1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 築20年以上のリフォーム
  4. コラム・ニュース
  5. 昭和の家(築20年以上)をリフォームしたい

昭和の家(築20年以上)をリフォームしたい

  • 最終更新日:2015-10-02

昭和の家(築20年以上)をリフォームしたい

昭和の家をリフォームする際には、間取りを変えて使いやすくすることが主になるようです。自分たちの希望を叶えてくれるようなリフォームをしたいですね。

昭和の間取りの特徴とは?リフォームするとどうなるの?

昭和の間取りの特徴とは?リフォームするとどうなるの?

昭和に建てられた家の場合、1階にはキッチンや茶の間、和室などがそれぞれ細かく仕切られていることが多いです。
リフォームをする場合、間仕切りを取り払うことで広々としたLDKにすることができます。また、和室を洋室にして書斎や子供部屋などにすることもできます。間仕切りをなくして広くした部分は、柱や梁で構造から補強することで、これから長く暮らしていくにも安心です。

平屋の間取りって、どんな特徴があるの?リフォームするとどうなるの?

<h2>平屋の間取りって、どんな特徴があるの?リフォームするとどうなるの?

平屋をリフォームする際、注意が必要となるポイントがあります。それは、家の外からの視線です。
2階建ての場合、2階に子ども部屋や寝室を設けるケースが多いですが、平屋の場合外から視線が入ってくることが多くなるといえます。
エクステリアもリフォームの一環として考え、壁や木で視線を遮ったり、寝室の窓は曇りガラスや窓の高さを変えるなど、対策を行うと良いでしょう。
上手にエクステリアを導入したいですね。

懐かしい昭和の家のインテリア

懐かしい昭和の家のインテリア

昭和のインテリアで思い浮かぶものの1つとして、ブラウン管テレビがあげられます。現代では、レトロなおしゃれアイテムとして置いておく方もいるようです。
昭和の雰囲気がする内装建具としては、畳や襖・障子などがあります。現代でも取り入れられていますが、昭和の物と比べるとテイストが異なるようです。
内装として特徴的なのは、真壁造りになっていることです。真壁造りでは、構造材の柱や梁が見えるように壁が設けられています。
対する大壁造りは、現在主流となっていて、構造材の柱や梁を壁で覆ってしまって見えないようになっています。
真壁造りのお宅の場合は、その柱や梁もインテリアとして活かしたリフォームができそうです。
どんなリフォームをするか、業者の方とよく相談をして決めていきましょう。

ホームプロでは、築20年以上の住宅リフォームを行う際のニュースやコラムをご紹介している他、具体的なリフォーム事例なども多数ご紹介しています。
ぜひ、ご覧ください。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ