐味が活かせない

リノベーション済みマンションを購入すると、すでにリノベーション済みですので自分の考えていたような間取りではなかったり、床の素材が思ったような素材ではなかったりなどの後悔が残ることもあります。

リノベーション済みマンションでは、オリジナリティのあるリノベーションを実現することは不可能です。

リノベーション済みマンション購入のデメリットのまとめ

◎マンションの共有部分はリノベーションされていないことが多く、利用する部分を完全に自分好みにリノベーションするのは難しい。

◎自分でリノベーションするわけではなく、あくまでリノベーション済みの物件を購入するのでは、自分好みのリノベーションの醍醐味を味わうことはできない。

関連記事

マンション購入は、「リノベーション済み」「新築」?

「マンションを購入するには、何が良いのか?」と悩んでいる方も多いでしょう。

リノベーション済みマンション・中古マンション・新築マンションの3つを以下の表で比較してみましたので参考にしてください。

リノベーション済みマンション 中古マンション 新築マンション
費用 ×
手間がかかるか
理想通りにできるか ×
ローンの種類 住宅 住宅・リフォーム 住宅

費用

費用で比較すると、やはり新築マンションは高額であり、その点はひとつのデメリットになります。

詳しい費用相場は、「リノベーション費用の相場はどれくらい?」で紹介しています。

手間

中古マンションを自分でリノベーションするとなると、リフォーム会社とのやり取りなどが生じてしまい、自分好みにできるメリットがある反面、その分負担も大きいです。

理想通りにできるか

リノベーション済みの物件は、プロの住宅デザイナーがプランニングしているものも多く、洗練されたデザインであることが特徴的です。

しかし、そのデメリットとして、リノベーションによりオリジナリティなどはなかなか出すのが難しいのが現状です。

例えば、自分の理想通りにキッチンを対面式にしたいと考えた場合でも、リノベーション済みの物件では、既に出来上がったキッチンができているため、なかなか難しいです。

こういった理想の住まいにする自由度は、リノベーション済みの物件では正直低いと言えるでしょう。

ローンの種類

ローンを併用する必要が出てきてしまうのは、中古マンションを購入後にリノベーションするケースの大きなデメリットと言えます。

リノベーション済みマンションを購入すると

リノベーション済みマンションを購入すると、費用も安くまるで新築のような空間で新たなスタートを切ることができます。

しかし、すでにリノベーションされている状態ですので、自分の望んだ間取りではないことが予想できます。

中古マンションを自分でリノベーションすると

中古マンションを購入してから自分でリノベーションをする方法もあります。

自分でリノベーションをするということは「自分でカスタマイズできる」ということです。

そのため、望んだ空間にすることができるかもしれません。

また、中古マンションは先にもご説明した通り、資産価値が下がりにくい状態にあります。

そして安い費用で購入できるところも嬉しいポイントです。

リノベーションに興味がある方は、中古マンションを購入して自分でリノベーションを行いましょう。

部屋全体のリノベーションは個人では難しいので、リフォーム会社に依頼すると良いです。

ただし、建物の構造上、取り壊せない壁や柱、または玄関の扉などの共有部分はリノベーションできないことを留意しておきましょう。

新築購入すると

新築マンションを購入した場合も、リノベーションを認めているマンションであればリノベーションをすることが可能です。

しかし、新築マンションは建築当初から15年目まではどんどん物件価値が下がっていきます。

そして購入費用も膨大な資金が必要です。

首都圏では土地が少なく、新築マンションが建てられることも少なくなってきました。

反対に中古マンションが多くなっています。

新築マンションにこだわりを持っていると、なかなか物件を見つけることができないかもしれません。

マンション購入の比較まとめ

◎リノベーション済みマンションの購入は、費用も安く、新築のような空間を手に入れることがメリットである。

◎中古マンションを購入してから自分でリノベーションをすると、確実に自分好みの空間にカスタマイズできるためオススメである。

◎新築マンションの購入は費用が高いのが一番のデメリットであり、自分好みの空間を手に入れたい人には向いていない。

関連記事

まとめ

リノベーション済み物件購入は都内ではなく郊外の例が多数

リノベ済みマンションの購入を検討される方は、都内よりも郊外を希望する方が多いです。

土地の価格が関係しており、都内よりも郊外の方が安い費用で購入できるからだと考えられます。

埼玉・千葉・神奈川(横浜)などエリアの物件が多い

郊外といっても様々で、主に埼玉県・千葉県・神奈川県(横浜市)などのエリアにリノベ済みマンション物件が集中しています。

リノベ済みマンションがなかなか見つからない方は、関東県内を探してみてはいかがでしょうか。

物件を自分でリノベーションするなら

もしもご自身で中古マンションを購入してリノベーションをしたいとお考えの方は、「ホームプロ」をご利用ください。

ホームプロは、リノベーションやリフォームしたいお客様と、リフォーム会社を引き合わせる会社です。

お客様にとって最適なリフォーム会社を見つけるために、複数社を比較することが大切です。

ホームプロの厳しい加盟審査を通過したリフォーム会社は、全国に多数あります。

リノベーション済みのマンションを購入するのには、さまざまなメリットがありますが、やはり自分好みにできたときの方が暮らしやすさの満足度は高いものです。

自分の理想の家を手に入れるためにも、自分でのリノベーションを検討しましょう。

リフォーム会社をお探しの方は、以下のお申し込みフォームからお気軽にご連絡ください。

無料でリノベーションを行ってくれる会社を探すことが可能です。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ