1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 耐震
  4. コラム・ニュース
  5. わが家は大丈夫?「地震に弱い家」を見分けるポイント

わが家は大丈夫?「地震に弱い家」を見分けるポイント

  • 最終更新日:2015-04-24

わが家は大丈夫?「地震に弱い家」を見分けるポイント

地震大国といわれる日本。南海トラフ地震の発生も不安視されている昨今、住まいにおける「耐震性の高さ」は多くの人にとって最大の関心事といえます。そこで、家の耐震補強を検討するうえでも押さえておきたい、「地震に弱い」とされる家の特徴をまとめました。

耐震の最重要ポイントは「壁の造り」

地震の揺れの影響をダイレクトに受けるのが、「壁」です。屋根と床をつなぐようにして垂直状態を保っている壁が弱いと、揺れに抵抗しきれずにヒビがはいってしまい、最悪の場合は倒壊につながってしまう可能性も。では、危険度が高い壁とはどんなものなのか? 具体例を見てみましょう。

壁の強度不足が考えられるケース

2階を増築
平屋だった建物を2階建てに変えているため、1階の壁が2階の重さに耐えられなくなっている可能性があります。
2階を増築
2階の壁の直下に1階の壁がない
2階の重みを1階の壁が十分に支え切れていません。
2階の壁の直下に1階の壁がない
1階より2階が飛び出している家
2階の重さを1階の壁が支えられず、バランスを崩す可能性も。
1階より2階が飛び出している家
窓の面積が大きい
外壁面の4分の3以上が開口部で占められている場合、地震の力に抵抗する強度が足りないと考えられています。
窓の面積が大きい家
1階に大きな開口部がある
1階を車庫や倉庫にするといった目的で、開口部を大きく取っている場合は倒壊のリスクが高まります。
1階に大きな開口部がある家
旧工法の木造住宅
横揺れに対して耐震性を高める筋交い(すじかい)がない「在来工法」の住宅は、「壁組(ツーバイフォー)工法」に比べて横揺れに弱いといわれます。
昭和56年(1981年)以前の建物
新耐震基準施行以前の建物は古い耐震基準で造られているため、壁の強度が不足している場合があります。

わが家の「弱点」を知り、適切な補強を

一方、柱や梁などの「接合部」に関しても、しっかり固定されていないと地震の力によってズレが生じ、倒壊の可能性が高くなってしてしまいます。
また、「屋根」や「床」も大事なポイント。たとえば、間取りに合うように各部屋に屋根が付いているような家は、地震の揺れに対して各部屋がバラバラな動きをしてしまうため損傷を受けやすくなります。大きな吹抜けのある間取りの家も、床面積が乏しいため水平方向の揺れに弱いとされています。

耐震性を考えるうえでは建物全体のバランスが重要になります。「ここだけ強ければいい」分けて考えることはできないため、壁、床、接合部などそれぞれの弱点をしっかり補強する必要があるでしょう。

ある程度はチェック項目に従って自分で簡易耐震チェックもできますが、自治体によっては耐震診断の助成金・補助金も支給されているので、専門家の適切なアドバイスを受けてみることをおすすめします。

ホームプロには耐震リフォーム、耐震補強工事について豊富な実績をもつリフォーム会社も多数加盟しています。まずはそうしたリフォーム会社に予算の範囲でできる工事について相談してみるのがおすすめです。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ