1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 増築・改築リフォーム
  4. 増築・改築リフォームの基礎知識
  5. 【新築と中古リフォーム】費用やメリット・デメリットなどを徹底比較

【新築と中古リフォーム】費用やメリット・デメリットなどを徹底比較

【新築と中古リフォーム】費用やメリット・デメリットなどを徹底比較

マイホームを検討する際、新築住宅にするか、中古住宅をリフォームするかという二つの選択肢があります。この記事では、新築住宅と中古住宅リフォームの違いや、メリット・デメリットなどを比較し、詳しく解説しています。

大きな買い物の一つである住宅の購入を考えたとき、どのような住宅の購入をお考えでしょうか。

新築の一戸建てを購入することもできますし、中古の一戸建て、中古マンションを購入し、リフォームすることもできます。

新築住宅の購入と中古住宅を購入しリフォームする場合の、費用やメリット、デメリットについて詳しく説明していきます。

新築住宅を注文する場合

新築一戸建住宅の購入を考えた時、「とにかく費用が高い」というイメージが強いのではないでしょうか。

新築住宅を購入する場合、確かに費用は高くなります。

しかし、新築住宅の購入には、費用が高いというデメリット以外にも、さまざまなメリット、デメリットがあります。

新築住宅のメリット

自分で自由に設計できる

新築住宅の注文するメリットは、好きな間取りを設計したり、選んだりすることができるということです。

注文住宅であれば、住宅の外見から間取りまでの全てを、自分たちの好きなように設計することができます。

家族構成や、ライフスタイルにあった住宅を実現させることが可能です。

分譲住宅の場合も、決められた間取りとはいえ、数ある中から自分たちのライフスタイルに合った、間取りの住宅を選ぶことができるのはメリットです。

最新の技術や素材で設計できる

一度設置すると、取り替えるのに多額の費用がかかってくるのがビルトイン設備です。

キッチン、浴室、トイレなどは、日常で使う頻度が高いため、気に入らないものや不便なものでは、日々の生活にストレスを与えてしまいます。

ビルトイン設備に最新の技術や、気に入ったものを導入することで、生活ストレスはかなり軽減することができます。

毎日使うからこそ、小さなことも気になってしまいます。 快適に過ごせる自宅を叶えられるのも、新築で注文住宅をするメリットです。

新築住宅のデメリット

値段が高い

新築住宅の購入は、中古住宅の購入に比べ、1000万円〜1500万円ほど購入金額に差があると言われています。

自分たちの生活に合った、理想の間取りの住宅を買うことができますが、値段は大幅に高くなってしまいます。

住宅の購入は、人生で最大とも言えるとても大きな買い物になります。

特に値段が高い新築住宅の注文を検討している場合、購入する理由や、必要性をしっかりと考え、見極める必要があるといえます。

場所の選択肢が少ない

住みたいと思う場所に、必ずしも住宅を建てられる土地があるとは限りません。

誰でも環境の整った良いところに住みたいと思うもので、立地の良い場所には、すでに住宅やマンションなどが建っている場合がほとんどです。

新築住宅を購入する際、自分で場所を選ぶ選択肢は少なくなってしまいます。

新築住宅を購入する際、多くの方が間取りに気を取られがちですが、周辺の環境や施設、交通なども、とても重要なポイントとなります。

事前にどのような場所なのか、しっかり調べ、納得できる環境を選びましょう。

中古住宅(一戸建て、マンション)をリフォームする場合

中古住宅を購入しリフォームすることを考えた場合、「新築住宅の購入より安く購入できる」という漠然としたイメージをお持ちの方は多いです。

購入費用が抑えられるだけでなく、中古住宅の購入にも、多数のメリット、デメリットがあります。

リフォーム(リノベーション)のメリット

費用を抑えられる

新築購入費用は、注文住宅、分譲住宅ともに3500万円ほどするのに対し、中古住宅の購入費用は2000万円程度です。

約1500万円の差が生まれます。

中古住宅購入後、大々的にフルリフォームをしたとしても、新築住宅の購入と比べ、費用を抑えることが可能です。

また、新築住宅購入では選択肢にあがらなかった好立地も、中古住宅であれば、安い値段で出ている場合もあります。

必要な部分だけに手を加えられる

中古住宅を購入したからといって、必ずしもフルリフォームをする必要はありません。

そのままで良い部分はそのままに、必要な部分だけリフォームすることで、さらに費用を抑えることができます。

気に入った中古住宅を購入し、部分的に手を加えることで、自分好みの住宅に変えていくことができます。

中古リフォーム限定の補助金がある

中古住宅を購入し、リフォームする場合一定の条件を満たすことで、補助金を受けられる場合があります。

例えば、「長期優良住宅化リフォーム推進事業」における補助金の活用です。

購入した中古住宅を、省エネ効果を高め、維持管理のしやすい長期優良住宅化するリフォームをする場合、そのリフォームに対し、一戸あたり最大100〜300万円の補助金を受けることができます。

また、市町村ごとに、中古住宅をリフォームするにあたって、補助金を受けられる場合もあります。 事前に市町村へリフォームに関する補助金制度の確認をする必要があります。

リフォーム(リノベーション)のデメリット

新築より高くなる場合がある

安く中古住宅を購入したにも関わらず、リフォーム費用がかさんでしまい、新築住宅購入と変わらない、またはそれ以上の金額となってしまう場合があります。

築年数の長い中古住宅は、購入費用が安い反面、修繕箇所が多数ある場合が多く、必然的にリフォームの必要性が上がってきます。

部分的なリフォームを予定していたのにも関わらず、大々的にリフォームすることになった場合、その分費用も高くなってしまいます。

リフォームにどこまでお金をかけることができるか、また、購入する中古住宅は、どの程度のリフォームが必要なのか、しっかりと見極める必要があります。

ローンの金利が高くなってしまう

リフォームをする際、多くの方はローンの利用を検討します。

リフォームローンには、担保が必要な有担保型と、担保の必要がない無担保型の2種類があります。

無担保型リフォームローンの場合、担保の必要がなく借り入れ安い反面、より金利が高くなってしまいます。

一般的な住宅ローンの金利相場は0.5%〜2.5%となっているのに対し、リフォームローン(無担保型)の金利の相場は2.5%〜4.5%とかなり高くなっています。

リフォームローンは金利についても、しっかり比較、検討して置かなければ、住宅ローンよりはるかに高い金利を支払っていくことになってしまいます。

関連記事②中古住宅リフォームのメリットと注意点

関連記事②意外とわかっていない!?マンションのリノベーション、メリットとデメリット総まとめ

関連記事③築20年以上の物件のリフォームと新築のメリットデメリット

まとめ

新築住宅の購入も、中古住宅購入後のリフォームも、どちらが良い、悪いなど、優劣のあるものではありません。

どちらも、ご自分やご家族のライフスタイルにあった理想の住宅を購入するための選択肢であり、希望する間取りや、立地など、気に入った住宅を納得する金額で購入するのが一番です。

中古住宅のリフォームを検討している方は、是非ホームプロにお気軽にお問い合わせください。

ご登録いただくだけで、お客様ひとりひとりにあったリフォームを行える会社を無料でご紹介しています。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ