1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. キッチンのリフォーム
  4. キッチンのシンク リフォーム
  5. キッチンリフォームでシンクやワークトップを交換するときのポイント

キッチンリフォームでシンクやワークトップを交換するときのポイント

  • 最終更新日:2019-12-13

キッチンリフォームでシンクやワークトップを交換するときのポイント

キッチンのワークトップの交換や寿命について説明していきます。リフォームする際の方法やDIYで行う際に注意するポイント・蛇口の交換時期など、経年的な劣化への対処法を詳しくご案内していきますので、ぜひご覧ください。

キッチンは準備から片付けまで、一日の中で多くの時間を使う場所ですよね。

長い時間を費やすからこそ、使い勝手の良さや、気分の上がるデザイン性などこだわりたいものです。

特に利用することが多いシンクやワークトップを、交換するときに気をつけるポイントを解説します。

キッチンのワークトップを交換するならステンレスか人工大理石に

pixta_14656540_M

ワークトップは野菜を切ったり、盛りつけをしたり調理で一番使う場所です。

ワークトップの快適さが料理のモチベーションにもつながるため、交換するときにはしっかりと検討することをオススメします。

ワークトップ(天板)の交換時に注意するポイント

ワークトップを選ぶときには、まずは、耐熱性、耐久性、耐水性等の機能を重視し、次にデザイン性を考慮してください。

木質系やタイルなどはデザイン性や色合いも人気はありますが、機能面で劣ります。

つまり、ステンレスが不動の人気を誇っているのは、水にも熱にも強く、汚れもつきづらい機能性で優れているためです。

また、人工大理石も同様に性能が高いうえに、ステンレスは好まないという人に向いています。

POINT

◎ワークトップはデザインではなく、耐熱性、耐久性、耐水性で選ぶ。

◎機能面で一番優秀なのは、水にも熱にも強く、汚れもつきづらい機能性で優れているステンレスである。

公団キッチンのシンクをリフォームするための方法

Fotolia_80839314_Subscription_Monthly_M

キッチンリフォームでは、ワークトップとシンクだけを取り外して交換することができます。

古くなった公団キッチンは、シンクに傷がつき、色も悪くなり、衛生面でもよくありません。

ワークトップとシンクを交換して、見た目を明るく、衛生的にも気分が良い環境を作りましょう。

シンクを交換する際には、まず、シンクの幅と蛇口の位置、排水口の位置を少なくとも確認しておきましょう。

左右真ん中、どの位置に蛇口と排水口を置くかで、使い勝手も変わってきます。

自分が調理する動きを想像して、位置を決めてみてください。

シンクの素材は多くの家庭にステンレスが普及していますが、リフォームを機に人工大理石に変更することも可能です。

人工大理石は傷や汚れた箇所を研磨してきれいにすることができるので、美しく清潔にキープすることができ人気があります。

DIYは可能?

DIYで行いたいと考える人は多いですが、用意するものが多いため、あまりオススメできません。

ワークトップをキッチンに設置するのに、コーキング剤やブレードフレキなどを準備する必要があります。

ホームセンターで簡単に購入することはできますが、リフォームの作業が終わった際に他で使用できるものではないため、リフォーム会社に依頼して行うリフォームと比較すると、DIYで行うメリットが大きいわけでないでしょう。

POINT

◎キッチンリフォームでは、ワークトップとシンクだけを取り外して交換することが可能。

◎シンクを交換する際に、シンクの幅と蛇口の位置、排水口の位置

◎DIYは準備するものが多く費用がかさむため、あまり適していない。

関連記事

10年に一度、シンク蛇口交換方法のポイントを紹介

Fotolia_76863900_Subscription_Monthly_M

蛇口の寿命は約10年と言われています。

老朽化が進み、水漏れが起きてきたら修理にするか交換にするか迷う方が多いはずです。

ただ、「修理」にすると、劣化していないパーツも含めて費用がかかってしまうので、費用対効果が高い「交換」がオススメです。

部品交換修理の場合は、材料費、工事費を合わせると新品に替えることとあまり変わらなくなってきます。

蛇口の交換は難しい作業ではないので、DIYで行うこともできます。

ただ、手間や時間がかかり、さらに工具購入の必要もあるため、プロに依頼して全てを任せるのがオススメです。

自分でコストパフォーマンスを考慮してみてみましょう。

蛇口をシングルレバーにして細かい推量を調整できるものやサーモスタットで温度調節ができるものは、エコ効果が高く、環境に配慮しつつ、水道代を抑えることもでき人気があります。

POINT

◎蛇口の寿命は10年程度。

◎蛇口のみにトラブルが発生している場合は、蛇口の中身の原因パーツの交換がオススメ。

◎キッチンの今後の使い方を考えて、寿命を考慮するのではなく、欲しい最新機能で蛇口を選ぶ場合もある。

関連記事

また、築20年のキッチンリフォームの事例は、「独立したI型キッチンからオープンな対面キッチンにリフォーム」でご覧いただけます。

キッチンの交換なら

蛇口の寿命が10年前後であるように、ワークトップをはじめ、キッチンも10年程度で交換やリフォームが必要です。

また、最近では、ビルトイン食洗機がお手軽に買えるようになりました。

こういった時代の変化も踏まえてリフォームを検討する必要があります。

リフォームの検討時に便利なのが、ホームプロです。

ホームプロは、80万人以上のユーザーを持つ日本初の“リフォーム会社紹介サイト”です。

リフォーム・メンテナンスの条件や要望を登録するだけで、ぴったりのリフォーム会社を無料で複数紹介しています。

紹介された企業とは匿名でやり取りすることができるため、強引な営業を受ける心配なく納得の一社を探すことが可能です。

過去にリフォームした施主のクチコミも閲覧できるため、非常に安心してお使いただけるかと思います。

まずはお気軽にご登録ください。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ