1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 耐震
  4. 費用相場・価格
  5. 耐震補強設計に必要な費用について

耐震補強設計に必要な費用について

  • 最終更新日:2015-10-02

耐震補強設計に必要な費用について

耐震補強工事を実施するためには、その補強工事費用以外にも、さまざまな経費がかかってきます。今回はそんな補強工事費用以外の経費の中でも特に重要な耐震補強設計にかかる費用について見ていきたいと思います。

耐震補強設計の流れについて

耐震補強設計の流れについて

そもそも耐震補強設計とは、耐震診断を実施した結果、建物の耐震性が基準値に満たなかった場合(Is値0.6以下)に作成する改修設計案の事です。そのため、耐震診断の結果で問題無いと診断されれば、耐震補強設計を行う必要はないでしょう。また、耐震補強設計案は、通常、耐震診断の解析結果と一緒に依頼者に対して報告されます。この耐震補強設計案を基に、耐震改修工事計画を作成していきます。なお、東京都のホームページによれば、補強設計業務には、以下のような項目が含まれます。

・ 耐震補強設計図書作成

・上部構造評点等の計算書

・ 工事概算見積書

(調査先:東京都耐震ポータルサイト:https://www.taishin.metro.tokyo.jp/proceed/topic01_02.html

耐震補強設計料ってどのくらいかかるの?

耐震補強設計料ってどのくらいかかるの?

耐震補強設計に必要な、耐震補強設計料は建物の規模や特徴によっても変動するため一概には言えませんが、マンションの場合は、建物の延べ床面積を基準として一定の平米単価をかけ、そこにその建物特有の特徴や形状、複雑性を加味した係数をかけて算出するようですが、業者によって金額はまちまちです。 なお、木造住宅の補強設計費用は、東京都のホームページによれば概ね1棟あたり30万円程度だそうです。

(調査先:東京都耐震ポータルサイト:https://www.taishin.metro.tokyo.jp/proceed/topic01_02.html

耐震補強設計費の助成制度と、設計する際のポイントについて

耐震補強設計費の助成制度と、設計する際のポイントについて

耐震補強設計にかかる費用は、自治体ごとに助成金などの制度が設けられている場合があります。事前に申請を行う事で利用できるようですので、まずは耐震診断を実施する前に建物が所在する住所地を管轄する各自治体の窓口まで問い合わせてみましょう。 また、耐震補強設計を実施する際には、事前に設計を担当する建築士に自分自身の要望を伝えておきましょう。耐震診断を行った結果、耐震補強工事が必要と判断された場合にも、その設計方法は一つではありません。耐震補強にはさまざまな方法があり、ある程度所有者や居住者の意見を反映させる事が可能です。 「できる限り現状のまま、部分的な補強で対策したい」「間取りのアレンジも踏まえて、壁や柱の位置も変更したい」など、耐震補強のみならずそれにあわせて通常のリフォームを実施するのも効率的です。そのため、耐震補強設計を依頼する際には、必ず自分自身の要望を細かく伝えておきましょう。

ホームプロにも、地震や耐震に関するさまざまな記事が掲載されています。

「木造住宅と鉄筋コンクリート住宅、耐震リフォーム(耐震工事)に違いは? 」(https://www.homepro.jp/taishin/taishin-basic/844/)では、建物構造別の適切な耐震補強リフォームについて掲載されています。

「マンションの耐震リフォーム(耐震工事)が難しい理由とは」(https://www.homepro.jp/taishin/taishin-basic/841/)では、マンションを耐震リフォームする際の、耐震診断のポイントや注意すべき点について掲載されています。

「戸建住宅、ここを補強すれば安心!耐震リフォーム(耐震工事)のポイントまとめ」(https://www.homepro.jp/taishin/taishin-basic/850/)では、耐震リフォームすべき部位と、具体的にどのようにリフォームしたら良いのかについて細かく掲載されています。

「耐震診断は自分でもできる? わが家の「耐震性」をチェック!」(https://www.homepro.jp/taishin/taishin-basic/855/)では、すぐにできるセルフ診断方法について建物の部分ごとに細かく掲載されています。

「何から始めればいいの?耐震リフォーム(耐震工事)成功への道」(https://www.homepro.jp/taishin/taishin-basic/853/)では、耐震診断からリフォーム着工までの大まかな流れについてわかりやすく掲載されています。

「新耐震基準、改正のポイントや適合証明書の取得するまでの手続きについて解説」(https://www.homepro.jp/taishin/taishin-basic/839/)では、耐震基準の変遷や「耐震基準適合証明書」について掲載されています。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ