1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 耐震
  4. 耐震リフォームの基礎知識
  5. 何から始めればいいの?耐震リフォーム(耐震工事)成功への道

何から始めればいいの?耐震リフォーム(耐震工事)成功への道

何から始めればいいの?耐震リフォーム(耐震工事)成功への道

東日本大震災以降、徐々に増加傾向にある耐震リフォーム。既存住宅の構造部を改修することになるため、大規模改築と同時に行われることが多いようです。実際には、耐震診断から着工までどのようなプロセスを経ていくものなのでしょうか?

まずは「耐震診断」。専門家が入念に耐震性をチェック

耐震リフォームを行うにあたっては、まず「耐震診断」を受ける必要があります。
建物の耐震性を把握する目的で実施されるもので、建築診断士や耐震プランナー、耐震評価士といった肩書きを持つ専門家が建物を入念にチェックします。
その診断は、大きく分けて以下の2種類。

一般診断 精密診断
建物を壊すことなく現況を調査します。具体的には壁の位置確認、床下や天井裏を覗いて建物の骨格を観察するといった方法が取られます。 建物の一部を壊して現況を調査します。耐震性にまつわる建物の詳細な情報が得られます。

一般診断で耐震性を左右するような危険な部位が見つかれば、すぐに補強計画を立てる場合もあります。また、一般診断を行ったうえで、精密診断を実施するという手順を踏むことも。方法は様々ですが、どちらも建物の現況を正しく把握することを目的に実施される診断となります。

耐震診断には、一般診断(図面診断/目視診断/非破壊診断)と精密診断(一部破壊診断)があり、費用は構造や地域によって異なります。無料で行っている業者もありますが、一般的には20万円前後かかります。また、自治体によっては耐震診断の助成金・補助金も支給されていますので、調べてみることをおすすめします。

着工までの4つのステップを確認

耐震診断を経て建物の耐震性が劣ると判断された場合は、補強計画を立てたのち耐震リフォーム工事が実施されます。なお、着工に至るまでには次の4段階のステップが考えられます。

1. 補強計画
耐震診断をもとにして、どういった補強工事が必要か具体的な内容を決定します。
次のフェーズ
2. 見積り
補強計画をもとに工事費の見積りを取ります。耐震診断書があれば、複数の業者から見積りをとって比較することもできます。
次のフェーズ
3. 工事契約
業者と工事契約書を交わします。工事を行う業者とは別に、設計者がいる場合は「工事監理契約」を結びます。
次のフェーズ
4. 耐震補強リフォーム着工
契約を交わしたあとは、工事開始です。工事期間は規模によって変わりますが、壁補強1箇所あたり1日の施工が目安。戸建て住宅の場合は、1週間から2週間程で完了するケースが多いようです。

耐震リフォームの依頼先はどう選べばいい?

ちなみに、工事業者の選び方については、次の2パターンが考えられます。

1. 診断からリフォーム工事までの全行程をひとつの業者に任せる
耐震診断(工務店A)→補強計画(工務店A)→耐震補強リフォーム工事(工務店A)
2. 診断・計画・工事を別々の業者に依頼する
耐震診断(設計事務所A)→補強計画(設計事務所B)→耐震補強リフォーム工事(工務店)

ひとつの業者に任せる場合は依頼の手続きも簡単です。一方、複数の業者に依頼する場合、後者であれば各工程を別々の業者がチェックしながら進めるため、ミスや手抜き工事を防ぐことにつながります。それぞれのメリット・デメリットをふまえ、よくよく検討してみるといいでしょう。

もし「知らない業者に見積りを依頼するのは怖い」ということでしたら、ぜひホームプロをご利用ください。匿名のまま何度でもやりとりでき、会社や担当者の雰囲気をつかんだ上で見積りを依頼することができるので安心です。

ホームプロには耐震リフォーム、耐震補強工事について豊富な実績をもつリフォーム会社も多数加盟しています。まずはそうしたリフォーム会社に予算の範囲でできる工事について相談してみるのがおすすめです。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ