1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 中古住宅のリノベーション
  4. 費用相場・価格
  5. リノベーションの見積もりを取る際のポイントや見積書の確認項目などを紹介!

リノベーションの見積もりを取る際のポイントや見積書の確認項目などを紹介!

  • 最終更新日:2021-06-25

リノベーションの見積もりを取る際のポイントや見積書の確認項目などを紹介!

自分好みの理想の住まいづくりを目指せるリノベーション。「ライフスタイルに合った間取りにしたい!」「好きなデザインを取り入れた家が欲しい!」といった願いを叶えられるのが、リノベーションの魅力です。

リノベーションをすると決めたら見積もりを取る必要がありますが、実は、見積もりの取り方にはポイントがあります。そのポイントを踏まえながら進めることで、リノベーション成功の可能性が高まるのです。

今回は、リノベーションの見積もりを取る際のポイントを解説します。見積もりの流れや見積書のチェックすべき項目などについても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.リノベーションの見積もりの流れを解説!

見積もり

ここでは、リノベーションの見積もりを取る際の流れを紹介します。

1-1.どんなリノベーションにしたいか整理しておく

まず、どんなリノベーションにしたいのかを考え、整理しておく必要があります。「部屋の壁紙が汚れているので貼り替えたい」「リビングを見渡せる対面キッチンにしたい」といった、今の住まいへの不満やリノベーションでやりたいことを書き出し、優先順位をつけておくのがポイントです。

どんなプランにすべきかなかなか決められない場合は、リフォーム会社に相談してみるのもおすすめ。リフォーム会社はあなたの希望を踏まえた上で、今住んでいる家や購入した中古物件で実現できる、素敵なアイデアを提供してくれるでしょう。興味のあるリノベーションについての情報や、費用相場についても教えてもらえます。

1-2.リフォーム会社を探す

リノベーションを成功させるには、信頼できるリフォーム会社を探さなければなりません。近所のモデルルームをのぞいてみたり、インターネットを使って良さそうな会社を探しましょう。気になるリフォーム会社が見つかったら、クチコミや評判もしっかりと調べチェックします。

また、過去に手掛けた事例が自分好みのテイストかどうかや、費用なども確認してくださいね。得意分野や保有資格もあわせてチェックし、自分たちが依頼する予定の工事が得意な会社を候補にすると良いですよ。

1-3.見積もりを依頼する

良さそうなリフォーム会社が見つかったら、見積もりを取りましょう。新たな物件を購入予定の方や既に物件を購入している方は、間取り図も用意しておいてくださいね。

1-4.現地調査について確認

見積もりを取る際、現地調査についても確認してください。現地調査をしないで物件の写真と図面だけで見積もりを取っても、あくまで概算の見積もりしか出せません。また、工事を依頼するリフォーム会社と打ち合わせを進めていくと、最終的に決まった見積もり金額が、概算での見積もり金額よりも大幅に高くなってしまう可能性もあります。

取り付ける設備のグレードを下げるなどして調整はできますが、現地調査を実施してもらい正確な見積もりをもらうようにしましょう。

2.リノベーションの見積もりを取る際、押さえておくべき5つのポイント

部屋

リノベーションの見積もりを取る際に、押さえておくべきポイントは以下のとおりです。

  • ・どんなリノベーションをしたいか具体的に伝える
  • ・相見積もりを取る
  • ・2~3社に絞って見積もりを取る
  • ・見積書を他のリフォーム会社に見せない
  • ・同じ条件で相見積もりする

では、それぞれについて以下で詳しく解説します。

2-1.どんなリノベーションをしたいか具体的に伝える

見積もりを取る際は、どのようなリノベーションがしたいのかを、できるだけ具体的にリフォーム会社に伝えるようにしてください。特に、キッチンやお風呂といった水まわりのリノベーションは、移動にともなう配管工事の有無や、選ぶ設備のグレードなどで費用が大きく変わります。そのため、あとから大幅なプラン変更が生じた場合、当初の見積もり金額からかい離してしまう可能性が高いです。

希望するリノベーションの内容は可能なかぎり見積時にリフォーム会社に伝えるようにしましょう。

2-2.相見積もりを取る

相見積もりとは1社だけから見積もりを取るのではなく、複数社から見積もりを取ること。複数社からの見積書を比較・検討するのが、良いリフォーム会社を見つけるポイントです。

相見積もりをすることで、自分たちが希望する施工のおおよその費用相場を把握できますよ。費用のほか、施工内容やリフォーム会社の対応力などを比較できるのも、相見積もりのメリットです。

2-3. 2~3社に絞って見積もりを取る

前述したとおり、リノベーションをする際は複数のリフォーム会社から見積もりを取るのがおすすめです。しかし、そのためには各社との打ち合わせが必要なので、あまりにも多くのリフォーム会社から見積もりを取ると、多大な時間と労力を費やすことになります。

また、どの会社がどういった特徴で、どのような対応だったかが分からなくなってしまうことも。多くても3社ぐらいに絞って見積もりを取るのが良いでしょう。

2-4.見積書を他のリフォーム会社に見せない

見積もりを取る際に、相見積もりであることをリフォーム会社に伝えておくのもポイントです。各社の競争意識がはたらいて、より良いプランを提案してもらえる可能性が高まりますよ。

ただし、リフォーム会社からもらった見積書をそのまま別のリフォーム会社に見せるのは厳禁です。なぜなら、各社のプランのオリジナリティが損なわれる恐れがあるからです。

また、もし見積書を見せたなら、リフォーム会社は自分たちの見積書も他社に提示されていると思うでしょう。その結果、リノベーションを成功させるためのアドバイスをもらえなかったり、価格交渉すらできなくなる可能性もあるので、気をつけてくださいね。

2-5.同じ条件で相見積もりする

見積もりの条件を変えると比較できなくなるので、同じ条件で見積もりを取るようにしてください。設備の種類や予算なども変えないようにし、条件を揃えて見積もりを取ることで、それぞれのリフォーム会社の違いを確認できますよ。

3.リノベーションの見積書が届いたら確認するべき4つのこと

部屋

リフォーム会社から見積書が届いたら、以下でお伝えする4つのポイントを確認しましょう。

3-1.費用だけでなくプランも確認する

見積書に記載されている費用だけで判断せず、施工内容もチェックしてリノベーションを依頼するリフォーム会社を決めてください。

明らかに相場を超える高額な費用を提示するリフォーム会社は避けるべきです。また、会社によって同じ見積もりを頼んだつもりでも各社施工時のデザインや設計プランなど微妙に異なるので、費用だけでリフォーム会社の良し悪しを判断しないようにしましょう。提案されたプランも細かくチェックすることが重要ですよ。

予算内の費用で、なるべく自分たちの希望に沿ったプランを提案してくれるリフォーム会社を選んでくださいね。

3-2.価格が安すぎないか確認する

前述したとおり、相場より高すぎるのは問題ですが、安すぎるのも要注意。なぜなら、経験が浅い未熟な職人を宛てがわれたり、工事内容に何らかの問題があったりするケースがあるからです。見積書の価格があまりにも安い場合、その理由をリフォーム会社に確認してみましょう。

なお、価格交渉をした結果、大幅な値引きをするリフォーム会社にも気をつけてください。見積書に記載されている金額が適正価格なら、大幅な値引きはできないはずです。

3-3.有効期限を確認する

見積書の有効期限をチェックするのも大事なポイントです。有効期限を過ぎてからリノベーションの依頼をすると、材料費の変動などにより価格が変わってしまうことがあります。

一般的に、リノベーションの見積書の有効期限は約1ヶ月~半年程度です。キャンペーンが適用されている場合は、割引料金が適用される期間もチェックしておきましょう。

3-4.一式の内訳を確認する

見積書に内訳の詳細がなく、ただ「一式」と記載されている場合があります。実は、詳細な内訳を表記できるにもかかわらず、あえて一式と記載するリフォーム会社が存在するのです。

内訳の詳細がないために、工事開始後に施工にかかる料金を追加で請求されたり、施工範囲が不明瞭なためトラブルにつながったりすることも。見積書に一式と表記されている場合は、内訳の詳細を必ず確認してください。

ただし、追加料金を請求するリフォーム会社が、すべて悪徳というわけではありません。工事開始後に現地調査ではわからなかった劣化箇所が見つかり、追加の費用が発生するケースもあります。追加料金が発生した際は、その理由に納得できるかどうかが大事です。納得できない場合には、きちんとした説明を求めましょう。また、予算には1~2割程度のバッファをもたせておくと安心です。

4.リノベーションの費用相場を紹介!

見積もり

見積もりで提示された価格が適正価格かを判断するために、費用相場を把握しておく必要があります。リノベーションに必要な費用の相場を以下にまとめましたので、参考にしてくださいね。

・一戸建てのリノベーションにかかる費用相場
└目安価格帯:~1,000万円
└中心価格帯:約750~1,000万円

・マンションのリノベーションにかかる費用相場
└目安価格帯:約250~750万円
└中心価格帯:約500~750万円

5.見積もりを比べて良い会社を選び、リノベーションを成功させよう!

この記事では、リノベーションの見積もりを取る際のポイントや、見積書の確認項目などについて詳しく解説しました。まずは2~3社のリフォーム会社から見積もりを取り、比較検討してみてくださいね。

しかし、良さそうなリフォーム会社を3社も見つけ出すのは、なかなか大変な作業です。数あるリフォーム会社のなかで、どの会社が信頼できるのかを見極めるのも難しいですよね。

リフォーム会社探しに悩んでいる方は、リフォーム会社を紹介してくれるホームプロを利用してみてはいかがでしょうか。ホームプロには、厳しい基準をクリアした優良なリフォーム会社のみが加盟しており、無料で複数の会社を紹介してもらえます。

また、加盟しているリフォーム会社のクチコミ・評判・過去の施工事例なども確認できますよ。ぜひお気軽にご相談ください。

▼お問い合わせ(お見積もりは)コチラ

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

90万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ